車いすの今

公開日: : お知らせ, コラム

DSCF1257 先日「国際福祉機器展」へ車いすの仕事の関係で訪れた。

 車いすというと、今どきの車いすの形、色、素材等の豊富なこと、さらに参加している車いすの企業や団体だけで一望できないほどのブースの数にビックリ!その他に、車いすに乗った時に使用するクッションやレインコートや鞄等の必需品のブースまでとても充実していた。そしてお隣の福祉車輌の展示の多さにもうれしくなってきた。

ちょっと前までの車いすといえば半分で折りたたまれる、病院等におかれているものが思い浮かべたが、今や乗る人の体形、用途、乗り心地等様々な面で利用者のためのものという視点が随所に感じられる。生活に欠かせないものとして、より心地のいいものへと変化を遂げている。この変化たるやスゴイ!

 自分の認識の古さを改めて修正するとともに、素材や技術の進歩にただただ関心しきり。そして今まではスポーツで活躍されている方だけが利用するのだと思っていた車いすの形が当たり前に普通に乗る車いすとなってきている。

 歩けないからとりあえず車いすに乗るのではなく、可能性として車いすを使用し何でもできる。そのためには体に合う、そして大事な道具として。

素敵に、そして用途に合うものであるべきなのだと、改めて認識した。

 素敵な生活を演出する大事な車いすが、よりよきものが当然として使える。当たりまえのことだけど、なかなか難しい。でもそれが当たり前になる日は決して遠くないのかも?と、ワクワクした体験となった。

関連記事

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

【高齢社会をよくする女性の会】会報に記事を寄稿させていただきました。

樋口恵子さんが代表を務める【高齢社会をよくする女性の会】の会報に寄稿せていただきました。 

記事を読む

在宅介護でお世話になる方々

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。 仕事として見ているとあま

記事を読む

介護が必要となった原因について

介護がいつから必要になるかはわかりませんが、病気が入り口となることも多くあります。 下記の表は

記事を読む

ホームページ開設いたしました。

昨年の6月10日、POLE・STAR株式会社を立ち上げ、 1年後の今年6月10日ホームページを開

記事を読む

10年後の介護…。

 有識者らでつくる民間研究機関「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)は4日、今後10年で東京

記事を読む

ウェブマガジンdoppoにコラム8月分掲載されました!

〝それでも話をすることが、介護の負担を軽くする” 口にしにくい話題ではあるけれど、介護になった

記事を読む

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

介護のほんねニュースに寄稿が載ります!

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした 先週に引き続き

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑