高齢者と悪質商法

公開日: : お知らせ, コラム

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース

 

年々巧妙化し、残念ながらこれからもますます社会問題になっていくと思われる。

【催眠商法】聞いたことがありますか?8be5b584236f1c1943296befa2702767_m

 

試供品やプレゼント等を配布するというチラシ等を配り、会場に人を集めます。

そして健康グッズや食品などを安く楽しい雰囲気の中で売っていき最後は高額な商品を買せるというもの。

最近は友達を連れて行くと特典がある・ためになるセミナー等の話を聞ける・次の日に使える割引券をもらえる等、ますます巧妙化しているようだ。

参加する高齢者も孫のような年代の人たちとのおしゃべり・健康のことなどよく話を聞いてくれる・出かけるところができる等、近所の人とはあまり付き合いもなく、外出する機会も少ない。これらは社会から孤立している状況を浮き彫りにしているともいえる。

 

誰かと話をしたい、役に立ちたい、他愛もないおしゃべりをしたい、様々な年代の人たちと交流を持ちたい等、思うことは誰でも一緒だと思うが、定年退職したり、年齢が上がるほど、そのようなふれあいはどんどんなくなってしまう。

 

そんな時に話し相手やふれあいのきっかけで出来たとしたら、参加してみたい、できるだけ長くかかわっていたいと思ってしまうのはしかたがない。

 

地域の中で交流していくことが大事と事あるごとに言われるが、関わりやきっかけがないところにすぐに関心を向けるのは難しいもの。そして、年を取ると行動範囲が徐々に狭くなっていく。

自分の住んでいる市区町村について少し知っておくこと、仲間づくりはできれば気力も体力もあるうちに区の講座や地域のボランティアに参加しておくこともいいのでは。

地域の活動に参加することは災害が起きた時や防犯にも役に立つこともあると思う。介護保険サービス等を利用する時の情報収集にも役に立つ。情報もネットワークもわずらわしいこともあるが、役に立つこともある。

関連記事

8月21日(木)開催・仕事と介護の「両立」 介護情報交換会に講師として参加します!

  講師として参加することになりました! 一般の方の参加も可能です。 ご興味があ

記事を読む

10年後の介護…。

 有識者らでつくる民間研究機関「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)は4日、今後10年で東京

記事を読む

ひとりを楽しむ、アラフォー・40代独身女性 「ソロネーゼ」 のWEBマガジン【doppo】に新し

記事を読む

サービスは使っておいたほうがいい

ご相談で多いのが介護者の急な病気の相談。実はちょっと厄介な問題でもあるのです。介護保険サービスを使っ

記事を読む

介護と仕事~介護離職しないために~③

 平成24年総務省就業構造基本調査によると平成19年10月~平成24年9月までに家族の介護・看護

記事を読む

覚悟の仕方?

 親に介護が必要となったとき、あなたはどうしますか? 自分も親もまだそんな年齢ではないし、まだ

記事を読む

鬼と一緒に風邪等も!

‘福は内。鬼は外。’ 節分に豆をまいて、禍(鬼)は外へと追い払う。 一番寒いこの時期は風

記事を読む

最善の方法は?

 最寄駅から自宅に向かって歩いていたとき、高齢の女性とそれを支える若い女性とすれ違った。スーパー

記事を読む

介護の先を考える

死後のこと、考えたことがありますか? 散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきて

記事を読む

○介護者:40歳代女性  要介護者:70歳代父 【相談内容】 健康診断で腫瘍が見つかり検査

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑