介護と仕事~介護離職しないために~③

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム, 仕事と介護

 平成24年総務省就業構造基本調査によると平成19年10月~平成24年9月までに家族の介護・看護のために前職を離転職した人は総計で439,300人、そのうち女性が353,800人、年齢階層別内訳では40~59歳が222,500人と全体の50.7%を占めている。

 介護にはお金・時間・気力等様々なものが必要。仕事をしながらの介護は、精神的にも肉体的にも、大変なことも多い。

分かれ道

 

 

 

 

 

しかし、残念ながら、介護には終わりの時が来る。その時に、仕事を辞めてしまっていたら、キャリアを途中であきらめてしまったら、どこにも所属がなかったら、どんなふうに感じるのだろうか?負の感情ばかりが残ってしまったり、介護ロスになってしまったり。大切な方をなくし、介護に関わる全てとの接点もなくなり、社会との関りもなかったら?それでも自分の人生は終わらないのだ。

 仕事をしながらの介護は本当に大変である。時には思う様に仕事ができないことも、キャリアアップに支障が出ることも、したかったプロジェクトに携われないことも、仕事をするために介護に余計にお金を使うかもしれない。それでも自分の人生も大切である。介護を通して親の人生を、生活を余儀なく背負うことになっても、自分と親の人生と、介護の後の人生も少し考慮に入れながら、人生の何分の一かにあたる介護という時間を客観視することも大切だと思うからだ。

 何時かはわからない、でも自分の親に介護が必要になった時、どうするのか、何ができるのか、どのくらいお金を使えるのか、親の居住地の介護を取り巻く状況を知っておく等々、少し先に考えておくことが、介護が必要な状況になった時にあわてず、仕事をつづけながらの介護を支える一つの要素になると考える。

関連記事

幕の引き方

旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

記事を読む

サービスは使っておいたほうがいい

ご相談で多いのが介護者の急な病気の相談。実はちょっと厄介な問題でもあるのです。介護保険サービスを使っ

記事を読む

<doppo>第3回コラムが掲載されました

<doppo>に第2回コラムが掲載されました。 今回のテーマは「介護のおかげで、とにかく予定が立

記事を読む

10年の月日にて

父が亡くなって、約3か月。新盆もすみあっという間。時間が経つのは早いものだ、と、妙に思う。別にそ

記事を読む

介護と自分の健康

この季節になると、風邪薬の広告が目に付き、インフルエンザの予防接種ことが聞かれるようになる。父の

記事を読む

体育の日

 体育の日に毎年恒例で文部科学省により体力測定の結果が発表される。 それによると6歳から19歳

記事を読む

ヘルパーさんは『肉じゃが』が好き!?

 肉じゃが、好きですか?と聞かれればたいていの方が『はい』と答えるのではないでしょうか?私

記事を読む

doppoでコラムの連載が始まりました!

doppoにて≪転ばぬ先の杖ーコロツエ≫のコーナーでコラムを書かせていただくことになりました

記事を読む

介護のほんねニュースに寄稿が載ります!

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした 先週に引き続き

記事を読む

暑さ対策していますか?

暑さ対策していますか?   連日、酷暑・熱暑・猛暑と暑さの話題が続いています。

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑