『2025年問題』

公開日: : お知らせ, コラム

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。

 10年後の2025年にはその世代が75歳になります。

4人に1人が後期高齢者となる超高齢社会で様々な問題が表面化してくるといわれています。

 特に団塊の世代が給付を受ける側に回るようになることから、医療、介護、福祉サービスへの需要が一気に増加し、社会保障財政のひっ迫も指摘されています。

 

自分の親のことを考えると、今、年齢が65歳を過ぎているのであれば、10年後の2025年問題も他人ごとではありません。

また、今より高齢者が増えるのですから、親の介護をしながら働いている人も増えるという事になります。 今は現実味がなくても、10年後には現実として自分にも起こりうる可能性があるのです。

75歳を過ぎると体調に不具合が出始め、病気になるリスクも、介護が必要になるリスクも上昇するといわれ、働く介護者にとっても負担が多くなります。

 

人材不足といわれている介護業界。介護の担い手として需要は増えていますが、担い手はいつも不足している状況です。介護施設が増えても担い手がいなければ施設の運営は難しく、思っている施設やサービスが使えない可能性もあります。

 施設への入居の待機人数が増え、必要があっても入れない状況がますます悪化すると考えられます。

 

 様々な問題をはらむ2025年問題。088fecbdbbba950e3a3d73fa58bd1ff8_m

働くものとして、社会保障などの負担が増える可能性があること、そして自分の親に介護が必要となった時、どのようにしていくべきか、お金・仕事・介護等様々なことへ、目を向けておくことも必要だと思います。

関連記事

206c5dc014397365a0355c1712184310_s

まさか?車いすに乗れない!!

 父は車いすに乗れなかった。   もちろん車いすにライセンスは必要ない。なんというかセンスがな

記事を読む

36d65903cc63c84d2490ab4e0e2f93ba_m

10年後の介護…。

 有識者らでつくる民間研究機関「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)は4日、今後10年で東京

記事を読む

74e58e9bf26741bbc4cab7dab51096f7_s

体育の日

 体育の日に毎年恒例で文部科学省により体力測定の結果が発表される。 それによると6歳から19歳

記事を読む

c632770bf3606d0b52dd490b8af3a618_m

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

d69901f98c7e0ca4e5be98bd05c561bb_s

覚悟の仕方?

 親に介護が必要となったとき、あなたはどうしますか? 自分も親もまだそんな年齢ではないし、まだ

記事を読む

20150819

介護の先を考える

死後のこと、考えたことがありますか? 散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきて

記事を読む

8d878766d02599e38882637b55208e72_m

‘サ高住’

ネットの検索エンジンに‘サ高住’と入れるとちゃんと検索できるんです! 何のことかわかりますか?

記事を読む

0df63a001ebaf487e835735eaadc7e99_m

POLE・STAR株式会社は2周年をむかえました。 これからもキャリアとケアの両立サポートを精

記事を読む

介護のほんね20150825

介護のほんねニュースに 父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした

記事を読む

a295414e615be13a47bc7ff9b6712589_s

終活ミーティングのススメ

 旧盆のこの時期、帰省したり、家族が集まる機会があるのではないでしょうか。 そんな時、せっかく集まっ

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑