‘サ高住’

公開日: : お知らせ, コラム

ネットの検索エンジンに‘サ高住’と入れるとちゃんと検索できるんです!

何のことかわかりますか?

‘サービス付き高齢者住宅’のことだそうです。

 

もちろん、サービス付き高齢者住宅のことは知っていましたが、最近は‘サ高住’と略して呼ぶばれることは知りませんでした。

 

介護をしている中で考えるのが施設への入所。8d878766d02599e38882637b55208e72_m

住み慣れた地域を離れる・費用が掛かる・入居までに時間がかかる・要介護者・介護者を含め家族の意見が一致しない等々阻害要因も多くあります。

また、独居の方等はこれから終末までの過ごし方としてどのようにするのか、施設への入居でも最近は価格・形態・システム等様々にあるようです。

 

超高齢社会と呼ばれるている時代、サ高住が多様化しているところが増えているそうです。高齢者だけではなく多世代の入居者が居住できるようになっていたり、巨大な団地の空き部屋を改装したり、リハビリ施設を併設したり、若者世代のようにシェアハウス的なところがあったり等と、様々なシルバーライフが楽しめるようです。

メリットとしては高齢者でも契約できる・住みやすい・住み慣れた地域で自由に暮らせる等があげられます。

デメリットとしては家賃が高め・重度の介護状態では基本的には住み続けられない等あるようです。

できるだけ住み慣れた思い出のある家で過ごさせてあげたい・家族と一緒に暮らしたい…、それぞれの思いもあると思いますが、新しい環境になれるのにもコミュニティに入っていくのも気力や体力がいるものです。

少し余裕をもって家族のそして自分の老後を考えておくことも大切なことだと思います。時間がある時にでも近くのサ高住を見学してみては。

 

 

 

関連記事

国際福祉機器展2015へ行ってきました

  昨年に引き続き、東京ビックサイトで開催されている“国際福祉機器展”へ行ってきました。 広い会場に

記事を読む

本年もよろしくお願いいたします

旧年中は大変お世話になりました。 本年も引き続き、変わらぬご愛顧をいただきますようよろしくお願

記事を読む

ホームページ開設いたしました。

昨年の6月10日、POLE・STAR株式会社を立ち上げ、 1年後の今年6月10日ホームページを開

記事を読む

在宅介護の負担

  負担を感じていませんか?  介護の負担感を抱えているのは自分だけと思っていませ

記事を読む

幕の引き方

旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

記事を読む

父介護:2005年秋から2014年春

2014年4月下旬、父は長い在宅での介護の末、享年80歳で永眠いたしました。4月の上旬の入院

記事を読む

親の老い 自分の老い

 自分が今の親の年齢になった時、自分はどのような晩年をどのように過ごしたいのか、考えたことはあり

記事を読む

高齢化と免許

 最近よく耳にするニュースの一つが高齢者による自動車事故。認知症と診断された人が運転をしてガードレー

記事を読む

介護施設の倒産

今年4月に介護報酬が引き下げに。報酬が引き下げられるということは、同じサービスを提供しても収入が

記事を読む

介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

           

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑