8月21日(木)開催・仕事と介護の「両立」 介護情報交換会に講師として参加します!

公開日: : 最終更新日:2014/08/08 お知らせ

 

講師として参加することになりました!

一般の方の参加も可能です。

ご興味がある方はぜひ、お問い合わせください。

https://ewel.smartseminar.jp/public/seminar/view/115

セミナーインフォメーション

仕事と介護の両立のための情報交換会

開催概要

日時 第1回 2014年8月21日(木)15:30〜17:00 (受付開始 15:00〜)
第2回 2014年9月18日(木)18:30〜20:00 (受付開始 18:00〜)
内容

【第1回】
    テーマ : 両立を続けていくための、地域サービスの活用
    アドバイザー協力 : 佐久間 理央 氏
                介護コンシェルジュ POLE・STAR㈱ディレクター


【第2回】
    テーマ : 両立を視野に入れたケアプランの立て方
    アドバイザー協力 : 石山 麗子 氏
                地域福祉ケアマネジメント推進研究会 主任研究員

会場 ■会場■

第1回 株式会社イーウェル 1階大会議室
  東京都千代田区麹町三丁目2番 相互麹町第1ビル

第2回 イーウェル新社屋 5階ブルールーム
  東京都千代田区紀尾井町3-6 紀尾井パークビル


■アクセス■
第1回 株式会社イーウェル 1階大会議室
・東京メトロ有楽町線:麹町駅 3番出口より徒歩1分
・東京メトロ半蔵門線:半蔵門駅 5番出口より徒歩5分

第2回 イーウェル新社屋 5階ブルールーム
・東京メトロ有楽町線:麹町駅 2番出口より徒歩3分
・東京メトロ半蔵門線:永田町駅 5番出口より徒歩8分
・東京メトロ銀座線:赤坂見附駅 D出口より徒歩8分

参加費 無料
定員 各10名 (お申込多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます) 申込受付中
対象 働きながらご家族等の介護を在宅・近隣・遠距離で行っていらっしゃる方
※主介護者・従介護者・キーパーソンかは問いません
主催 株式会社イーウェル
共催
協賛
備考
◆ご参加にあたっての注意点◆
・駐車場のご用意はございません。最寄駅までは公共交通機関をご利用の上お越しください。
・都合により予告なく内容の変更または中止となる場合がございますのでご了承ください。
・情報交換会の後、いただいたご意見、体験談を匿名化し、今後の両立施策の参考にさせていただきますので、予めご了承ください。
・イベント当日の様子などをお顔が写らないようカメラ等で撮影させていただき、WELBOXおよびイーウェルのホームページ、ガイドブック、会報誌等に掲載させていただく場合がございますので、ご了承ください。(会社名、氏名等記載いたしません) なお、個人情報に関する指針は、http://www.ewel.co.jp/privacy/index.htmlにてご確認ください。
・弊社と同業の従業員の方はご遠慮いただいております。

 

お問合わせ

株式会社イーウェル セミナー運営事務局 担当:岡本、加藤
【TEL】 03-3511-1449
【E-mail】smnr@ewel.co.jp

関連記事

私のキャリア&ケア(1)

 思い返せばすでに15年。  縁あって2000年から福祉関連の道を進むことに。  

記事を読む

介護の年数

  ◇介護の年数    介護の年数はどれくらいなのでしょう?  

記事を読む

ひとりを楽しむ、アラフォー・40代独身女性 「ソロネーゼ」 のWEBマガジン【doppo】に新し

記事を読む

仕事と介護~介護離職しないために~②

 ② 職場への告知とタイミング 介護がはじまると出てくる問題は様々あるが、その一つが職場への告

記事を読む

介護保険はどんな制度なのか? 

【介護保険の仕組み】 介護保険とは、社会全体で「介護」を支えていくために平成12年4月に「介護保険制

記事を読む

介護のほんねに寄稿文が掲載されています

http://news.kaigonohonne.com/article/679 9月1日

記事を読む

暑さ対策していますか?

暑さ対策していますか?   連日、酷暑・熱暑・猛暑と暑さの話題が続いています。

記事を読む

ウェブマガジン【doppo】に新しいコラムが掲載されます

テーマは『介護で起こるかもしれないこと』です。 http://doppo.me/koro-po

記事を読む

救急救命法講座を受講しました!

 救急救命法の講座を受けたことがありますか? 運転免許証の講習の時に受講したことがある、仕事柄

記事を読む

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑