介護施設の倒産

公開日: : お知らせ, コラム

今年4月に介護報酬が引き下げに。報酬が引き下げられるということは、同じサービスを提供しても収入が低くなるということ。

景気が良くなると人材が不足しがちな業界は人の確保が厳しくなる。

介護業界も残念ながら人材不足が深刻な業界の一つと言える。その中で、他業種との競合も出てくるので、人材を確保するためには、介護報酬が下がったとしても、職員に支払う給与は下げない、もしくは上げているという事業所も少なくないようだ。

収入が減少し、消費税の引き上げも等、給与面での支払いの増額に加え、オリンピックによる建築費の高騰、高齢者事業所の数の倍増等、生き残り競争が激しく、2013・2014年の介護関係事業所の倒産件数は過去最悪の件数だそうだ。

厳しい状況の中、質の高いサービスの維持、優秀な人材の確保等問題は多くある。20150821

 

 

 

 

 

手厚い介護の提供を考えればいい人材の確保とある程度の人員数は必要である。しかし、法律で定められている職員数は決して多いとは言えない。最低限を確保できなければ利用者の人数を減らさなくてはならない。すると収入が減り、経営にも影響がでてくる。悪循環になってしまう。

小さくて小回りが利く事業所は経営面で大手にかなわない。大手の施設ができると職員が転職してしまうという現状もあるようだ。

高齢社会で益々需要が増える介護業界。

頑張っている人が疲れ果てるまで頑張るしかない状態で支えられている、という状況は利用する側にも介護業界にもいいことではない。

人の生活や時には命にかかわる仕事、誇りをもって安心して働ける仕事の一つとなる日が一日も早くなるといいとのだが。

 

 

 

 

関連記事

≪介護保険を申請する≫認定調査の心得

面接調査は要介護認定に直接つながる。状況をきちんと伝えることが大切。   &n

記事を読む

幕の引き方

旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

記事を読む

まさか?車いすに乗れない!!

 父は車いすに乗れなかった。   もちろん車いすにライセンスは必要ない。なんというかセンスがな

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

○介護者:40歳代女性  要介護者:70歳代父 【相談内容】 健康診断で腫瘍が見つかり検査

記事を読む

ケアされ上手はお得です!

 介護する側、される側。どちらも同じ人間です。大事なのはどんな状況であれ、思いやりやコミュニケーショ

記事を読む

2015年の夏に思うこと

 小学校中学年の頃、自分の住んでいる地域の歴史について、誰かにインタビューをするようにという宿題

記事を読む

ちょっと待って!その改修工事

 親が高齢になってきて、玄関やお風呂場等に手すりを付けた方がいいかな?とか、和式のトイレが大変そ

記事を読む

大家さんの高齢化

  ‘衣・食・住’ どれも大切なものであるが、安心した暮らしをおくるうえで大切なの

記事を読む

敬老の日に

 内閣府のホームページによると、敬老の日とは【9月の第3月曜日、多年にわたり社会につくしてきた老

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑