介護とロボット~時代の流れに思うこと~

公開日: : お知らせ, コラム

 そんな大げさなものではないが、たくさんのことが日々進化し、ついこの間までは未知の、夢のような話が今日には実現している。

その一つがロボット。‘ロボット大国日本’ということはよく聞く。ニュースや新聞で見るだけでもその進歩たるやスゴイ。ついこの間2足歩行のロボットが完成したとかペット型ロボットが家庭に等の話をしていたと思ったら、それからの新しいロボット技術はもっと進んでいるらしい。

介護業界でもロボットが介護をする時代が来るかも?といわれているが、最近のニュース等で知る限り、様々な形でそんな未来はもうとっくに来ているようだ。

 身に着けることで、自分の力以上に威力を発揮し、数kgを持ち上げる感覚で、数十㎏を持ち上げることができるパワーアシスト機器の研究開発も躍進的に進んでいる。車いすもコンピューター機能を搭載し、危険物を回避したり、介護者が横に並んで操作できるものも実用化されてきている。そして、癒してくれたり、会話をしてくれたりするセラピー的要素のあるロボットも認知症に効果が期待できるようだ。

 介護の仕事に携わる方々から聞くのが腰痛の悩み。身体介護をしている中で、どうしても一番負担が来てしまう。身体介護技術も進んでいるが、とっさのときや状態によってやはり負担はかかってしまう。

 そんな時に助けになるアシスト機器があれば、介護の現場で働く方々や介護に携わる方々の負担は大きく軽減できる。もし、車いすがもっと便利になったら、筋力が衰えても、自分で車いすを使えるようになったら。外出の機会も増えるかもしれない。認知症や寝たきりのリスクは少なくなるかもしれない。そして癒しを与えてくれるロボットが身近にあって、認知症の発症リスクの軽減や進行を少しでもおくらせられたら。60fc72fb2dedbddb460fdd233c91a252_s

 介護保険がスタートした当時には考えられないようなことが十数年の間で大きく変わってきている。その頃はロボットに介護する日が来るかもしれない。と、あまりいい意味ではとらえられていなかったと思う。

 でも、現在はロボットに介護されるのではなく、ロボットという人間の英知が介護を支えるツールとして、活用され始めていると思う。

 ロボットが人のパートナーになる日もそう遠くないかもしれない。その時、どんなことを思うのだろうか。

 

関連記事

暑さ対策していますか?

暑さ対策していますか?   連日、酷暑・熱暑・猛暑と暑さの話題が続いています。

記事を読む

備蓄について

  9月1日といえば防災の日。 あいにくの天気だが、各地で様々な防災訓練等が行われ

記事を読む

介護保険は早めに申請する!

  『まだ大丈夫!』 『お上の世話にはなりたくない。』 『面倒くさい…。』介護保険にこんな

記事を読む

父介護:2005年秋から2014年春

2014年4月下旬、父は長い在宅での介護の末、享年80歳で永眠いたしました。4月の上旬の入院

記事を読む

最善の方法は?

 最寄駅から自宅に向かって歩いていたとき、高齢の女性とそれを支える若い女性とすれ違った。スーパー

記事を読む

介護のほんねニュースに 父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした

記事を読む

SOSが出せない!

私自身、福祉関係の職場にいたが、SOSは出さなかった。 正確に言うと出せなかった。 &nbs

記事を読む

○介護者:40歳代女性  要介護者:70歳代父 【相談内容】 健康診断で腫瘍が見つかり検査

記事を読む

介護の年数

  ◇介護の年数    介護の年数はどれくらいなのでしょう?  

記事を読む

介護者の病気

 介護する側が病気になると大変である。 ただでさえ介護があるのに病気の自分の面倒も見なけれ

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑