自分の老い支度①

 いつからが老いなのか、定義は様々だと思うけれど、それでもいつかはその時が来るのです。 その時に自覚をしているかということは別の問題ですが。 あれ、去年は同じことをしても辛く感じなかったのに いつの間にか疲れがたまって取れなくなっている 職場でいつの間にか若手ではなくなっている 同年代の友人んがいつの間にか出世していた 友人よりも後輩の結婚式の方が多くなっていた 痩せにくくなった? 去年の同じ時期は大丈夫だったのに、体が辛い気がする いつの間にか白髪がある‥。 なんて、 じわじわと年齢を感じてくるとともに何となく老い流ということが短になってきていることを実感しています。 老いていくということは病気のリスクが上がったり、できないことが少しずつ増えたり、 身体や脳が衰えていくことをじわじわと実感させられることなのだと思っています。 昔は20歳を過ぎると様々な機能が成長せず衰えていくともに言われていましたが、最近は最後のときまで成長するとも言われています。 職業柄老いについては否が応でも考えています。 そして祖父母と、父、母、親戚と老いに対してシビアに観察しているのも事実。 そして最近は自分が老いていくということに対してどのように向き合い、いつの時点でどう考えるのかと自分を観察しています。 ただし、シビアに老いを見つめると、できないことが増えるということよりも、決断が鈍くなったり、老いていることが理解できなくなっている状況がじわじわと針の穴から少しずつ水がしみだしていくように浸食していくような感じだと考えています。6ea5a2e800ad467514a5f9f634e4efc1_m 

もし、そうなった時に誰がどのように私に老いという現実を突きつけてくれるのか、いささか心配でもあります。その時はきっと、そのことをどこかで受け入れない、受け入れられない頭の固くなった自分がいると予想されるので…。 私自身、父と母にはしっかり、進行形で老いているということを告げてきたつもりなので。私からすれば親子ということ、そして老いる両親の介護対策の一環だと思ってるのですが。  

まー、特に母とは、そこは母と娘。分かり合えているようで分かり合えない母娘。 シビアに

“その考え方、頭が固くなったって思わない?”

“一歩一歩と最期の時に向かっていくことをどんなふうに考えているの?

“できないことが増えてきているということはどんな感じ?”

“ずばり、老いを生きるってどういうこと?”

なんて、話し合ったりしてみている。

私の親の介護とこれから来る私の老いを迎える準備のために。

 今、現在進行中の超高齢化社会を現役で生きている先輩たちは今まで経験したことのない未知の世界を手探りで生きているのかもしれない。

その背中を見ているということは、モデルがたくさんいるということになる。だから、私自身の未知の領域に進む怖さをちょっと軽減してくれていると思う。

だからこそ、ちょっと余裕で老い支度をできるのかも。

 

関連記事

32d1c1d1dfe900ae4dca91351c749de5_m

シルバー人材センター

シルバー人材センターについて聞いたことがありますか?シルバー人材センターとは、全国シルバー人材センタ

記事を読む

b70ebd304abc0479312e244c0b329452_m

ちょっと待って!その改修工事

 親が高齢になってきて、玄関やお風呂場等に手すりを付けた方がいいかな?とか、和式のトイレが大変そ

記事を読む

a295414e615be13a47bc7ff9b6712589_s

終活ミーティングのススメ

 旧盆のこの時期、帰省したり、家族が集まる機会があるのではないでしょうか。 そんな時、せっかく集まっ

記事を読む

f95443980ceed4d91ddf7da1c14dfd1a_m

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

スポットライト

介護の主役・人生の主役

『あなたの人生において主役は誰ですか?』 そう聞かれたら、あなたは胸をはって「人生の主役は

記事を読む

2c20a9b56ae5cf02dd8c4ab1fea255ec_m

転ばぬ先の杖

 高齢になると数ミリの段差で躓いたり、思うように足が運べなかったりと、家の中でも外出先でも転倒は大き

記事を読む

c632770bf3606d0b52dd490b8af3a618_m

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

bd251a3cd1eca0fd6ba0f1907db6f025_m

介護保険は早めに申請する!

  『まだ大丈夫!』 『お上の世話にはなりたくない。』 『面倒くさい…。』介護保険にこんな

記事を読む

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_m

超高齢社会を生きる ~デジタル遺品~

『デジタル遺品』 聞いたことがありますか?NHKの朝の情報番組でデジタル遺品について特集を

記事を読む

481de3c2465ebdb116b54e9e252b6927_m

介護は完璧にできて当然? 

たぶん私は大丈夫!介護の定義とは難しいのですが、『介護はきっとなんとかなる!!当然できる!!』と思っ

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑