介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

公開日: : 最終更新日:2014/12/25 お知らせ, コラム

 ①年賀状のすすめ

 年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。dd6fc982494c9d6227ad8b83d83f488a_s

 師走になると急に年の瀬を感じる。毎年のこと。

 そして、我が家の同じ会話。父が倒れて以来の。

 「年賀状かな?」

季節の変わり目と冬は父が体調を崩し病院にお世話になることが多かった。

年賀状を作成して出せるのか?と危惧しなければならない状況になるので、年賀状に取り掛かるのは毎年、暮れが差し迫ってからのこととなる。

 こちらの心配をよそに、一番張り切っていたのは自分では何もしない、具合が悪かったり、入院中だったりした父であった。パソコンの操作ができないのに、「データを入力しておけば管理は簡単だ!」とか、イラスト集を隅から隅まで念入りに見て、「このイラストで字はこちらのを大きさを変えて使う」だの「このイラストのこの部分だけを使いたい」だの面倒なことを言い出す。そして毎年、枚数を少なめにするといいながら、いざ印刷をする段になると、「やっぱりあの方にも、この方も出したい。」と数を次から次へと増やし、大幅に枚数を追加していた。

 しかし、されど年賀状。一年に一度、お世話になった皆様のご様子と何より、住所を整理するのにとても助かる。そして葬儀の準備の時にも。

父の年齢になると、親交のある方々も鬼籍に入っておられる方も多く、葬儀も身内のみで済ませるつもりであったが、そうはいかないところも多々出てくる。

この方にはどうしても知らせたい。とか、個人的なお付き合いのため、かつての学校や職場等の誰からも連絡できない方等、付き合いの形は様々である。

 父の世代になるとメールよりもやはり、手紙や電話の活用が主である。

「○○さんには知らせた方がいいけど、連絡先がわからない。」とか、父が書き留めていた住所録にある電話番号が、現在は使われていない方もいた。そこで父の部屋から古い年賀状を探しだし、住所から電話を調べたり、はがきでお知らせさせていただいた方もいる。

 最近ではプライバシーの保護から様々な集まりでも名簿を作成しないことも多いし、SNS等様々な方法でつながっている方も多い。しかしやはり、手元に残るものが役立つ。

 1年に1度、お世話になった方や友人を思い出すのも楽しいことだ。そして普段は面倒なのでやりたくはないが、住所等をまとめることも重要である。

嫌々パソコンに入力し、管理していた父関連の住所の一覧が、時間のない葬儀の準備に役に立った。だからこそ、もう少し年賀状でわかる情報を入力しておけばよかったと、後悔…、遅いけれど。

できれば年賀状の整理をする際、どのような関係なのか、自分が亡くなったときに連絡を入れるべきなのかを整理しておいてもらえると大変助かる。

縁起でもないことと、怒られるかもしれないが、付き合いの程は本人同士のみぞ知ることであるからだ。

 

関連記事

介護のほんねニュースに 父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした

記事を読む

○介護者:40歳代女性  要介護者:70歳代父 【相談内容】 健康診断で腫瘍が見つかり検査

記事を読む

敬老の日に

 内閣府のホームページによると、敬老の日とは【9月の第3月曜日、多年にわたり社会につくしてきた老

記事を読む

どうする?8月からの介護保険

 2015年8月から一定以上の所得のある高齢者が介護保険サービス負担額を利用した時の自己負担割合

記事を読む

本年もよろしくお願いいたします

旧年中は大変お世話になりました。 本年も引き続き、変わらぬご愛顧をいただきますようよろしくお願

記事を読む

介護が必要となった原因について

介護がいつから必要になるかはわかりませんが、病気が入り口となることも多くあります。 下記の表は

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~③

葬儀は誰のために行うのか?  葬儀は家族のみで行う。と何時の頃からか決めていた。  我が家の

記事を読む

もしかして認知症?

   親の様子がおかしい? 最近人の名前が出てこなかったり、同じことを何度も聞いた

記事を読む

ウェブマガジン【doppo】に新しいコラムが掲載されます

テーマは『介護で起こるかもしれないこと』です。 http://doppo.me/koro-po

記事を読む

ケアされ上手はお得です!

 介護する側、される側。どちらも同じ人間です。大事なのはどんな状況であれ、思いやりやコミュニケーショ

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑