2015年の夏に思うこと

公開日: : お知らせ, コラム

 小学校中学年の頃、自分の住んでいる地域の歴史について、誰かにインタビューをするようにという宿題が出た。母方の父母が隣家に暮らしていたので、祖父に話を聞きに行ったのだが、話をしたのは祖母。それも延々数時間。もとは紙1枚にまとめればよかったものが、私だけ数枚に及んだ覚えがある。

そんなに難しい話ではなかったと思うのだが、昭和一桁台に九州から東京に出てきて、それからずっと、その地に住んでいた祖母にとって時代の変化と共に移りゆく様の激しさはすさまじかったのだと思う。子供だから難しくてわからないと思ったのか、語りたくなかったのかは今となってはわからないが、話の大半が、東京に出てきたころの祖母の若い頃の話か、東京オリンピック前後の街の変化についてが、ほとんど。大人になってからも話題は変わらず、思い出したようにいつも同じ話していた。b983c7bebb04272c1a160bf596e9e782_m

人それぞれ、思い出の時や語りたいこと、語れる時があるのだと思うが、祖母にとっては、若かりし頃と東京オリンピックの頃が孫に語れることだったのだろう。

 

当たり前のことだが誰にでも生きてきた時代と共に歴史がある。きっと時には物語よりもロマンチックで、時には語りたくないような悲劇もあっただろう。

突然、年老いて今そこに存在しているわけではないのだ。今を生きていると、今だけがすべてのように思ってしまう事もあるけれど。私たちと同じではない時代も生きてきているのだ。

 

仕事でかかわった多くの高齢者の方から、恩師の言葉から、祖父母の話の中から、それぞれが過ごしてきた思いを話していたのに、ゆっくり聞けなかったり、深く聞かなかったり、何時ものことと済ませてしまったこともあったと思う。

あの時にもう少しゆっくり話を聞いていれば、深く知ることができたのに、聞いておかなければならないことがあったかもしれないのにと、後悔していることもある。

 

まだ身近な方に聞くチャンスがあるのなら、ぜひ、聞いておいてほしい。その人も伝えたいこと、今だからこそ語れるようになったこともあると思う。そしてその機会は多くはない。病気になって記憶が薄れてしまう事も、言葉を上手く伝えられないこともあるのだから。

 

戦後70年の今年、戦争を体験された方々が少なくなってきている。語れなかったことを語るべき時が来たと話している様子をニュースで見て、私が関わった方たちも同じ時代を生きてきたのだと、語りたかった思いがあったのかもしれないと、改めて思った。

関連記事

b70ebd304abc0479312e244c0b329452_m

ちょっと待って!その改修工事

 親が高齢になってきて、玄関やお風呂場等に手すりを付けた方がいいかな?とか、和式のトイレが大変そ

記事を読む

88514e1134932cbc42e4257325d8c0f2_m

ケアする人にもケアを!  

  このたびの台風の影響で被害にあわれた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。 &

記事を読む

ノート

介護保険はどんな制度なのか? 

【介護保険の仕組み】 介護保険とは、社会全体で「介護」を支えていくために平成12年4月に「介護保険制

記事を読む

e57113e019c460e65eea5f10211fb3a7_m

年を重ねると? 

 半分本気で半分は?で思うことは、“年を重ねることは侮れない”である。生きてきた年月が違うし生きてき

記事を読む

EH158_L

ホームページ開設いたしました。

昨年の6月10日、POLE・STAR株式会社を立ち上げ、 1年後の今年6月10日ホームページを開

記事を読む

no image

家族との距離感

  家族だから仲がよくて当然。家族だから助け合って当然と思っている方も多いのではないでしょうか?

記事を読む

0fab4ea1d55d7e2dfa7dfb3571125cb4_m

え?覚えないの???

 地域活動の特別養護老人ホームボランティアをされている素敵な人生の先輩方にお会いしました。 た

記事を読む

c632770bf3606d0b52dd490b8af3a618_m

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

分かれ道

介護と仕事~介護離職しないために~③

 平成24年総務省就業構造基本調査によると平成19年10月~平成24年9月までに家族の介護・看護

記事を読む

koro_sakuma_20151010-wpcf_250x188

【doppo】にコラムが掲載されました!

ウェブマガジン【doppo】にコラムが掲載されました! 介護が終わって考えること | ひと

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑