筋肉量が大事!

公開日: : お知らせ, コラム

 2015年2月24日火曜日の朝日新聞の記事に、【筋肉量少ないと死亡率2倍】の記事が出ていた。

記事によると、筋肉量が少ない高齢の男性は死亡率が2倍に上がるという調査結果を厚生労働省研究班がまとめた。筋肉量が少ないと全身が衰えて免疫力や抵抗力が落ち、肺炎など呼吸器の病気になる可能性が高まるのではないかと分析している。被験者を12年間追跡し、筋肉量が標準値の8割より多い人と少ない人のグループに分けて調べたところ、死亡率は年齢などのほかの影響を除いても、筋肉量が少ない人の方が1.9倍高かったそうだ。死因別でみると、肺炎や慢性閉塞性肺疾患など呼吸器の病気が2.6倍高いらしい。女性の調査も行われたが、明確な差は出なかったようだ。もともと筋肉が少なく加齢に伴う筋肉量低下が男性より緩やかなためとみられている。「日常生活の中で少しでも体を動かし、筋肉を維持してほしい」と調査した広島原爆障害対策協議会健康管理・増進センター所長の藤枝佐枝子氏は話している。112406

 

近年では通勤におけるウォーキングなどの時間を増やすことで、肥満や糖尿病の割合が減るという研究成果も発表されている(インペリアルカレッジロンドン)。

また、手術を受けた後はできるだけ早くリハビリを行い、寝たきりや筋力低下のリスクをなるだけ避けるようになってきている。

 

筋肉量というと、歩いたり、物を動かすためのものと考えてしまいがちだが、呼吸器や免疫力にも影響がある。できるだけ寝たきりにならないように、日常生活に取り入れられる小さなことを今から習慣づけておくことが大切である。

通勤をしているのなら、少し遠回りをして歩く距離を増やすとか、通勤がなくなった世代であれば、時間を決めて運動をしたり、ちょっと遠回りして買い物に行くなど工夫をしてみてはどうか?

歩くことは身体面にも精神面にも効果がある。

できるだけ長く健康でいるために、小さな習慣をつくっておくことも大切ではないだろうか。

関連記事

幕の引き方

旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

記事を読む

サービスは使っておいたほうがいい

ご相談で多いのが介護者の急な病気の相談。実はちょっと厄介な問題でもあるのです。介護保険サービスを使っ

記事を読む

介護者30代男性、要介護者50代お母様の場合

   ○介護者:30歳代男性  要介護者:50歳代母 【相談内容】 お母様のが

記事を読む

もしかして認知症?

   親の様子がおかしい? 最近人の名前が出てこなかったり、同じことを何度も聞いた

記事を読む

介護者の病気

 介護する側が病気になると大変である。 ただでさえ介護があるのに病気の自分の面倒も見なけれ

記事を読む

親の老い 自分の老い

 自分が今の親の年齢になった時、自分はどのような晩年をどのように過ごしたいのか、考えたことはあり

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

no image

エポック10 フェスタ2016に参加させていただきました!

豊島区男女平等推進センター(エポッ10)にいておいて開催されたエポック10フェスタ2016に女性未来

記事を読む

寝れる。。太る。。。。。

父が亡くなり、変化といえば、寝られる、そして太った…。逆に言えば、介護が必要な時は寝られない。。寝て

記事を読む

doppoにて新しい連載始めます!

1年に渡り介護についてのコラムを書かせていただいていたウェブマガジン【doppo】にて新しい連載のお

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑