筋肉量が大事!

公開日: : お知らせ, コラム

 2015年2月24日火曜日の朝日新聞の記事に、【筋肉量少ないと死亡率2倍】の記事が出ていた。

記事によると、筋肉量が少ない高齢の男性は死亡率が2倍に上がるという調査結果を厚生労働省研究班がまとめた。筋肉量が少ないと全身が衰えて免疫力や抵抗力が落ち、肺炎など呼吸器の病気になる可能性が高まるのではないかと分析している。被験者を12年間追跡し、筋肉量が標準値の8割より多い人と少ない人のグループに分けて調べたところ、死亡率は年齢などのほかの影響を除いても、筋肉量が少ない人の方が1.9倍高かったそうだ。死因別でみると、肺炎や慢性閉塞性肺疾患など呼吸器の病気が2.6倍高いらしい。女性の調査も行われたが、明確な差は出なかったようだ。もともと筋肉が少なく加齢に伴う筋肉量低下が男性より緩やかなためとみられている。「日常生活の中で少しでも体を動かし、筋肉を維持してほしい」と調査した広島原爆障害対策協議会健康管理・増進センター所長の藤枝佐枝子氏は話している。112406

 

近年では通勤におけるウォーキングなどの時間を増やすことで、肥満や糖尿病の割合が減るという研究成果も発表されている(インペリアルカレッジロンドン)。

また、手術を受けた後はできるだけ早くリハビリを行い、寝たきりや筋力低下のリスクをなるだけ避けるようになってきている。

 

筋肉量というと、歩いたり、物を動かすためのものと考えてしまいがちだが、呼吸器や免疫力にも影響がある。できるだけ寝たきりにならないように、日常生活に取り入れられる小さなことを今から習慣づけておくことが大切である。

通勤をしているのなら、少し遠回りをして歩く距離を増やすとか、通勤がなくなった世代であれば、時間を決めて運動をしたり、ちょっと遠回りして買い物に行くなど工夫をしてみてはどうか?

歩くことは身体面にも精神面にも効果がある。

できるだけ長く健康でいるために、小さな習慣をつくっておくことも大切ではないだろうか。

関連記事

Ewel様情報交換会に参加いたしました。

○前半のミニセミナーにて<仕事と介護を続けていくための地域サービス活用術>をご紹介いたしました。

記事を読む

介護と自分の健康

この季節になると、風邪薬の広告が目に付き、インフルエンザの予防接種ことが聞かれるようになる。父の

記事を読む

ひとりを楽しむ、アラフォー・40代独身女性 「ソロネーゼ」 のWEBマガジン【doppo】に新し

記事を読む

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

介護のほんねニュースに寄稿が載ります!

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした 先週に引き続き

記事を読む

幕の引き方

旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

記事を読む

エポック10フェスタ2016参加報告

 2016年6月11日に豊島区男女平等推進センターで行われたエポック10フェスタ2016にパネラーと

記事を読む

どうする?8月からの介護保険

 2015年8月から一定以上の所得のある高齢者が介護保険サービス負担額を利用した時の自己負担割合

記事を読む

【doppo】にコラムが掲載されました!

ウェブマガジン【doppo】にコラムが掲載されました! 介護が終わって考えること | ひと

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑