介護と仕事~介護離職しないために~③

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム, 仕事と介護

 平成24年総務省就業構造基本調査によると平成19年10月~平成24年9月までに家族の介護・看護のために前職を離転職した人は総計で439,300人、そのうち女性が353,800人、年齢階層別内訳では40~59歳が222,500人と全体の50.7%を占めている。

 介護にはお金・時間・気力等様々なものが必要。仕事をしながらの介護は、精神的にも肉体的にも、大変なことも多い。

分かれ道

 

 

 

 

 

しかし、残念ながら、介護には終わりの時が来る。その時に、仕事を辞めてしまっていたら、キャリアを途中であきらめてしまったら、どこにも所属がなかったら、どんなふうに感じるのだろうか?負の感情ばかりが残ってしまったり、介護ロスになってしまったり。大切な方をなくし、介護に関わる全てとの接点もなくなり、社会との関りもなかったら?それでも自分の人生は終わらないのだ。

 仕事をしながらの介護は本当に大変である。時には思う様に仕事ができないことも、キャリアアップに支障が出ることも、したかったプロジェクトに携われないことも、仕事をするために介護に余計にお金を使うかもしれない。それでも自分の人生も大切である。介護を通して親の人生を、生活を余儀なく背負うことになっても、自分と親の人生と、介護の後の人生も少し考慮に入れながら、人生の何分の一かにあたる介護という時間を客観視することも大切だと思うからだ。

 何時かはわからない、でも自分の親に介護が必要になった時、どうするのか、何ができるのか、どのくらいお金を使えるのか、親の居住地の介護を取り巻く状況を知っておく等々、少し先に考えておくことが、介護が必要な状況になった時にあわてず、仕事をつづけながらの介護を支える一つの要素になると考える。

関連記事

骨のお話

 父を荼毘にふしたとき、判明したことがある。斎場の係の人がビックリするくらい、父の骨は丈夫でしっ

記事を読む

ウェブマガジンdoppoにコラム8月分掲載されました!

〝それでも話をすることが、介護の負担を軽くする” 口にしにくい話題ではあるけれど、介護になった

記事を読む

介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

           

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~②

② 遺影撮影<一番の笑顔を> そういえば最近、きちんと写真を撮ったことがない。 昔よりデジタ

記事を読む

親の老い 自分の老い

 自分が今の親の年齢になった時、自分はどのような晩年をどのように過ごしたいのか、考えたことはあり

記事を読む

ケアする人にもケアを!  

  このたびの台風の影響で被害にあわれた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。 &

記事を読む

鬼と一緒に風邪等も!

‘福は内。鬼は外。’ 節分に豆をまいて、禍(鬼)は外へと追い払う。 一番寒いこの時期は風

記事を読む

SOSが出せない!

私自身、福祉関係の職場にいたが、SOSは出さなかった。 正確に言うと出せなかった。 &nbs

記事を読む

年を重ねると? 

 半分本気で半分は?で思うことは、“年を重ねることは侮れない”である。生きてきた年月が違うし生きてき

記事を読む

≪介護保険を申請する≫認定調査の心得

面接調査は要介護認定に直接つながる。状況をきちんと伝えることが大切。   &n

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑