‘サ高住’

公開日: : お知らせ, コラム

ネットの検索エンジンに‘サ高住’と入れるとちゃんと検索できるんです!

何のことかわかりますか?

‘サービス付き高齢者住宅’のことだそうです。

 

もちろん、サービス付き高齢者住宅のことは知っていましたが、最近は‘サ高住’と略して呼ぶばれることは知りませんでした。

 

介護をしている中で考えるのが施設への入所。8d878766d02599e38882637b55208e72_m

住み慣れた地域を離れる・費用が掛かる・入居までに時間がかかる・要介護者・介護者を含め家族の意見が一致しない等々阻害要因も多くあります。

また、独居の方等はこれから終末までの過ごし方としてどのようにするのか、施設への入居でも最近は価格・形態・システム等様々にあるようです。

 

超高齢社会と呼ばれるている時代、サ高住が多様化しているところが増えているそうです。高齢者だけではなく多世代の入居者が居住できるようになっていたり、巨大な団地の空き部屋を改装したり、リハビリ施設を併設したり、若者世代のようにシェアハウス的なところがあったり等と、様々なシルバーライフが楽しめるようです。

メリットとしては高齢者でも契約できる・住みやすい・住み慣れた地域で自由に暮らせる等があげられます。

デメリットとしては家賃が高め・重度の介護状態では基本的には住み続けられない等あるようです。

できるだけ住み慣れた思い出のある家で過ごさせてあげたい・家族と一緒に暮らしたい…、それぞれの思いもあると思いますが、新しい環境になれるのにもコミュニティに入っていくのも気力や体力がいるものです。

少し余裕をもって家族のそして自分の老後を考えておくことも大切なことだと思います。時間がある時にでも近くのサ高住を見学してみては。

 

 

 

関連記事

介護のほんねに寄稿文が掲載されています

http://news.kaigonohonne.com/article/679 9月1日

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

【doppo】にコラムが掲載されました!

ウェブマガジン【doppo】にコラムが掲載されました! 介護が終わって考えること | ひと

記事を読む

介護のほんねニュースに 父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした

記事を読む

ケアされ上手はお得です!

 介護する側、される側。どちらも同じ人間です。大事なのはどんな状況であれ、思いやりやコミュニケーショ

記事を読む

10年の月日にて

父が亡くなって、約3か月。新盆もすみあっという間。時間が経つのは早いものだ、と、妙に思う。別にそ

記事を読む

高齢者と悪質商法

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース  

記事を読む

死んでから!?

問題です。①~⑦は何から変身したのでしょうか? 鉛筆 標識 ダイヤモンド 弾

記事を読む

仕事と介護~介護離職しないために~③

 しかっかり元気なうちに方針を決める   サスペンスによくある、とてもいい家族に見えて実は…。

記事を読む

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑