介護の先を考える

公開日: : お知らせ, コラム


死後のこと、考えたことがありますか?

散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきている。

20150819

 

新聞・雑誌・テレビで見ない日がないのではと思う程、介護と共によく取り上げられているトピックス。

人間が年齢を重ねれば避けては通れない問題である。

 

誰かに頼むしかない

 こればっかりは自分ではどうにもできないことなので、家族・親戚等に頼むしかないこと。

家族できちんと話し合う機会を持った方がいいと思う。できれば10~30年後の位のことを考えておいてほしい。子や孫まではいいけれど、その先は…?

 

自分と実行をお願いする人と

 最近では埋葬だけではない様々な考えもあるようだけれど、何を選ぶにしても実行をお願いする人との共通認識を持つことが大事である。

自分だけが決めても、その意思を実行してくれる人が了承しなければ意思は汲んでもらえない。

 

調べておく

 最近は色々な方法で調べることができる。見学に行けることも多い。

調べて段取りをつけ、できれば実際に目で見て決めておけば、家族や親戚への依頼も楽になるのではないだろうか。

 

だから話し合い

 自分の気持ちを整理したうえで、全員に同じ場所でそれを伝え、了承してもらっておいた方がいい。

いくら遺言を残しても、複数の実行者がいれば反対する人も出てくる可能性がある。

立場が違えば考えも違う。個人を偲んで家族が大バトルということも珍しいことではない。

 

目まぐるしく時代が変化する中で、葬儀に関することも大きく変わってきている。

考え方によってはせっかく選べるのだから、自分で自分らしい最期を考えてみるのも尊厳ある死を迎えるということになるのではないだろうか。

関連記事

体育の日

 体育の日に毎年恒例で文部科学省により体力測定の結果が発表される。 それによると6歳から19歳

記事を読む

救急救命法講座を受講しました!

 救急救命法の講座を受けたことがありますか? 運転免許証の講習の時に受講したことがある、仕事柄

記事を読む

高齢者と悪質商法

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース  

記事を読む

no image

ニュースより『三流の患者』?

気になる記事を見つけたのでご紹介します。お医者様が書かれた本のご紹介。最良の医療にたどり着ける、それ

記事を読む

もしかして認知症?

   親の様子がおかしい? 最近人の名前が出てこなかったり、同じことを何度も聞いた

記事を読む

介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

           

記事を読む

POLE・STAR株式会社は2周年をむかえました。 これからもキャリアとケアの両立サポートを精

記事を読む

8月21日(木)開催・仕事と介護の「両立」 介護情報交換会に講師として参加します!

  講師として参加することになりました! 一般の方の参加も可能です。 ご興味があ

記事を読む

死んでから!?

問題です。①~⑦は何から変身したのでしょうか? 鉛筆 標識 ダイヤモンド 弾

記事を読む

【doppo】インタビューしていただきました!

      ひとりを楽しみたいアラフォー・40代女性のた

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑