高齢者と悪質商法

公開日: : お知らせ, コラム

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース

 

年々巧妙化し、残念ながらこれからもますます社会問題になっていくと思われる。

【催眠商法】聞いたことがありますか?8be5b584236f1c1943296befa2702767_m

 

試供品やプレゼント等を配布するというチラシ等を配り、会場に人を集めます。

そして健康グッズや食品などを安く楽しい雰囲気の中で売っていき最後は高額な商品を買せるというもの。

最近は友達を連れて行くと特典がある・ためになるセミナー等の話を聞ける・次の日に使える割引券をもらえる等、ますます巧妙化しているようだ。

参加する高齢者も孫のような年代の人たちとのおしゃべり・健康のことなどよく話を聞いてくれる・出かけるところができる等、近所の人とはあまり付き合いもなく、外出する機会も少ない。これらは社会から孤立している状況を浮き彫りにしているともいえる。

 

誰かと話をしたい、役に立ちたい、他愛もないおしゃべりをしたい、様々な年代の人たちと交流を持ちたい等、思うことは誰でも一緒だと思うが、定年退職したり、年齢が上がるほど、そのようなふれあいはどんどんなくなってしまう。

 

そんな時に話し相手やふれあいのきっかけで出来たとしたら、参加してみたい、できるだけ長くかかわっていたいと思ってしまうのはしかたがない。

 

地域の中で交流していくことが大事と事あるごとに言われるが、関わりやきっかけがないところにすぐに関心を向けるのは難しいもの。そして、年を取ると行動範囲が徐々に狭くなっていく。

自分の住んでいる市区町村について少し知っておくこと、仲間づくりはできれば気力も体力もあるうちに区の講座や地域のボランティアに参加しておくこともいいのでは。

地域の活動に参加することは災害が起きた時や防犯にも役に立つこともあると思う。介護保険サービス等を利用する時の情報収集にも役に立つ。情報もネットワークもわずらわしいこともあるが、役に立つこともある。

関連記事

【介護のほんね】に第2回寄稿文(中編)掲載されています

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~父親の介護。会社の休みはどう取ったらいいの? 掲載され

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

≪介護保険を申請する≫認定調査の心得

面接調査は要介護認定に直接つながる。状況をきちんと伝えることが大切。   &n

記事を読む

ウェブマガジン【doppo】に新しいコラムが掲載されます

テーマは『介護で起こるかもしれないこと』です。 http://doppo.me/koro-po

記事を読む

寝れる。。太る。。。。。

父が亡くなり、変化といえば、寝られる、そして太った…。逆に言えば、介護が必要な時は寝られない。。寝て

記事を読む

最善の方法は?

 最寄駅から自宅に向かって歩いていたとき、高齢の女性とそれを支える若い女性とすれ違った。スーパー

記事を読む

ホームページ開設いたしました。

昨年の6月10日、POLE・STAR株式会社を立ち上げ、 1年後の今年6月10日ホームページを開

記事を読む

本年もよろしくお願いいたします

旧年中は大変お世話になりました。 本年も引き続き、変わらぬご愛顧をいただきますようよろしくお願

記事を読む

覚悟の仕方?

 親に介護が必要となったとき、あなたはどうしますか? 自分も親もまだそんな年齢ではないし、まだ

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑