どうする?8月からの介護保険

公開日: : お知らせ, コラム

 2015年8月から一定以上の所得のある高齢者が介護保険サービス負担額を利用した時の自己負担割合が1割から2割に引き上げられます。

 これは現役時代の平均手取り年収が860万円~900万円程度、または40歳時点の年収が1000万円以上の場合が対象となる計算になるそうです。

 合計所得が160万円以上もしくは年金収入のみであれば280万円以上、夫と専業主婦の妻のモデル世帯では年収359万円以上に相当する方が対象となります。上限も設けられていますが、月々の負担が増える可能性もあります。

【参考】厚生労働省HP:http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/postercolour.pdf

 

 bb88f32e47960401bc523ad883726785_s気をつけたいのが家など大きな財産を生前に処分した時など。前年の収入金額が上がることになるため、税金の他に、次の年度の保険料や介護保険料等の負担が増える可能性があります。保険料や介護保険についてはその割合も高くなり、月々のことですから、通院が多い、介護保険の介護度が高くなればその負担の割合も増えることになります。

 

 また、在宅での介護をしていている場合、介護保険の負担が2割になると、特に考えたいのが福祉用具です。今までは1割の負担で使用していたものが2割になると相当の負担になります。必要かどうか、また購入したほうがいいか、購入した時の処分や対応はどうなのか等、ケアマネージャー等と一緒に検討することも必要になるかもしれません。

 

 将来的に特別養護老人ホームに入居を考えている方は、預貯金等の金額が一定以上を超える場合の食費・部屋代の負担軽減基準等の変更により、負担額が変わる可能性もあります。

 

 年収の面で大丈夫であっても、単発で起こることについては考えが及ばないことも。様々なタイミングもあると思いますが、翌年のことも含めて考えていくことが大切だと思います。月々の支払金額等、負担についてどの程度になるのかを、検討する必要がありそうです。

 

 

関連記事

8d878766d02599e38882637b55208e72_m

‘サ高住’

ネットの検索エンジンに‘サ高住’と入れるとちゃんと検索できるんです! 何のことかわかりますか?

記事を読む

介護のほんね20150811

介護のほんねに寄稿しました!

ウェブマガジン【doppo】に書かせていただいていたアラフォー女性への親の介護についての記事を書

記事を読む

177709

救急救命法講座を受講しました!

 救急救命法の講座を受けたことがありますか? 運転免許証の講習の時に受講したことがある、仕事柄

記事を読む

dd6fc982494c9d6227ad8b83d83f488a_s

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

4906906413622b2fb115eadde6bc5e51_s

介護者の病気

 介護する側が病気になると大変である。 ただでさえ介護があるのに病気の自分の面倒も見なけれ

記事を読む

お金

お金がない!!

古今東西、新旧と話題に事欠かないテーマであり、なくてもあっても大問題を引き起こす。 日常で

記事を読む

チラシ

8月21日(木)開催・仕事と介護の「両立」 介護情報交換会に講師として参加します!

  講師として参加することになりました! 一般の方の参加も可能です。 ご興味があ

記事を読む

574717720f1954517f6614896d2becb3_m

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

088fecbdbbba950e3a3d73fa58bd1ff8_m

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

74e58e9bf26741bbc4cab7dab51096f7_s

体育の日

 体育の日に毎年恒例で文部科学省により体力測定の結果が発表される。 それによると6歳から19歳

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑