112歳!!

公開日: : お知らせ, コラム

 

 存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定された。

1903年3月生まれの小出安太郎さん。

 少し耳が遠いようだが、受け答えもしっかりされている。水引

長生きの秘訣を聞かれ「無理をしないで、喜んで暮らすこと」を上げていた。そして、孫と歩くこと、新聞を読むことが日課だという。

 長寿を極めた先人たちには、世界最高齢の双子として有名な‘きんさん・ぎんさん’等いらっしゃるが、たいていの皆さましっかりされていることにビックリする。

 ご家族はそれなりにご苦労もあるだろうが、楽しみはご飯を食べることだそうだ。

 食べられること、日課にしていることがあるということが元気で豊かな老後には欠かせない要素のようだ。

自分で食べられなくなってくると体調を崩すこともある。しっかり噛んで食事ができることは、認知症の予防など健康にもとっても大切だと言われている。

 また、足は第2の心臓と言われる。足が弱くなると寝たきりになる可能性も高い。足の筋肉を刺激することも大切だし、血液の流れがよくなるし、適度な運動にもなる。

 

 できるだけ長く健康でいられるよう、よく噛んでの食事、適度な運動、そして何か、人の役に立てることを見つけて生きがいを持っていることが、介護が必要な状況をできるだけ少なくできるコツなのかもしれない。

 

 

 

 

 

関連記事

d50476a47b40f79a63c9ae9169d6ecd3_s

親の老い 自分の老い

 自分が今の親の年齢になった時、自分はどのような晩年をどのように過ごしたいのか、考えたことはあり

記事を読む

dd6fc982494c9d6227ad8b83d83f488a_s

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

167356

在宅介護でお世話になる方々

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。 仕事として見ているとあま

記事を読む

介護のほんね

介護のほんねニュースに寄稿が載ります!

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした 先週に引き続き

記事を読む

e57113e019c460e65eea5f10211fb3a7_m

年を重ねると? 

 半分本気で半分は?で思うことは、“年を重ねることは侮れない”である。生きてきた年月が違うし生きてき

記事を読む

koro_sakuma_20150110

<doppo>第3回コラムが掲載されました

<doppo>に第2回コラムが掲載されました。 今回のテーマは「介護のおかげで、とにかく予定が立

記事を読む

kaidan

介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

           

記事を読む

DSCF4102

エポック10フェスタ2016参加報告

 2016年6月11日に豊島区男女平等推進センターで行われたエポック10フェスタ2016にパネラーと

記事を読む

150

Ewel様情報交換会に参加いたしました。

○前半のミニセミナーにて<仕事と介護を続けていくための地域サービス活用術>をご紹介いたしました。

記事を読む

no image

家族との距離感

  家族だから仲がよくて当然。家族だから助け合って当然と思っている方も多いのではないでしょうか?

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑