覚悟の仕方?

公開日: : 最終更新日:2014/09/05 お知らせ, コラム

d69901f98c7e0ca4e5be98bd05c561bb_s 親に介護が必要となったとき、あなたはどうしますか?

自分も親もまだそんな年齢ではないし、まだ・たぶん・きっと先なはず…。

こう考えている方、このように考えていた方は結構多いのではないでしょうか?もちろん元気な方もたくさんいらっしゃいますが、健康診断で「いい機会なので少し詳しく検査を。」等とお医者様から言われると、元気な方ほどショックが大きいし、周りもあわててしまうようです。そうなると「うちもそろそろ介護を考えないと?」と急に介護や親が高齢であること等が急に現実的になってきませんか?一度考えると新聞や雑誌のそんな記事がやたら目についたり、会社の上司や同僚がしている何気ない会話もやたらとそんな話題が多くなったような気になったりして。親戚や周りからも「あなたがしっかりしなきゃ」とか、「きちんと考えているの?」なんて言われたり。

 なんだか周りから言われると、どうしよう、できるのかしら、わかっている・わかっているけど…。でも私にも私の生活が…。と追い詰められた気にもなってきます。

 きっとその時が来れば覚悟もするし、たぶんやるからその時までほっておいてほしい。というのも本音の部分としてはあるのではないでしょうか?

 「【覚悟】というととてつもない勇気と決断を試されているようだ。」と話をしていた友人がいました。

お互いがお互いの人生を歩いて来たある日、親と自分の人生の両方を見つめなければならない日が来たら、とりあえず、「とうとう、そんな日が来たか!」と目の前にあるできることを考えながら、少しずつ取り組んでみることも【覚悟】の仕方かもしれません。

関連記事

10年の月日にて

父が亡くなって、約3か月。新盆もすみあっという間。時間が経つのは早いものだ、と、妙に思う。別にそ

記事を読む

地域活用術

介護保険法の改正もあり、ますます需要が高くなってくると思い地域について考えてみなした。 元気な

記事を読む

国際福祉機器展2015へ行ってきました

  昨年に引き続き、東京ビックサイトで開催されている“国際福祉機器展”へ行ってきました。 広い会場に

記事を読む

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~③

葬儀は誰のために行うのか?  葬儀は家族のみで行う。と何時の頃からか決めていた。  我が家の

記事を読む

高齢者と悪質商法

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース  

記事を読む

ケアする人にもケアを!  

  このたびの台風の影響で被害にあわれた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。 &

記事を読む

no image

エポック10 フェスタ2016に参加させていただきました!

豊島区男女平等推進センター(エポッ10)にいておいて開催されたエポック10フェスタ2016に女性未来

記事を読む

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

高い声?低い声?

高齢の方と話す時、どんな声のトーンで話しているか?自分で意識したことがあるだろうか。 大きな声

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑