携帯電話使えますか?

公開日: : お知らせ, コラム

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805万7352人に対し138.5%だそうだ。

今や持っていない人を探す方が難しい状況である。

 高齢者介護においても重要なツールとなっている。本人が持って出かけていれば、家を出てしまっても位置を確認することもできるし、様々な民間サービスを利用し、GPS機能で家族の携帯電話、スマートフォン、パソコン等から居場所だけではなく心拍数等を確認することができる機能を搭載しているものまである。574717720f1954517f6614896d2becb3_m

 また、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)と呼ばれる個人どうしのコミュニケーションを図るためのサービスを利用していると認知症の発症や進行具合にいい変化がみられるという研究も進んでいるようだ。

 

 しかし、これらは使いこなせることが前提。

向き不向きや好奇心、脳や体の健康状態等で大きく変わってくると思うが、年齢を重ねれば新しい機械や機能を習得するのには時間がかかる。

 GPS機能等に至っては高齢者が外出してしまっても持っていなければ活用できない。

 我が家の父の場合、退職後に脳梗塞などの病気を幾度か起こした後に携帯電話を購入した。運動機能や言語には障害はあまりみられなかったが、操作については何度説明をしてもきちんと使えたことの方が少なかった。操作の比較的簡単に高齢者向けのもを購入したのだが、電話に出たことも、家にかけられたこともほとんどなかった。介護状態になった後、少しでも調子がいいと出かけてしまったり、病院からなかなか帰ってこないので心配して電話をかけてみても、滅多に出ない。自宅に電話をかけてきた時も、何もしゃべらない、どんなに話しかけても返答がない。それでもGPS機能でどこにいるのかだけはわかり探すことができた。携帯電話を持って出かけていて、電源が入っていればだが。

友達とメールでやり取りしたいと言っていたが、メールの機能もとうとう使いこなすことができなかった。たぶん説明した回数は百に近くになっているはずである。

 

 我が家の父のケースはまれであると思うが、もし、まだ携帯電話やスマートフォンを持っていないようであるならば、早めに使い始める方がいい。せめて電話をかけられて、通話をできるぐらいは理解できないと、どんどん新しいことを受け入れるのは難くなってしまうからだ。

関連記事

ウェブマガジンdoppoにコラム8月分掲載されました!

〝それでも話をすることが、介護の負担を軽くする” 口にしにくい話題ではあるけれど、介護になった

記事を読む

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

‘サ高住’

ネットの検索エンジンに‘サ高住’と入れるとちゃんと検索できるんです! 何のことかわかりますか?

記事を読む

覚悟の仕方?

 親に介護が必要となったとき、あなたはどうしますか? 自分も親もまだそんな年齢ではないし、まだ

記事を読む

no image

家族との距離感

  家族だから仲がよくて当然。家族だから助け合って当然と思っている方も多いのではないでしょうか?

記事を読む

鬼と一緒に風邪等も!

‘福は内。鬼は外。’ 節分に豆をまいて、禍(鬼)は外へと追い払う。 一番寒いこの時期は風

記事を読む

doppoで新連載・2回目の記事がアップされました!

doppoで新連載の2回目の記事がアップされました。今回は『介護離職によって起こるリスク』についてで

記事を読む

オレンジリングを知っていますか?

 「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「

記事を読む

親の老い 自分の老い

 自分が今の親の年齢になった時、自分はどのような晩年をどのように過ごしたいのか、考えたことはあり

記事を読む

介護保険は早めに申請する!

  『まだ大丈夫!』 『お上の世話にはなりたくない。』 『面倒くさい…。』介護保険にこんな

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑