在宅介護でお世話になる方々

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム, 知っておきたい介護のこと

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。

仕事として見ているとあまり感じなかったのだが、要介護者の家族としてかかわると、その多さにビックリ。

新しいサービスの利用をするたびにケアマネージャーと責任者、実際に来てくださる担当の方が自宅に来る。そして担当が変わる時もまた同様。家や家族の状況を確認し、要介護者へのサービスのため、そして何かがあったときのために責任者が同行するのは理屈ではわかるが、家族側から見ると結構頻繁に誰かが来ているように思う。そしてこれに時々実習生の動向もある。ヘルパー、福祉関連の資格、看護師、教師、公務員と介護の実習が必要な資格は多い。仕事として実習生の動向等もしていたので、必要なことと割り切っているが。

 167356

 逆の発想をすれば、在宅での介護はそれだけ多くの職種の方々に支えられているとも言える。

医者・訪問看護士・ケアマネージャー・ヘルパー・デイサービス・リハビリ・ショートステイ・マッサージ・認定調査員・福祉用具の貸し出し・ボランティア等々は介護保険や健康保険で使えるサービスの一部である。

要介護状態の家族がいなければなかなかかかわることがない職種も多い。

 人が来るのが嫌だ、面倒くさいと、私はまだ大丈夫等と思う方もいると思うが、在宅での介護を支えてくれるエキスパートばかりだ。それぞれが持っている専門性と情報はとてもありがたいものである。

 それぞれの役割や専門性を踏まえてサービスを使ったり、考えたりすると在宅介護のサポートとしてもっとお願いしたり、教えてもらえることがあるので、そんな面を考えながらサービスを活用してみてもいいのでは?

 

 

関連記事

介護と自分の健康

この季節になると、風邪薬の広告が目に付き、インフルエンザの予防接種ことが聞かれるようになる。父の

記事を読む

転ばぬ先の杖

 高齢になると数ミリの段差で躓いたり、思うように足が運べなかったりと、家の中でも外出先でも転倒は大き

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~③

葬儀は誰のために行うのか?  葬儀は家族のみで行う。と何時の頃からか決めていた。  我が家の

記事を読む

高齢化と免許

 最近よく耳にするニュースの一つが高齢者による自動車事故。認知症と診断された人が運転をしてガードレー

記事を読む

体育の日

 体育の日に毎年恒例で文部科学省により体力測定の結果が発表される。 それによると6歳から19歳

記事を読む

最善の方法は?

 最寄駅から自宅に向かって歩いていたとき、高齢の女性とそれを支える若い女性とすれ違った。スーパー

記事を読む

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

≪介護保険を申請する≫認定調査の心得

面接調査は要介護認定に直接つながる。状況をきちんと伝えることが大切。   &n

記事を読む

POLE・STAR株式会社は2周年をむかえました。 これからもキャリアとケアの両立サポートを精

記事を読む

備蓄について

  9月1日といえば防災の日。 あいにくの天気だが、各地で様々な防災訓練等が行われ

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑