公開日: : お客様の声, お知らせ

○介護者:40歳代女性

 要介護者:70歳代父

【相談内容】

健康診断で腫瘍が見つかり検査をしたところ悪性とわかり手術となった。開腹したところ、摘出は難しく、残りの時間の過ごし方について家族で話し合う様に言われた。

今までご両親も元気だったので、病気や介護に関する知識や経験もなく、全くどうしていいのかもわからない。在宅での介護が可能なのか、そのためには何をどこから始めればいいのかさえ分からない。医者から数か月の時間しかないといわれたが、葬儀に関する細々したこと等、何がわからないのかを整理し、考えたい。

 db70c9fa90adae2ab64c4cb61a653f31_s

【相談後・アドバイス】

限られた時間であることを覚悟するために数回のセッションを行い、自分の気持ちやご両親のそれぞれの考え等を一緒に整理しました。

急性期のリハビリや退院後の在宅での介護等考えられることや状況と気持ちの整理や知識面でのサポートを行いました。

終末をむかえられ葬儀社の選定、どこまで知らせるか等のサポート。

終わってからこれからどうしたいのか、葬儀に来ていただいた方へのお返しやこれからの自分の気持ちの整理についてサポートを継続中。

どうしていいのかわからないことを気兼ねなくご質問いただき、必要と思われる一般的な事柄について返答させていただきながら、最期を迎えるにあたり一緒に考えていきました

急な病気の発見と対応について何もかもが初めてのことなので、どうしたらいいのか全く分からない状況でどうしていいのか、漠然としているので病院に聞けること、介護保険に関する情報、そして自分自身がどのように覚悟をするのか・した方がいいのか等無理せず考えられるようサポートさせていただきました。

 

【感想】

手術後すぐにリハビリがはじまったり、残りの時間の少なさに何をどうすればいいのか全く分からない状況。親戚には「一人っ子なんだから、あなたがしっかりしなさい」といわれるが、その時が来たらたぶんするから、今から言われてもできないし、どうしたらいいのか全く分からないので、しなければならないことを整理できてありがたかったです。

 

※いただいた感想等をご本人の了承を得てまとめなおしたものを掲載しています。

 

関連記事

10年の月日にて

父が亡くなって、約3か月。新盆もすみあっという間。時間が経つのは早いものだ、と、妙に思う。別にそ

記事を読む

no image

ニュースより『三流の患者』?

気になる記事を見つけたのでご紹介します。お医者様が書かれた本のご紹介。最良の医療にたどり着ける、それ

記事を読む

私のキャリア&ケア(1)

 思い返せばすでに15年。  縁あって2000年から福祉関連の道を進むことに。  

記事を読む

<doppo>第3回コラムが掲載されました

<doppo>に第2回コラムが掲載されました。 今回のテーマは「介護のおかげで、とにかく予定が立

記事を読む

高齢者と悪質商法

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース  

記事を読む

オレンジリングを知っていますか?

 「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「

記事を読む

介護施設の倒産

今年4月に介護報酬が引き下げに。報酬が引き下げられるということは、同じサービスを提供しても収入が

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~③

葬儀は誰のために行うのか?  葬儀は家族のみで行う。と何時の頃からか決めていた。  我が家の

記事を読む

終活ミーティングのススメ

 旧盆のこの時期、帰省したり、家族が集まる機会があるのではないでしょうか。 そんな時、せっかく集まっ

記事を読む

覚悟の仕方?

 親に介護が必要となったとき、あなたはどうしますか? 自分も親もまだそんな年齢ではないし、まだ

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑