介護の先を考える

公開日: : お知らせ, コラム


死後のこと、考えたことがありますか?

散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきている。

20150819

 

新聞・雑誌・テレビで見ない日がないのではと思う程、介護と共によく取り上げられているトピックス。

人間が年齢を重ねれば避けては通れない問題である。

 

誰かに頼むしかない

 こればっかりは自分ではどうにもできないことなので、家族・親戚等に頼むしかないこと。

家族できちんと話し合う機会を持った方がいいと思う。できれば10~30年後の位のことを考えておいてほしい。子や孫まではいいけれど、その先は…?

 

自分と実行をお願いする人と

 最近では埋葬だけではない様々な考えもあるようだけれど、何を選ぶにしても実行をお願いする人との共通認識を持つことが大事である。

自分だけが決めても、その意思を実行してくれる人が了承しなければ意思は汲んでもらえない。

 

調べておく

 最近は色々な方法で調べることができる。見学に行けることも多い。

調べて段取りをつけ、できれば実際に目で見て決めておけば、家族や親戚への依頼も楽になるのではないだろうか。

 

だから話し合い

 自分の気持ちを整理したうえで、全員に同じ場所でそれを伝え、了承してもらっておいた方がいい。

いくら遺言を残しても、複数の実行者がいれば反対する人も出てくる可能性がある。

立場が違えば考えも違う。個人を偲んで家族が大バトルということも珍しいことではない。

 

目まぐるしく時代が変化する中で、葬儀に関することも大きく変わってきている。

考え方によってはせっかく選べるのだから、自分で自分らしい最期を考えてみるのも尊厳ある死を迎えるということになるのではないだろうか。

関連記事

介護の年数

  ◇介護の年数    介護の年数はどれくらいなのでしょう?  

記事を読む

【介護にも役立つ!!料理教室】ご案内

2017年1月24日火曜日【介護にも役立つ!!料理教室】ご案内    

記事を読む

【doppo】インタビューしていただきました!

      ひとりを楽しみたいアラフォー・40代女性のた

記事を読む

介護と仕事~介護離職しないために~③

 平成24年総務省就業構造基本調査によると平成19年10月~平成24年9月までに家族の介護・看護

記事を読む

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

ちょっと待って!その改修工事

 親が高齢になってきて、玄関やお風呂場等に手すりを付けた方がいいかな?とか、和式のトイレが大変そ

記事を読む

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

高齢者と詐欺

 先日のニュースで高齢者の詐欺がいまだに多いというニュースを見ました。   『

記事を読む

え?覚えないの???

 地域活動の特別養護老人ホームボランティアをされている素敵な人生の先輩方にお会いしました。 た

記事を読む

介護が必要となった原因について

介護がいつから必要になるかはわかりませんが、病気が入り口となることも多くあります。 下記の表は

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑