『2025年問題』

公開日: : お知らせ, コラム

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。

 10年後の2025年にはその世代が75歳になります。

4人に1人が後期高齢者となる超高齢社会で様々な問題が表面化してくるといわれています。

 特に団塊の世代が給付を受ける側に回るようになることから、医療、介護、福祉サービスへの需要が一気に増加し、社会保障財政のひっ迫も指摘されています。

 

自分の親のことを考えると、今、年齢が65歳を過ぎているのであれば、10年後の2025年問題も他人ごとではありません。

また、今より高齢者が増えるのですから、親の介護をしながら働いている人も増えるという事になります。 今は現実味がなくても、10年後には現実として自分にも起こりうる可能性があるのです。

75歳を過ぎると体調に不具合が出始め、病気になるリスクも、介護が必要になるリスクも上昇するといわれ、働く介護者にとっても負担が多くなります。

 

人材不足といわれている介護業界。介護の担い手として需要は増えていますが、担い手はいつも不足している状況です。介護施設が増えても担い手がいなければ施設の運営は難しく、思っている施設やサービスが使えない可能性もあります。

 施設への入居の待機人数が増え、必要があっても入れない状況がますます悪化すると考えられます。

 

 様々な問題をはらむ2025年問題。088fecbdbbba950e3a3d73fa58bd1ff8_m

働くものとして、社会保障などの負担が増える可能性があること、そして自分の親に介護が必要となった時、どのようにしていくべきか、お金・仕事・介護等様々なことへ、目を向けておくことも必要だと思います。

関連記事

no image

家族との距離感

  家族だから仲がよくて当然。家族だから助け合って当然と思っている方も多いのではないでしょうか?

記事を読む

終活ミーティングのススメ

 旧盆のこの時期、帰省したり、家族が集まる機会があるのではないでしょうか。 そんな時、せっかく集まっ

記事を読む

介護が必要となった原因について

介護がいつから必要になるかはわかりませんが、病気が入り口となることも多くあります。 下記の表は

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

【介護にも役立つ!!料理教室】ご案内

2017年1月24日火曜日【介護にも役立つ!!料理教室】ご案内    

記事を読む

介護のほんねに寄稿文が掲載されています

http://news.kaigonohonne.com/article/679 9月1日

記事を読む

仕事と介護~介護離職しないために~

 ① 厚生労働省の取り組み  高齢者人口の増加と共に、介護保険制度上の要支援・要介護認定者数は

記事を読む

Ewel様情報交換会に参加いたしました。

○前半のミニセミナーにて<仕事と介護を続けていくための地域サービス活用術>をご紹介いたしました。

記事を読む

車いすの今

 先日「国際福祉機器展」へ車いすの仕事の関係で訪れた。  車いすというと、今どきの車いすの形、

記事を読む

オレンジリングを知っていますか?

 「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑