筋肉量が大事!

公開日: : お知らせ, コラム

 2015年2月24日火曜日の朝日新聞の記事に、【筋肉量少ないと死亡率2倍】の記事が出ていた。

記事によると、筋肉量が少ない高齢の男性は死亡率が2倍に上がるという調査結果を厚生労働省研究班がまとめた。筋肉量が少ないと全身が衰えて免疫力や抵抗力が落ち、肺炎など呼吸器の病気になる可能性が高まるのではないかと分析している。被験者を12年間追跡し、筋肉量が標準値の8割より多い人と少ない人のグループに分けて調べたところ、死亡率は年齢などのほかの影響を除いても、筋肉量が少ない人の方が1.9倍高かったそうだ。死因別でみると、肺炎や慢性閉塞性肺疾患など呼吸器の病気が2.6倍高いらしい。女性の調査も行われたが、明確な差は出なかったようだ。もともと筋肉が少なく加齢に伴う筋肉量低下が男性より緩やかなためとみられている。「日常生活の中で少しでも体を動かし、筋肉を維持してほしい」と調査した広島原爆障害対策協議会健康管理・増進センター所長の藤枝佐枝子氏は話している。112406

 

近年では通勤におけるウォーキングなどの時間を増やすことで、肥満や糖尿病の割合が減るという研究成果も発表されている(インペリアルカレッジロンドン)。

また、手術を受けた後はできるだけ早くリハビリを行い、寝たきりや筋力低下のリスクをなるだけ避けるようになってきている。

 

筋肉量というと、歩いたり、物を動かすためのものと考えてしまいがちだが、呼吸器や免疫力にも影響がある。できるだけ寝たきりにならないように、日常生活に取り入れられる小さなことを今から習慣づけておくことが大切である。

通勤をしているのなら、少し遠回りをして歩く距離を増やすとか、通勤がなくなった世代であれば、時間を決めて運動をしたり、ちょっと遠回りして買い物に行くなど工夫をしてみてはどうか?

歩くことは身体面にも精神面にも効果がある。

できるだけ長く健康でいるために、小さな習慣をつくっておくことも大切ではないだろうか。

関連記事

仕事と介護~介護離職しないために~

 ① 厚生労働省の取り組み  高齢者人口の増加と共に、介護保険制度上の要支援・要介護認定者数は

記事を読む

【介護のほんね】に第2回寄稿文(中編)掲載されています

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~父親の介護。会社の休みはどう取ったらいいの? 掲載され

記事を読む

介護施設の倒産

今年4月に介護報酬が引き下げに。報酬が引き下げられるということは、同じサービスを提供しても収入が

記事を読む

高齢者と詐欺

 先日のニュースで高齢者の詐欺がいまだに多いというニュースを見ました。   『

記事を読む

8月21日(木)開催・仕事と介護の「両立」 介護情報交換会に講師として参加します!

  講師として参加することになりました! 一般の方の参加も可能です。 ご興味があ

記事を読む

介護の先を考える

死後のこと、考えたことがありますか? 散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきて

記事を読む

介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

           

記事を読む

2015年の夏に思うこと

 小学校中学年の頃、自分の住んでいる地域の歴史について、誰かにインタビューをするようにという宿題

記事を読む

ケアする人にもケアを!  

  このたびの台風の影響で被害にあわれた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。 &

記事を読む

年を重ねると? 

 半分本気で半分は?で思うことは、“年を重ねることは侮れない”である。生きてきた年月が違うし生きてき

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑