SOSが出せない!

公開日: : お知らせ, コラム

1096d4e99c2b7be9b4a26226fe80ba73_m私自身、福祉関係の職場にいたが、SOSは出さなかった。

正確に言うと出せなかった。

 

なぜなら、まずは【言いたくない。】これが大きな理由。

父が旅先で倒れたことから始まったので、ほぼ職場中の人が私の父の状況を知っていたが、私自身、何をどういっていいのかわからなかったのだ。介護について知っていたこともあるが、説明のしようのない状況を伝えるのが面倒くさかったのと、プライベートなことを話したくなかったから。

 

そして【協力を得られない】と考えていたから。

もし、大変だ~!と愚痴っても、何も変わらない。仕事に関しては誰かが何かをしてくれるとは思わないし、してほしいとも思わなかったからである。そして、知っている知識をご披露してくださる同僚にいちいち付き合いたくないから。そんな時間があったら、少しでも仕事を終わらせたい。

 

 【言ってもどうしようもない】

介護が必要な要介護者には様々な制度があり、フォローもあるが、それを介護している家族にはサポートがない。もし、ケアマネジャー等に愚痴ったところで、みんなで倒れたら大変だから、気を付けて頑張ってもらうしかない。と申し訳なさそうに言われるだけだ。と思ったのと、何を愚痴ればいいのかわからなかったのも本音。

 

 そして、それなりに忙しい。

だったら、とりあえず、進んでしまおうと思ったのだ。立ち止まっても何も解決しないからである。

 

 それでも、思っていることはきちんとどこかで話したほうがいい。

特に介護について、疑問に思ったことや自分ができないこと、あったらいいこと等、表現していかないと、いい方向へは向かないことが多い。

 

特に介護しているほうが、切なくなったり、憤ったり、どうしようもなくなった時は、思いきってきちんと言葉に出そう。その人に何かしてもらうのではなくても、話すことで進めることも多い。

 

ただし、それは自分の仕事等と利害がない人。愚痴を愚痴と理解してくれる相手がいい。

なぜなら、ケアハラなどの問題もあり、介護離職等のリスクもあるかもしれないからだ。

関連記事

‘サ高住’

ネットの検索エンジンに‘サ高住’と入れるとちゃんと検索できるんです! 何のことかわかりますか?

記事を読む

高齢者と悪質商法

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース  

記事を読む

筋肉量が大事!

 2015年2月24日火曜日の朝日新聞の記事に、【筋肉量少ないと死亡率2倍】の記事が出ていた。

記事を読む

本年もよろしくお願いいたします

旧年中は大変お世話になりました。 本年も引き続き、変わらぬご愛顧をいただきますようよろしくお願

記事を読む

doppoにて新しい連載始めます!

1年に渡り介護についてのコラムを書かせていただいていたウェブマガジン【doppo】にて新しい連載のお

記事を読む

ひとりを楽しむ、アラフォー・40代独身女性 「ソロネーゼ」 のWEBマガジン【doppo】に新し

記事を読む

骨のお話

 父を荼毘にふしたとき、判明したことがある。斎場の係の人がビックリするくらい、父の骨は丈夫でしっ

記事を読む

高齢化と免許

 最近よく耳にするニュースの一つが高齢者による自動車事故。認知症と診断された人が運転をしてガードレー

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

秋祭りに思うこと

 秋の気配を感じ始めたこの頃、お彼岸に向けてお祭りの準備をしている商店街や神社を見かけ、初めて訪

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑