地域活用術

公開日: : お知らせ, コラム

介護保険法の改正もあり、ますます需要が高くなってくると思い地域について考えてみなした。

元気なうちは活動範囲も広く好きなところに行くこともできますし、 ‘地域’に関して関心がないかもしれません。

0b4acff97deb3f6da87de494e8d3e893_m気になるのは子育ての頃と高齢になってからが地域との関係が多くなってくると思います。暮らしの身近にどんなサービスがるのか、ちょっと関心を向けておくと、いざというとき役に立つことも多くあります。

 

 高齢になり、在宅での暮らしに不安を覚えたり、手助けが必要になった時に使える介護保険制度ですが、そこそこ元気とか、要支援もしくは自立と認定せれると使えるサービスが限られてきます。

 そこで知っておきたいのがボランティアや住民相互の助け合いなどの活動です。地域の社会福祉協議会やボランティアセンターで運営しているも、町内会やボランティアが独自で運営しているものなど、形態は様々です。買い物の援助や少額で掃除などをしてくれるもの、相互にできることに参加するシステムなどもあり、自分に合ったものを使ったり、また、協力する側としてできることに参加するのも、友達ができたり、生き甲斐になっていくことも。

 

 おすすめはリタイアした時や、仕事をしていても休日を利用して簡単な地域の活動に参加してみることです。

まずは自治体等で募集している無理のない範囲で参加できる活動に参加してみる。他の参加者やボランティア、自治体の職員等様々な人とかかわることで情報交換できたり、普段は利用しない施設に足を運んだり、無理せず自分の住んでいる地域や区市町村の情報を知ることができます。

 

面倒くさいかもしれませんが、介護が必要になった時、地域の仲間がいると施設や事業所の情報も交換できます。どんなにSNSで情報を収集できるとしてもやはり【口コミ】はローカルな情報の収取には一番だと思います。

 

介護保険を利用する条件がもっと厳しくなることも十分に考えられます。

そしてやはり、元気で1日でも楽しく過ごせるように自分らしく‘地域’を知っておくことも。

 

関連記事

【介護のほんね】に第2回寄稿文(中編)掲載されています

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~父親の介護。会社の休みはどう取ったらいいの? 掲載され

記事を読む

私のキャリア&ケア(1)

 思い返せばすでに15年。  縁あって2000年から福祉関連の道を進むことに。  

記事を読む

幕の引き方

旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

記事を読む

≪介護保険を申請する≫認定調査の心得

面接調査は要介護認定に直接つながる。状況をきちんと伝えることが大切。   &n

記事を読む

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

112歳!!

   存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定

記事を読む

doppoにて新しい連載始めます!

1年に渡り介護についてのコラムを書かせていただいていたウェブマガジン【doppo】にて新しい連載のお

記事を読む

最善の方法は?

 最寄駅から自宅に向かって歩いていたとき、高齢の女性とそれを支える若い女性とすれ違った。スーパー

記事を読む

終活ミーティングのススメ

 旧盆のこの時期、帰省したり、家族が集まる機会があるのではないでしょうか。 そんな時、せっかく集まっ

記事を読む

在宅介護でお世話になる方々

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。 仕事として見ているとあま

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑