オレンジリングを知っていますか?

公開日: : お知らせ, コラム

 「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」となり、その目印となるのがオレンジリングです。オレンジリング

 

 

 

 

 

講座を受けたからと行って何かをしなければならないことはなく、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族をあたたかく見守る応援者となるのです。もし、街で困っている人を見かけた時等オレンジリングを身に着け、自分ができる範囲で声がけなどの活動をすればいいのです。

認知症サポーターには、地域住民、金融機関やスーパーマーケットの従業員、小・中・高等学校の生徒など様々な方がいて、平成27年3月末現在で認知症サポーター数は6,108,573人になっているそうです。

 

認知症サポーターに期待されることは下記の通りです。(厚生労働省HPより)

1.認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。

2.認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。

3.近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。

4.地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。

5.まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

 

 2025年には認知症の患者数が700万人を超え、5人に1人は認知症に罹患する計算だといわれています。

本やネット等様々な形で情報を知ることができますが、人によって認知症と一口に言ってもその日により症状違ったり、受け答えだけではわかりにくい等の様々な症状があります。

 そこで、自治体等が主催する「認知症サポーター講座」があったら、ぜひ参加することをお勧めする。数時間の講座で認知症に対しての知識や地域での取り組み等を知ることができるからです。

 介護は様々な社会的状況から孤立しがちです。できるときに様々な情報を得ること,地域を知っておくことはとても大切なことです。

関連記事

最善の方法は?

 最寄駅から自宅に向かって歩いていたとき、高齢の女性とそれを支える若い女性とすれ違った。スーパー

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

介護のほんねに寄稿しました!

ウェブマガジン【doppo】に書かせていただいていたアラフォー女性への親の介護についての記事を書

記事を読む

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

高齢者と詐欺

 先日のニュースで高齢者の詐欺がいまだに多いというニュースを見ました。   『

記事を読む

doppoでコラムの連載が始まりました!

doppoにて≪転ばぬ先の杖ーコロツエ≫のコーナーでコラムを書かせていただくことになりました

記事を読む

在宅介護でお世話になる方々

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。 仕事として見ているとあま

記事を読む

○介護者:40歳代女性  要介護者:70歳代父 【相談内容】 健康診断で腫瘍が見つかり検査

記事を読む

介護のほんねニュースに寄稿が載ります!

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした 先週に引き続き

記事を読む

エポック10フェスタ2016参加報告

 2016年6月11日に豊島区男女平等推進センターで行われたエポック10フェスタ2016にパネラーと

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑