超高齢社会を生きる ~デジタル遺品~

『デジタル遺品』

 

聞いたことがありますか?

NHKの朝の情報番組でデジタル遺品について特集をしていました。

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170118/1.html

 

少し前から聞くようになった言葉ですが、さして気に留めていなかったのですが、デジタル社会を生きている私たちにとってはもはや看過できないこともあるようです。

 4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_m

デジタル遺品とはパソコンやスマートフォン等の中のデータやインターネット取引等の故人が使っていたサービス等のことです。

 パソコンやスマートフォンのデータぐらいに考えていましたが、便利で使っているサービスも考えておかなければならないようです。

 

 パソコンやスマホで何をしていますか?

FacebookやそのほかのSNSは当たり前で、買い物や様々な便利なサイトをいくつも利用しているなんて当たり前の時代ですよね。

 

 でも、突然、死が訪れたとき、これらはどのようになるのでしょうか?アクセスがある一定期間なかったら自然消滅して使えなくなる、なんて話は聞かないので、きっと永久に存在し続ける可能性が高いということですよね!?

 

 そして番組を見ていて怖いと思ったのが、インターネットを通じてのFX取引について。

家族には話しておらず、多額の損失を出していたそうです。パソコンを立ち上げるにはパスワードが必要で、死後しばらくして業者に頼みパスワードを変えることでやっとパソコンを立ち上げることができ、気が付いたそうですが、多額の損失については家族が支払わなければならなかったそうです。

 

 改めて考えてみると、私自身様々なサービスをインターネット経由で利用していますが、使いこなせているとはいいがたく、私には関係ないと思っていましたが、インターネット経由で申し込みをしたり、買い物をしたり、SNSサービスを活用したり、と私自身が思っているより、活用しているのだと改めて考えました。

 

本人が思いもよらない方法で使われたケースもあるようです。

ブログを開設していた方が死亡し、悪意ある第三者にIDやパスワードを盗まれ詐欺等の温床になってしまったケースもあるそうです。

 

そしてインターネットバンクも気を付けた方がいいことの一つです。

ネット銀行の多くが通帳を発行していないことが多く、家族が個人の預金に気が付けないことも多いのです。

 

仕方がないことも含め、インターネットで様々なサービスを利用している現代を生きる私たちにとって、きちんと考えておかなければいけない問題だと改めて考えました。

 

特に親が歳老いて認知症や急な病気になったとき、知らずに放置しておいたPCにメールでお知らせが来ていてもわからないものです。

亡くなったということであれば残されたものを整理しますが、病気等の場合、なかなか整理はしないものです。

自分自身の使用についてももちろんですが、家族がどのように何をどのくらい使用しているのか、把握しておかなければならない時代なようです。

 

 

関連記事

スポットライト

介護の主役・人生の主役

『あなたの人生において主役は誰ですか?』 そう聞かれたら、あなたは胸をはって「人生の主役は

記事を読む

ab9c53139fa19a6d85f244d2d9fb2243_m

幕の引き方

旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

記事を読む

f95443980ceed4d91ddf7da1c14dfd1a_m

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

6ea5a2e800ad467514a5f9f634e4efc1_m

自分の老い支度①

 いつからが老いなのか、定義は様々だと思うけれど、それでもいつかはその時が来るのです。 その時に自覚

記事を読む

sadou

介護の後に~残されても…~

 亡くなったあと残された品物の数々…。正直困ってしまうものです。大切なものと言っていたことを知ってい

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑