終活ミーティングのススメ

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム, 備えあれば…

a295414e615be13a47bc7ff9b6712589_s 旧盆のこの時期、帰省したり、家族が集まる機会があるのではないでしょうか。 そんな時、せっかく集まったのに、と、思われるかもしれませんが、少し先に出てくる問題かもしれない、介護について少し家族と話してみるのはいかがでしょうか? 「介護」になったらどうしましょう?とはまだ気が引ける。のであれば防災についてとか、何かあったとき、どのように対応できるのか、いざというときにあわてない、備えについてと考えてみるのはいかがですか?普段は離れている家族が、集まったときに情報を共有することで、いざとなったとき「どうしよう」から始めなくてよくなるかもしれません。 親御さんや兄弟姉妹と確認をしたいこと

① 親御さんの状況 病気やけが、困りごとなど聞いたり様子を確認しておきましょう。できればどのような最期がいいのか、死生観や死後の対応などわかるといいのですが。

② 親御さんが住む地域について 地域の資源【市区町村の役所・介護関連の施設・病院・ボランティア活動・買い物の場所・よく利用するところ。デイサービス等の福祉施設・交流の場・ご近所の状況等】を知っておくと、いざというときのための知識としても役に立ちます。何があるかから調べなくて便利です。お出かけのついでにチェックしてみては?

③ 病院について 普段お世話になっている病院や、その病院では処置できない場合に紹介してもらえる病院を確認しておきましょう。薬も重要です。どのような薬をもらっているか、飲めているか等確認しておきましょう。

④ 家族の近況 自分も含め、家族の状況をおおよそでもつかめていると、いざというときお互いに協力体制を作るのにも役に立ちます。自分の仕事の状況等、家族の人生における行事(お子さんがいらっしゃれば受験・スポーツ・お稽古事等への力の入れ具合などある程度聞いておくのも。)、介護に通うことになったとき、動ける状況や家族のサポートを得られるか、逆に家族のサポートのためにできない状況にあるかもしれない時期などを知っておくとその時に、お互いに頑張りすぎず、介護ができる環境をつくる参考になると思います。

⑤ お金の話  残念ながら、一番トラブルになりやすい問題です。いくら身内でも話しにくいものですが、介護が必要になったとき、月にどの程度使えるか、また、足りなくなった場合は?管理方法やある程度のルールなどを確認しておくと後々のトラブルが避けられるかもしれません。

 何より大事なことは、≪話せる環境をつくっておくこと≫だと思います。身内でも体が違えば考えも生活環境も違います。家族みんながハッピーであれるよう、コミュニケーションをとることで選択を迫られたとき、困ったとき、助け合える関係にしておくことも介護でつぶれないコツの一つではないでしょうか?

関連記事

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

国際福祉機器展2015へ行ってきました

  昨年に引き続き、東京ビックサイトで開催されている“国際福祉機器展”へ行ってきました。 広い会場に

記事を読む

介護者30代男性、要介護者50代お母様の場合

   ○介護者:30歳代男性  要介護者:50歳代母 【相談内容】 お母様のが

記事を読む

介護が必要となった原因について

介護がいつから必要になるかはわかりませんが、病気が入り口となることも多くあります。 下記の表は

記事を読む

介護とロボット~時代の流れに思うこと~

 そんな大げさなものではないが、たくさんのことが日々進化し、ついこの間までは未知の、夢のような話

記事を読む

親の老い 自分の老い

 自分が今の親の年齢になった時、自分はどのような晩年をどのように過ごしたいのか、考えたことはあり

記事を読む

まさか?車いすに乗れない!!

 父は車いすに乗れなかった。   もちろん車いすにライセンスは必要ない。なんというかセンスがな

記事を読む

父介護:2005年秋から2014年春

2014年4月下旬、父は長い在宅での介護の末、享年80歳で永眠いたしました。4月の上旬の入院

記事を読む

ホームページ開設いたしました。

昨年の6月10日、POLE・STAR株式会社を立ち上げ、 1年後の今年6月10日ホームページを開

記事を読む

エポック10フェスタ2016参加報告

 2016年6月11日に豊島区男女平等推進センターで行われたエポック10フェスタ2016にパネラーと

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑