『2025年問題』

公開日: : お知らせ, コラム

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。

 10年後の2025年にはその世代が75歳になります。

4人に1人が後期高齢者となる超高齢社会で様々な問題が表面化してくるといわれています。

 特に団塊の世代が給付を受ける側に回るようになることから、医療、介護、福祉サービスへの需要が一気に増加し、社会保障財政のひっ迫も指摘されています。

 

自分の親のことを考えると、今、年齢が65歳を過ぎているのであれば、10年後の2025年問題も他人ごとではありません。

また、今より高齢者が増えるのですから、親の介護をしながら働いている人も増えるという事になります。 今は現実味がなくても、10年後には現実として自分にも起こりうる可能性があるのです。

75歳を過ぎると体調に不具合が出始め、病気になるリスクも、介護が必要になるリスクも上昇するといわれ、働く介護者にとっても負担が多くなります。

 

人材不足といわれている介護業界。介護の担い手として需要は増えていますが、担い手はいつも不足している状況です。介護施設が増えても担い手がいなければ施設の運営は難しく、思っている施設やサービスが使えない可能性もあります。

 施設への入居の待機人数が増え、必要があっても入れない状況がますます悪化すると考えられます。

 

 様々な問題をはらむ2025年問題。088fecbdbbba950e3a3d73fa58bd1ff8_m

働くものとして、社会保障などの負担が増える可能性があること、そして自分の親に介護が必要となった時、どのようにしていくべきか、お金・仕事・介護等様々なことへ、目を向けておくことも必要だと思います。

関連記事

え?覚えないの???

 地域活動の特別養護老人ホームボランティアをされている素敵な人生の先輩方にお会いしました。 た

記事を読む

【高齢社会をよくする女性の会】会報に記事を寄稿させていただきました。

樋口恵子さんが代表を務める【高齢社会をよくする女性の会】の会報に寄稿せていただきました。 

記事を読む

介護者30代男性、要介護者50代お母様の場合

   ○介護者:30歳代男性  要介護者:50歳代母 【相談内容】 お母様のが

記事を読む

<doppo>第3回コラムが掲載されました

<doppo>に第2回コラムが掲載されました。 今回のテーマは「介護のおかげで、とにかく予定が立

記事を読む

【介護のほんね】に第2回寄稿文(中編)掲載されています

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~父親の介護。会社の休みはどう取ったらいいの? 掲載され

記事を読む

<doppo>に第2回コラムが掲載されました。 今回のテーマは「介護と休暇」についてです。

記事を読む

doppoにて新しい連載始めます!

1年に渡り介護についてのコラムを書かせていただいていたウェブマガジン【doppo】にて新しい連載のお

記事を読む

介護施設の倒産

今年4月に介護報酬が引き下げに。報酬が引き下げられるということは、同じサービスを提供しても収入が

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

2015年の夏に思うこと

 小学校中学年の頃、自分の住んでいる地域の歴史について、誰かにインタビューをするようにという宿題

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑