10年後の介護…。

公開日: : お知らせ, コラム

 有識者らでつくる民間研究機関「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)は4日、今後10年で東京など1都3県の「東京圏」の介護需要が45%増えて施設と人材の不足が深刻になるとの推計を発表した。対策として、高齢者の地方移住などを提言。具体的な候補地として医療・介護に余力のある26道府県の全国41地域を挙げた(朝日新聞デジタル 2015年6月4日)

 

 厚生労働省の調査によると要介護認定を受け始める平均年齢が75歳、認知症高齢者のグループホームを利用している人の半数以上が85歳となっている。

10年後の2025年には団塊の世代が後期高齢者である75歳になり、20年後には85歳となる。

そうなってくると介護需要が増え施設と人材不足の深刻さは十分考えられることである。ただでさえ待機者が多い入居系の施設に入居するのは難しくなることが予想される。36d65903cc63c84d2490ab4e0e2f93ba_m

働きながらの介護、現在65歳までの親を持っているのであれば、どこで・どのように・どうやって介護をするかできるだけ早く考えておいた方がいいと、言える。しかし、そうは言っても現実は難しい。

住み慣れた地域でできるだけ暮らしていきたい。家族や親戚などが無理なく来られる範囲に生活していくことができれば等々情報と共に未来を考えていけることがいいのだとは思う。

 

離れて暮らす親を引き取る、親の介護のために故郷に帰る、高齢者住宅に入る等選択肢は様々であるが、確かなことは生活環境が変わり新たな環境の中になじんでいくにはエネルギーも時間もかかり、歳を重ねる程大変になる。

 

誰にとってもかけがえのない人生。どのような高齢期を過ごしたいのか、どこでどのように終末を迎えるのか、迎えたいのか考えておくこともこれからの時代を生きるためには必要なことかもしれない。

 

関連記事

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

【期間限定】募集のお知らせ~自分のキャリアと親の介護を両立するためのマイライフマネジメントセッション~

POLE・STAR設立2周年記念! 【期間限定】募集期間:6月12日~6月20日   ~自分

記事を読む

ちょっと待って!その改修工事

 親が高齢になってきて、玄関やお風呂場等に手すりを付けた方がいいかな?とか、和式のトイレが大変そ

記事を読む

介護に関する情報収集について

親に介護が必要になった。というときは、急なことでバタバタすることが多い。兆候がある場合も多いが、介護

記事を読む

鬼と一緒に風邪等も!

‘福は内。鬼は外。’ 節分に豆をまいて、禍(鬼)は外へと追い払う。 一番寒いこの時期は風

記事を読む

救急救命法講座を受講しました!

 救急救命法の講座を受けたことがありますか? 運転免許証の講習の時に受講したことがある、仕事柄

記事を読む

まさか?車いすに乗れない!!

 父は車いすに乗れなかった。   もちろん車いすにライセンスは必要ない。なんというかセンスがな

記事を読む

サービスは使っておいたほうがいい

ご相談で多いのが介護者の急な病気の相談。実はちょっと厄介な問題でもあるのです。介護保険サービスを使っ

記事を読む

寝れる。。太る。。。。。

父が亡くなり、変化といえば、寝られる、そして太った…。逆に言えば、介護が必要な時は寝られない。。寝て

記事を読む

Ewel様情報交換会に参加いたしました。

○前半のミニセミナーにて<仕事と介護を続けていくための地域サービス活用術>をご紹介いたしました。

記事を読む

PREV
NEXT
お問い合わせ
PAGE TOP ↑