高齢化と免許

公開日: : コラム, ニュース等, 親の介護

 最近よく耳にするニュースの一つが高齢者による自動車事故。

認知症と診断された人が運転をしてガードレールにぶつけてしまったり、薬局に乗り込んでしまったというニュース等々、きっとニュースで耳にするのは氷山の一角なのだと思います。

 難しいのが、特に地方での生活。車がなければ必要な買いができなかったり、引きこもってしまったり、何処にも行けない状況を生んでしまうこともあるのです。

必要なものを買いに行けない等、買い物難民になったり、日常生活冴え難しくなってしまうという問題もあるのです。b59a210cd78374cfe98bdbede1c5ac17_m

 しかし、車を運転するということ、そして事故を起こすということは加害者になる可能性もあるのです。ハンドル操作を誤った、アクセルとブレーキを誤って踏んだ、後ろに子供がいるのがわからずバックしてしまった、立体駐車場から車が転落したというニュースもありました。そう考えると、取り返しのつかない事故を起こす前に車に乗らない、免許証を返納するということを考えておいた方がいいのだとは思います。

 ただ返納するということは難しいと福井県では免許証供養を行う取り組みを始めたそうです。返納するだけではなかなかできないということで、供養という形をとっているとのこと。ただ返すよりも、自分で心の整理をつけるために儀式があるのは一つのきっかけになるのかもしれません。

 

 残念ながら判断が遅くなっての事故で大惨事になってしまうということも多くあるようです。運転しないということが生活に与える影響の大きさ、特に郊外であれば車がない生活は考えにくいと思います。それでも、老いるということがどのような状況になっていくことなのか、それにより起こるかもしれない事故などについてきちんと向き合わなければならないと思います。加害者になる前に。

≪参考≫

NHKクローズアップ現代:運転し続けたい

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3527/1.html

読みドクター:免許供養

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160623-OYTET50023/

https://www.sekisuiheim.com/spcontent/seniorwellness/knowledge04.html

Yahoo!ニュース:高齢ドライバー500万人時代 免許返納いつ?

http://news.yahoo.co.jp/feature/204

関連記事

DSCF4102

エポック10フェスタ2016参加報告

 2016年6月11日に豊島区男女平等推進センターで行われたエポック10フェスタ2016にパネラーと

記事を読む

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_m

≪介護保険を申請する≫認定調査の心得

面接調査は要介護認定に直接つながる。状況をきちんと伝えることが大切。   &n

記事を読む

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s

敬老の日に

 内閣府のホームページによると、敬老の日とは【9月の第3月曜日、多年にわたり社会につくしてきた老

記事を読む

DSCF1257

車いすの今

 先日「国際福祉機器展」へ車いすの仕事の関係で訪れた。  車いすというと、今どきの車いすの形、

記事を読む

d50476a47b40f79a63c9ae9169d6ecd3_s

親の老い 自分の老い

 自分が今の親の年齢になった時、自分はどのような晩年をどのように過ごしたいのか、考えたことはあり

記事を読む

f95443980ceed4d91ddf7da1c14dfd1a_m

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

dd6fc982494c9d6227ad8b83d83f488a_s

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

分かれ道

介護と仕事~介護離職しないために~③

 平成24年総務省就業構造基本調査によると平成19年10月~平成24年9月までに家族の介護・看護

記事を読む

36d65903cc63c84d2490ab4e0e2f93ba_m

10年後の介護…。

 有識者らでつくる民間研究機関「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)は4日、今後10年で東京

記事を読む

093835

介護が必要となった原因について

介護がいつから必要になるかはわかりませんが、病気が入り口となることも多くあります。 下記の表は

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑