備蓄について

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム

 

9月1日といえば防災の日。

あいにくの天気だが、各地で様々な防災訓練等が行われた。

防災

 

 

 

 

 

 

 

そしてニュースなどで、備蓄についても考えておくようにと話題として取り上げられていた。

 備蓄しておくものに関して、できるだけ長く、ライフラインが止まってしまっても生活できるように10日から2週間程度は備蓄が必要と言われている。

食べ物等の支給は比較的早く始まると思うが、用意しておいた方がいいのが簡易トイレとトイレットペーパーだそうだ。被災を受けた地域であれば数日から数週間で仮設トイレなどの対応がとられるようだが、生産地が災害に見舞われた時には在庫がなくなり、入手が困難になることもある。

 2011年3月の震災の時、関東においても流通の困難が見られ、食べ物や生活用品等入手が難しかった記憶がある。

 そこで、介護をしている場合は何が必要になるか考えたとき、思いつくのが大人用の紙おむつ。近頃では大人用の紙おむつは種類が多く利用している方も多くなってきている。体調を崩したり、心身共に、疲弊もしてくる等、様々な環境が変わるなかで、不足は大きな問題になる。

 常備薬も数週間分確保しておきたい。持病がある場合は特に必要になる。避難生活や医師の不足も考えられるので、薬があるのとないのでは違ってくる。それとゼリーやとろみ付けなどでとろみをつけて服薬しているのであればそれも用意しておいたほうがいい。飲みにくい薬を飲むのに、いつも使っているのであれば、これも必需品である。

 子供と違って体格、病気、状態等が様々な高齢者。介護する側にとっては日常のことであっても、必需品としてすぐには思いつかないこともあると思う。

食料や日用品のほかに介護者にとって必要なものを見直してみるのもいいかもしれない。冷静な時に考えると当たり前のことだが、いざとなると思いつかないこともあるので。

 

 

関連記事

お金

お金がない!!

古今東西、新旧と話題に事欠かないテーマであり、なくてもあっても大問題を引き起こす。 日常で

記事を読む

kaigohonnne

介護のほんねに寄稿文が掲載されています

http://news.kaigonohonne.com/article/679 9月1日

記事を読む

20150909011053

【介護のほんね】に第2回寄稿文(中編)掲載されています

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~父親の介護。会社の休みはどう取ったらいいの? 掲載され

記事を読む

150

Ewel様情報交換会に参加いたしました。

○前半のミニセミナーにて<仕事と介護を続けていくための地域サービス活用術>をご紹介いたしました。

記事を読む

EH158_L

ホームページ開設いたしました。

昨年の6月10日、POLE・STAR株式会社を立ち上げ、 1年後の今年6月10日ホームページを開

記事を読む

8c9583917b8001cac1ecf3971312c71c_s

介護、その後~いつか来るその日のために~③

葬儀は誰のために行うのか?  葬儀は家族のみで行う。と何時の頃からか決めていた。  我が家の

記事を読む

bd251a3cd1eca0fd6ba0f1907db6f025_m

介護保険は早めに申請する!

  『まだ大丈夫!』 『お上の世話にはなりたくない。』 『面倒くさい…。』介護保険にこんな

記事を読む

8be5b584236f1c1943296befa2702767_m

高齢者と悪質商法

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース  

記事を読む

no image

家族との距離感

  家族だから仲がよくて当然。家族だから助け合って当然と思っている方も多いのではないでしょうか?

記事を読む

アンティーク時計

10年の月日にて

父が亡くなって、約3か月。新盆もすみあっという間。時間が経つのは早いものだ、と、妙に思う。別にそ

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑