仕事と介護~介護離職しないために~②

公開日: : お知らせ, コラム

 ② 職場への告知とタイミング

介護がはじまると出てくる問題は様々あるが、その一つが職場への告知。

平日に何かと時間が必要となるため、あっという間に有給休暇がなくなっていくという事態が発生する。遠方ならなおさらであろう。

そうなってくると仕事に支障も出てくるし、思わぬところで、迷惑をかけることもある。そして、さらに困ったことに見通しがつかないのだ。最初のうちは何とか乗り切るとしても、突然の休みや早退が重なれば、まわりへの負担も増えるし、仕事や評価に悪影響が出てくることもあると思う。

介護の問題の一つとして、介護をしていることが分かった途端、本意ではない部署に回されたり、プロジェクトから外されたりとケアハラスメントもあると聞く中、どのようにしたらいいのか。

明確な答えを出すのは難しい。

私の場合は父が旅先で倒れたと職場に連絡が入り、とにかくその日中に島根県の石見銀山近くの街まで行かなければならないことから、職場にはその時、判っていること、しばらく状況が読めない、最悪な場合もある。包み隠さず伝えた。伝えるしかなかったからだ。

もし、違う状況から始まっていたら、たぶん必要になるぎりぎりの時までは話さなかったと思う。この時はまだ30歳になったばかりだったから、自分が介護をしているという状況に対しどこか認めたくないという気持ちもあったし、迷惑をかけたくないというよりプライベートなことを職場に知られるのはとにかく嫌だったからである。このことが私に対する人事にどのように影響があったかは正直判らない。

その後2度の転職を経て、今に至る。転職はたまたま介護の時期と重なっただけで、介護とは全く関係はない。ただし、転職の時は事情を承知していただいた上でのことだったので、必要な時には休みを使わせていただいた。

介護で時間を使うのは最初の段階と介護される方の様態に変化があった時である。もちろん、長く続く介護の中で、様々なことがあるが、初期の時がやはり時間が必要だったし、考えなければならないことも多く、とにかく手間と時間を一番必要とした時期だと振り返ってみて改めて思う。3a3802ef120480fb0db438c91448b5e4_s

関連記事

10年の月日にて

父が亡くなって、約3か月。新盆もすみあっという間。時間が経つのは早いものだ、と、妙に思う。別にそ

記事を読む

介護の先を考える

死後のこと、考えたことがありますか? 散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきて

記事を読む

介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

           

記事を読む

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

介護と自分の健康

この季節になると、風邪薬の広告が目に付き、インフルエンザの予防接種ことが聞かれるようになる。父の

記事を読む

SOSが出せない!

私自身、福祉関係の職場にいたが、SOSは出さなかった。 正確に言うと出せなかった。 &nbs

記事を読む

覚悟の仕方?

 親に介護が必要となったとき、あなたはどうしますか? 自分も親もまだそんな年齢ではないし、まだ

記事を読む

≪介護保険を申請する≫認定調査の心得

面接調査は要介護認定に直接つながる。状況をきちんと伝えることが大切。   &n

記事を読む

終活ミーティングのススメ

 旧盆のこの時期、帰省したり、家族が集まる機会があるのではないでしょうか。 そんな時、せっかく集まっ

記事を読む

オレンジリングを知っていますか?

 「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑