112歳!!

公開日: : お知らせ, コラム

 

 存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定された。

1903年3月生まれの小出安太郎さん。

 少し耳が遠いようだが、受け答えもしっかりされている。水引

長生きの秘訣を聞かれ「無理をしないで、喜んで暮らすこと」を上げていた。そして、孫と歩くこと、新聞を読むことが日課だという。

 長寿を極めた先人たちには、世界最高齢の双子として有名な‘きんさん・ぎんさん’等いらっしゃるが、たいていの皆さましっかりされていることにビックリする。

 ご家族はそれなりにご苦労もあるだろうが、楽しみはご飯を食べることだそうだ。

 食べられること、日課にしていることがあるということが元気で豊かな老後には欠かせない要素のようだ。

自分で食べられなくなってくると体調を崩すこともある。しっかり噛んで食事ができることは、認知症の予防など健康にもとっても大切だと言われている。

 また、足は第2の心臓と言われる。足が弱くなると寝たきりになる可能性も高い。足の筋肉を刺激することも大切だし、血液の流れがよくなるし、適度な運動にもなる。

 

 できるだけ長く健康でいられるよう、よく噛んでの食事、適度な運動、そして何か、人の役に立てることを見つけて生きがいを持っていることが、介護が必要な状況をできるだけ少なくできるコツなのかもしれない。

 

 

 

 

 

関連記事

10年後の介護…。

 有識者らでつくる民間研究機関「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)は4日、今後10年で東京

記事を読む

覚悟の仕方?

 親に介護が必要となったとき、あなたはどうしますか? 自分も親もまだそんな年齢ではないし、まだ

記事を読む

2015年の夏に思うこと

 小学校中学年の頃、自分の住んでいる地域の歴史について、誰かにインタビューをするようにという宿題

記事を読む

介護施設の倒産

今年4月に介護報酬が引き下げに。報酬が引き下げられるということは、同じサービスを提供しても収入が

記事を読む

車いすの今

 先日「国際福祉機器展」へ車いすの仕事の関係で訪れた。  車いすというと、今どきの車いすの形、

記事を読む

介護のほんねに寄稿しました!

ウェブマガジン【doppo】に書かせていただいていたアラフォー女性への親の介護についての記事を書

記事を読む

【介護のほんね】に第2回寄稿文(中編)掲載されています

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~父親の介護。会社の休みはどう取ったらいいの? 掲載され

記事を読む

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

介護に関する情報収集について

親に介護が必要になった。というときは、急なことでバタバタすることが多い。兆候がある場合も多いが、介護

記事を読む

介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

           

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑