SOSが出せない!

公開日: : お知らせ, コラム

1096d4e99c2b7be9b4a26226fe80ba73_m私自身、福祉関係の職場にいたが、SOSは出さなかった。

正確に言うと出せなかった。

 

なぜなら、まずは【言いたくない。】これが大きな理由。

父が旅先で倒れたことから始まったので、ほぼ職場中の人が私の父の状況を知っていたが、私自身、何をどういっていいのかわからなかったのだ。介護について知っていたこともあるが、説明のしようのない状況を伝えるのが面倒くさかったのと、プライベートなことを話したくなかったから。

 

そして【協力を得られない】と考えていたから。

もし、大変だ~!と愚痴っても、何も変わらない。仕事に関しては誰かが何かをしてくれるとは思わないし、してほしいとも思わなかったからである。そして、知っている知識をご披露してくださる同僚にいちいち付き合いたくないから。そんな時間があったら、少しでも仕事を終わらせたい。

 

 【言ってもどうしようもない】

介護が必要な要介護者には様々な制度があり、フォローもあるが、それを介護している家族にはサポートがない。もし、ケアマネジャー等に愚痴ったところで、みんなで倒れたら大変だから、気を付けて頑張ってもらうしかない。と申し訳なさそうに言われるだけだ。と思ったのと、何を愚痴ればいいのかわからなかったのも本音。

 

 そして、それなりに忙しい。

だったら、とりあえず、進んでしまおうと思ったのだ。立ち止まっても何も解決しないからである。

 

 それでも、思っていることはきちんとどこかで話したほうがいい。

特に介護について、疑問に思ったことや自分ができないこと、あったらいいこと等、表現していかないと、いい方向へは向かないことが多い。

 

特に介護しているほうが、切なくなったり、憤ったり、どうしようもなくなった時は、思いきってきちんと言葉に出そう。その人に何かしてもらうのではなくても、話すことで進めることも多い。

 

ただし、それは自分の仕事等と利害がない人。愚痴を愚痴と理解してくれる相手がいい。

なぜなら、ケアハラなどの問題もあり、介護離職等のリスクもあるかもしれないからだ。

関連記事

秋祭りに思うこと

 秋の気配を感じ始めたこの頃、お彼岸に向けてお祭りの準備をしている商店街や神社を見かけ、初めて訪

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

介護のほんねに寄稿文が掲載されています

http://news.kaigonohonne.com/article/679 9月1日

記事を読む

介護のほんねに寄稿しました!

ウェブマガジン【doppo】に書かせていただいていたアラフォー女性への親の介護についての記事を書

記事を読む

救急救命法講座を受講しました!

 救急救命法の講座を受けたことがありますか? 運転免許証の講習の時に受講したことがある、仕事柄

記事を読む

介護と仕事~介護離職しないために~③

 平成24年総務省就業構造基本調査によると平成19年10月~平成24年9月までに家族の介護・看護

記事を読む

112歳!!

   存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定

記事を読む

ウェブマガジンdoppoにコラム8月分掲載されました!

〝それでも話をすることが、介護の負担を軽くする” 口にしにくい話題ではあるけれど、介護になった

記事を読む

POLE・STAR株式会社は2周年をむかえました。 これからもキャリアとケアの両立サポートを精

記事を読む

車いすの今

 先日「国際福祉機器展」へ車いすの仕事の関係で訪れた。  車いすというと、今どきの車いすの形、

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑