オレンジリングを知っていますか?

公開日: : お知らせ, コラム

 「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」となり、その目印となるのがオレンジリングです。オレンジリング

 

 

 

 

 

講座を受けたからと行って何かをしなければならないことはなく、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族をあたたかく見守る応援者となるのです。もし、街で困っている人を見かけた時等オレンジリングを身に着け、自分ができる範囲で声がけなどの活動をすればいいのです。

認知症サポーターには、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの従業員、小・中・高等学校の生徒など様々な方がいて、平成27年3月末現在で認知症サポーター数は6,108,573人になっているそうです。

 

認知症サポーターに期待されることは下記の通りです。(厚生労働省HPより)

1.認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。

2.認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。

3.近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。

4.地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。

5.まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

 

 2025年には認知症の患者数が700万人を超え、5人に1人は認知症に罹患する計算だといわれています。

本やネット等様々な形で情報を知ることができますが、人によって認知症と一口に言ってもその日により症状違ったり、受け答えだけではわかりにくい等の様々な症状があります。

 そこで、自治体等が主催する「認知症サポーター講座」があったら、ぜひ参加することをお勧めする。数時間の講座で認知症に対しての知識や地域での取り組み等を知ることができるからです。

 介護は様々な社会的状況から孤立しがちです。できるときに様々な情報を得ること,地域を知っておくことはとても大切なことです。

関連記事

幕の引き方

旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

記事を読む

【doppo】にコラムが掲載されました!

ウェブマガジン【doppo】にコラムが掲載されました! 介護が終わって考えること | ひと

記事を読む

ちょっと待って!その改修工事

 親が高齢になってきて、玄関やお風呂場等に手すりを付けた方がいいかな?とか、和式のトイレが大変そ

記事を読む

お金がない!!

古今東西、新旧と話題に事欠かないテーマであり、なくてもあっても大問題を引き起こす。 日常で

記事を読む

え?覚えないの???

 地域活動の特別養護老人ホームボランティアをされている素敵な人生の先輩方にお会いしました。 た

記事を読む

no image

ニュースより『三流の患者』?

気になる記事を見つけたのでご紹介します。お医者様が書かれた本のご紹介。最良の医療にたどり着ける、それ

記事を読む

介護保険は早めに申請する!

  『まだ大丈夫!』 『お上の世話にはなりたくない。』 『面倒くさい…。』介護保険にこんな

記事を読む

10年の月日にて

父が亡くなって、約3か月。新盆もすみあっという間。時間が経つのは早いものだ、と、妙に思う。別にそ

記事を読む

高齢者と詐欺

 先日のニュースで高齢者の詐欺がいまだに多いというニュースを見ました。   『

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑