介護と仕事~介護離職しないために~③

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム, 仕事と介護

 平成24年総務省就業構造基本調査によると平成19年10月~平成24年9月までに家族の介護・看護のために前職を離転職した人は総計で439,300人、そのうち女性が353,800人、年齢階層別内訳では40~59歳が222,500人と全体の50.7%を占めている。

 介護にはお金・時間・気力等様々なものが必要。仕事をしながらの介護は、精神的にも肉体的にも、大変なことも多い。

分かれ道

 

 

 

 

 

しかし、残念ながら、介護には終わりの時が来る。その時に、仕事を辞めてしまっていたら、キャリアを途中であきらめてしまったら、どこにも所属がなかったら、どんなふうに感じるのだろうか?負の感情ばかりが残ってしまったり、介護ロスになってしまったり。大切な方をなくし、介護に関わる全てとの接点もなくなり、社会との関りもなかったら?それでも自分の人生は終わらないのだ。

 仕事をしながらの介護は本当に大変である。時には思う様に仕事ができないことも、キャリアアップに支障が出ることも、したかったプロジェクトに携われないことも、仕事をするために介護に余計にお金を使うかもしれない。それでも自分の人生も大切である。介護を通して親の人生を、生活を余儀なく背負うことになっても、自分と親の人生と、介護の後の人生も少し考慮に入れながら、人生の何分の一かにあたる介護という時間を客観視することも大切だと思うからだ。

 何時かはわからない、でも自分の親に介護が必要になった時、どうするのか、何ができるのか、どのくらいお金を使えるのか、親の居住地の介護を取り巻く状況を知っておく等々、少し先に考えておくことが、介護が必要な状況になった時にあわてず、仕事をつづけながらの介護を支える一つの要素になると考える。

関連記事

介護のほんねニュースに 父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした

記事を読む

介護のほんねニュースに寄稿が載ります!

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした 先週に引き続き

記事を読む

在宅介護でお世話になる方々

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。 仕事として見ているとあま

記事を読む

まさか?車いすに乗れない!!

 父は車いすに乗れなかった。   もちろん車いすにライセンスは必要ない。なんというかセンスがな

記事を読む

寝れる。。太る。。。。。

父が亡くなり、変化といえば、寝られる、そして太った…。逆に言えば、介護が必要な時は寝られない。。寝て

記事を読む

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

お金がない!!

古今東西、新旧と話題に事欠かないテーマであり、なくてもあっても大問題を引き起こす。 日常で

記事を読む

敬老の日に

 内閣府のホームページによると、敬老の日とは【9月の第3月曜日、多年にわたり社会につくしてきた老

記事を読む

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

介護が必要となった原因について

介護がいつから必要になるかはわかりませんが、病気が入り口となることも多くあります。 下記の表は

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑