寝れる。。太る。。。。。

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム, 親の介護

kyabarie

父が亡くなり、変化といえば、寝られる、そして太った…。

逆に言えば、介護が必要な時は寝られない。。寝てはいる。でもどこかで音を気にしていたり、生活音が聞こえていたり、起こされたり等々。いろいろな無理を少しずつ重ねていたのだと思う。そしてマッサージなどを受けると指摘されるのが、呼吸が浅いのでは?というようなこと。私自身はもちろん、寝ているつもりだったのだが、どこか気にしながら寝ていたせいか、疲れているはずなのに、そういえば、一時期は寝られない日が続き、お医者さんに相談したこともあった。今考えると家に居ながら、体が休まっていなかったのだと思う。

 今だから大変だったと思い返せるが、父が体調を崩し夜中に救急で病院に搬送し、明け方頃、家に帰り急いで支度をして、仕事に行ったことも何度もある。午前中はどうにかなるが、昼過ぎにはトイレと給湯室にひたすら眠さと戦い、必死で定時になるのを待っていた。どうしても外せない約束にあくびを噛み殺しながら、参加したこともある。その時はとりあえず、その日を過ごさなくてはという思いだけで乗り切っていたのだと思う。

父は肝臓も悪く、肝性脳症があり、それが大きく影響するようだが、水分の摂取量が少なかったり、バランスが崩れるとアンモニアが血液中に入り体外に出せないため、アンモニア障害が発症する。軽いときは電気の場所がわからなかったりする程度から、ひどいときには意識障害をおこし、病院に行くのに「どこかへ連れて行かれる。」と暴れることもあった。また、肝性脳症の特徴として昼夜が逆転することがあるらしく、父はまさしくこれ。昼間爆睡していて、夜になると活動する。本人いわく、「寝れないんだ。」だそうで、昼間あんなに寝ていれば、普通は寝られないでしょう。と、言うわけで、夜中にシャワーを浴びてみたり、新聞を読んでみたり、あちこち探し物をしてみたり、古い手帳を整理してわけのわからないことを言ってみたり。こちらは普通に生活をしているのである。が、本人、夜は元気なのだ。昼間寝ているので。

生活の中で、小さな積み重ねが結構、つらいことがある。寝られない。小さなことで振り回される。でも、小さなことなので、とりあえず対処する。でも、それが意外と大変なのだ。少しずつ重なっていくので、あまり自覚していないが、生活の中のよく寝られない状態。そんなことが介護の大変な一面なのだと、終わってみて改めて感じている。

関連記事

ヘルパーさんは『肉じゃが』が好き!?

 肉じゃが、好きですか?と聞かれればたいていの方が『はい』と答えるのではないでしょうか?私

記事を読む

no image

エポック10 フェスタ2016に参加させていただきました!

豊島区男女平等推進センター(エポッ10)にいておいて開催されたエポック10フェスタ2016に女性未来

記事を読む

ケアする人にもケアを!  

  このたびの台風の影響で被害にあわれた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。 &

記事を読む

○介護者:40歳代女性  要介護者:70歳代父 【相談内容】 健康診断で腫瘍が見つかり検査

記事を読む

在宅介護でお世話になる方々

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。 仕事として見ているとあま

記事を読む

年を重ねると? 

 半分本気で半分は?で思うことは、“年を重ねることは侮れない”である。生きてきた年月が違うし生きてき

記事を読む

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

介護の先を考える

死後のこと、考えたことがありますか? 散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきて

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑