体育の日

公開日: : お知らせ, コラム

74e58e9bf26741bbc4cab7dab51096f7_s 体育の日に毎年恒例で文部科学省により体力測定の結果が発表される。

それによると6歳から19歳までの測定結果は、ほぼ横ばいで、1985年がピークであまり伸びていないとのこと。

それに比べると、65歳以上の高齢者は状態おこしや握力などほとんどの項目で、前年よりも結果が上回り年々良くなっているとのこと。そして40歳以上の人は毎日運動をしている人が増えているそうだ。

介護保険制度を見ても、高齢になって動けなくなる前に、予防的なプログラムが増えてきているが、きちんと運動をして、体力を維持どころか、体力測定の結果まで、年々アップしている。

 運動することが大好きな素敵な人生の先輩を存じ上げている。ランニングはもちろん、シーズンズスポーツもお好きで、出勤前のランニング、休日は必ずといっていいほど、スポーツをして過ごす。趣味であり、生活の一部になっている。スポーツがお好きなのだと思っていたら、もちろん体を動かすことは好きだけれども、今から健康を維持し、高齢になった時、病気で長く苦しみたくない。だからできるだけ健康を維持し、そうならないために、かなり前から取り組んでいるらしい。

自分を振り返ると毎日なんて運動をしていないし、体力の衰えを日々感じているところ。元気で楽しく生活を送るためには今からきちんとした努力をしなければならない、と反省はしてはみる。あまり行動に移せていないのだけれども。。。

私は体力測定の結果を上げることに貢献はできないけれど、少なくとも自分の健康くらい、自分で管理しなければ。とつくづく思う、体育の日でした。

関連記事

介護のほんねニュースに寄稿が載ります!

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした 先週に引き続き

記事を読む

<doppo>に第2回コラムが掲載されました。 今回のテーマは「介護と休暇」についてです。

記事を読む

【doppo】にコラムが掲載されました!

ウェブマガジン【doppo】にコラムが掲載されました! 介護が終わって考えること | ひと

記事を読む

お金がない!!

古今東西、新旧と話題に事欠かないテーマであり、なくてもあっても大問題を引き起こす。 日常で

記事を読む

POLE・STAR株式会社は2周年をむかえました。 これからもキャリアとケアの両立サポートを精

記事を読む

ケアされ上手はお得です!

 介護する側、される側。どちらも同じ人間です。大事なのはどんな状況であれ、思いやりやコミュニケーショ

記事を読む

骨のお話

 父を荼毘にふしたとき、判明したことがある。斎場の係の人がビックリするくらい、父の骨は丈夫でしっ

記事を読む

え?覚えないの???

 地域活動の特別養護老人ホームボランティアをされている素敵な人生の先輩方にお会いしました。 た

記事を読む

仕事と介護~介護離職しないために~

 ① 厚生労働省の取り組み  高齢者人口の増加と共に、介護保険制度上の要支援・要介護認定者数は

記事を読む

112歳!!

   存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑