オレンジリングを知っていますか?

公開日: : お知らせ, コラム

 「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」となり、その目印となるのがオレンジリングです。オレンジリング

 

 

 

 

 

講座を受けたからと行って何かをしなければならないことはなく、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族をあたたかく見守る応援者となるのです。もし、街で困っている人を見かけた時等オレンジリングを身に着け、自分ができる範囲で声がけなどの活動をすればいいのです。

認知症サポーターには、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの従業員、小・中・高等学校の生徒など様々な方がいて、平成27年3月末現在で認知症サポーター数は6,108,573人になっているそうです。

 

認知症サポーターに期待されることは下記の通りです。(厚生労働省HPより)

1.認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。

2.認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。

3.近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。

4.地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。

5.まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

 

 2025年には認知症の患者数が700万人を超え、5人に1人は認知症に罹患する計算だといわれています。

本やネット等様々な形で情報を知ることができますが、人によって認知症と一口に言ってもその日により症状違ったり、受け答えだけではわかりにくい等の様々な症状があります。

 そこで、自治体等が主催する「認知症サポーター講座」があったら、ぜひ参加することをお勧めする。数時間の講座で認知症に対しての知識や地域での取り組み等を知ることができるからです。

 介護は様々な社会的状況から孤立しがちです。できるときに様々な情報を得ること,地域を知っておくことはとても大切なことです。

関連記事

150

Ewel様情報交換会に参加いたしました。

○前半のミニセミナーにて<仕事と介護を続けていくための地域サービス活用術>をご紹介いたしました。

記事を読む

db70c9fa90adae2ab64c4cb61a653f31_s

○介護者:40歳代女性  要介護者:70歳代父 【相談内容】 健康診断で腫瘍が見つかり検査

記事を読む

60fc72fb2dedbddb460fdd233c91a252_s

介護とロボット~時代の流れに思うこと~

 そんな大げさなものではないが、たくさんのことが日々進化し、ついこの間までは未知の、夢のような話

記事を読む

1265304868531b1678edb590a3a91924_s

介護、その後~いつか来るその日のために~②

② 遺影撮影<一番の笑顔を> そういえば最近、きちんと写真を撮ったことがない。 昔よりデジタ

記事を読む

88514e1134932cbc42e4257325d8c0f2_m

ケアする人にもケアを!  

  このたびの台風の影響で被害にあわれた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。 &

記事を読む

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s

敬老の日に

 内閣府のホームページによると、敬老の日とは【9月の第3月曜日、多年にわたり社会につくしてきた老

記事を読む

ab9c53139fa19a6d85f244d2d9fb2243_m

幕の引き方

旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

記事を読む

cf982e9f71239bb9bf8151937b2224bf_m

ケアされ上手はお得です!

 介護する側、される側。どちらも同じ人間です。大事なのはどんな状況であれ、思いやりやコミュニケーショ

記事を読む

d69901f98c7e0ca4e5be98bd05c561bb_s

覚悟の仕方?

 親に介護が必要となったとき、あなたはどうしますか? 自分も親もまだそんな年齢ではないし、まだ

記事を読む

a524982545f122af24152a54ff6e4fc8_m

秋祭りに思うこと

 秋の気配を感じ始めたこの頃、お彼岸に向けてお祭りの準備をしている商店街や神社を見かけ、初めて訪

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑