介護と自分の健康

公開日: : お知らせ, コラム

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_sこの季節になると、風邪薬の広告が目に付き、インフルエンザの予防接種ことが聞かれるようになる。父の介護をしているときは、お医者さんや看護師さんから早々に、インフルエンザの予防接種や手洗いうがいを徹底して風邪に気を付けるようにと話が出ていた季節でもあった。

介護をしている方からよく聞くのが、自分は病気になれない。特に独りで介護しているとなおさらである。なかなか自分のことで時間を使うことができない。前もってわかっていることであれば、ヘルパーさんや、普段利用している介護サービスの時間に合わせる等の方法がとれるが、病気の場合は突発的なのでとても困る。多少のことなら我慢してしまったり、どうにかしてしまうが、介護している人にうつしてはいけないし、自分のためにはなかなか時間を使えない。勤めていればなおさら、何時有給を使う状況になるかわからないので、その時への備えをいつも頭の片隅においていなければならない。

それでも自分自身の心身の健康にも時には気を配ってあげてほしい。しているつもり、できているつもりでも日々の疲れやプレッシャーは蓄積されていく。それがどうにもならなくなったとき、心身の疲れは時に思わぬ形でどこかに出るものだ。

 とはいっても人間生身、季節の変わり目や、仕事の忙しさなど自分の管理だけではどうにもできないこともある。手洗いやうがい、できればインフルエンザの予防接種を受けるなどできることはしておいた方がいい。

 そしてやはり、大変なのも忙しいのも重々承知しているが、決して悪いことではない。時には自分の時間を持つために、誰かに頼ることも介護を長く続けるコツの一つだと思う。

関連記事

2015年の夏に思うこと

 小学校中学年の頃、自分の住んでいる地域の歴史について、誰かにインタビューをするようにという宿題

記事を読む

高い声?低い声?

高齢の方と話す時、どんな声のトーンで話しているか?自分で意識したことがあるだろうか。 大きな声

記事を読む

10年の月日にて

父が亡くなって、約3か月。新盆もすみあっという間。時間が経つのは早いものだ、と、妙に思う。別にそ

記事を読む

え?覚えないの???

 地域活動の特別養護老人ホームボランティアをされている素敵な人生の先輩方にお会いしました。 た

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

介護に関する情報収集について

親に介護が必要になった。というときは、急なことでバタバタすることが多い。兆候がある場合も多いが、介護

記事を読む

112歳!!

   存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定

記事を読む

年を重ねると? 

 半分本気で半分は?で思うことは、“年を重ねることは侮れない”である。生きてきた年月が違うし生きてき

記事を読む

ちょっと待って!その改修工事

 親が高齢になってきて、玄関やお風呂場等に手すりを付けた方がいいかな?とか、和式のトイレが大変そ

記事を読む

介護と仕事~介護離職しないために~③

 平成24年総務省就業構造基本調査によると平成19年10月~平成24年9月までに家族の介護・看護

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑