介護、その後~いつか来るその日のために~②

公開日: : お知らせ, コラム

② 遺影撮影<一番の笑顔を>

そういえば最近、きちんと写真を撮ったことがない。

昔よりデジタルカメラや携帯電話のカメラ機能により写真が手ごろになった分、きちんとした写真が少なく、そしてデータに入っているけれど、普段の顔の写真が多い気がする。

1265304868531b1678edb590a3a91924_s昔、自分が小さい頃は七五三、入学式等々行事のたびに家族と一緒に写真屋さんで撮影をしてもらっていた。そして街に必ず写真屋さんがあった。映画のワンシーンのようにショウウィンドウに様々な記念写真が飾られていた。そんな風景も少なくなってきた。

 ノスタルジックに昔を懐かしみたいのではない。ちょっと現実的な、そしてしておけばよかったと、痛切に思った話である。

 

誰かの葬儀の準備で必ず出てくる会話。

「遺影に使う写真、何かない?」

 武骨で背中で人生を語っていたようなおじいちゃんも、リベラルなのおじいちゃんも、あんなにおしゃれだったおばあちゃんも、90歳で大往生のおばあちゃんも、そして父も遺影の写真も、、、とても残念である。

特に昔の人は、写真が少ない上に、年を取ればとるほど写真に写りたがらない。写っていても、遺影に向く表情ではなかったり、集合写真で小さかったり。

 遺影を撮影してくれる写真館や人物の写真を撮ってくれる写真屋さんのことがテレビ・新聞・雑誌に出てくるたび、撮っておこうと両親に話をしていた。残念ながら父の時はそれをすることはなかったが。

 タイミングを逸してしまったことと、何時がいいタイミングかつかめなかったからもある。結局父の遺影は仕事を定年退職する少し前、だから享年から考えると大分若い!写真を使用した。本人としては満足かも!?

 あまり体が丈夫ではなかった父は定年退職後、何度か病気をし、入退院を繰り返している。その頃の写真を見ると、顔がむくんでいたり、痩せていたり、見返すと一目でやっぱり病人なのだ。病気や老いは表情を変えてしまう。

 だから、 いつでもいいなら今はどう?

だってその時が一番いいときかは、最期を迎えてみないと、そして本人しかわからないと思うから。

 だからこそ、何枚あってもその時の思い出として、家族写真や一番の笑顔の写真を時々、記念に撮っておくのは悪くない!

 

父の経験をふまえ、母に進めたところ、1~2年前の写真を見ながら、あの時はもっと若かったのに!と、これまたタイミングが難しそうではあるが。

 特に女性の皆様、数年前の若さは戻ってきません!そういっている間に時間が過ぎてしまいます。だから、今!をとっておきませんか?

今の笑顔が一番素敵です!人生を重ねた日々を知る今が。

 

関連記事

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

ケアされ上手はお得です!

 介護する側、される側。どちらも同じ人間です。大事なのはどんな状況であれ、思いやりやコミュニケーショ

記事を読む

介護に関する情報収集について

親に介護が必要になった。というときは、急なことでバタバタすることが多い。兆候がある場合も多いが、介護

記事を読む

え?覚えないの???

 地域活動の特別養護老人ホームボランティアをされている素敵な人生の先輩方にお会いしました。 た

記事を読む

高い声?低い声?

高齢の方と話す時、どんな声のトーンで話しているか?自分で意識したことがあるだろうか。 大きな声

記事を読む

○介護者:40歳代女性  要介護者:70歳代父 【相談内容】 健康診断で腫瘍が見つかり検査

記事を読む

骨のお話

 父を荼毘にふしたとき、判明したことがある。斎場の係の人がビックリするくらい、父の骨は丈夫でしっ

記事を読む

介護の先を考える

死後のこと、考えたことがありますか? 散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきて

記事を読む

doppoにて新しい連載始めます!

1年に渡り介護についてのコラムを書かせていただいていたウェブマガジン【doppo】にて新しい連載のお

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑