備蓄について

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム

 

9月1日といえば防災の日。

あいにくの天気だが、各地で様々な防災訓練等が行われた。

防災

 

 

 

 

 

 

 

そしてニュースなどで、備蓄についても考えておくようにと話題として取り上げられていた。

 備蓄しておくものに関して、できるだけ長く、ライフラインが止まってしまっても生活できるように10日から2週間程度は備蓄が必要と言われている。

食べ物等の支給は比較的早く始まると思うが、用意しておいた方がいいのが簡易トイレとトイレットペーパーだそうだ。被災を受けた地域であれば数日から数週間で仮設トイレなどの対応がとられるようだが、生産地が災害に見舞われた時には在庫がなくなり、入手が困難になることもある。

 2011年3月の震災の時、関東においても流通の困難が見られ、食べ物や生活用品等入手が難しかった記憶がある。

 そこで、介護をしている場合は何が必要になるか考えたとき、思いつくのが大人用の紙おむつ。近頃では大人用の紙おむつは種類が多く利用している方も多くなってきている。体調を崩したり、心身共に、疲弊もしてくる等、様々な環境が変わるなかで、不足は大きな問題になる。

 常備薬も数週間分確保しておきたい。持病がある場合は特に必要になる。避難生活や医師の不足も考えられるので、薬があるのとないのでは違ってくる。それとゼリーやとろみ付けなどでとろみをつけて服薬しているのであればそれも用意しておいたほうがいい。飲みにくい薬を飲むのに、いつも使っているのであれば、これも必需品である。

 子供と違って体格、病気、状態等が様々な高齢者。介護する側にとっては日常のことであっても、必需品としてすぐには思いつかないこともあると思う。

食料や日用品のほかに介護者にとって必要なものを見直してみるのもいいかもしれない。冷静な時に考えると当たり前のことだが、いざとなると思いつかないこともあるので。

 

 

関連記事

doppoで新連載・2回目の記事がアップされました!

doppoで新連載の2回目の記事がアップされました。今回は『介護離職によって起こるリスク』についてで

記事を読む

【高齢社会をよくする女性の会】会報に記事を寄稿させていただきました。

樋口恵子さんが代表を務める【高齢社会をよくする女性の会】の会報に寄稿せていただきました。 

記事を読む

介護のほんねに寄稿文が掲載されています

http://news.kaigonohonne.com/article/679 9月1日

記事を読む

救急救命法講座を受講しました!

 救急救命法の講座を受けたことがありますか? 運転免許証の講習の時に受講したことがある、仕事柄

記事を読む

ウェブマガジンdoppoにコラム8月分掲載されました!

〝それでも話をすることが、介護の負担を軽くする” 口にしにくい話題ではあるけれど、介護になった

記事を読む

介護者の病気

 介護する側が病気になると大変である。 ただでさえ介護があるのに病気の自分の面倒も見なけれ

記事を読む

鬼と一緒に風邪等も!

‘福は内。鬼は外。’ 節分に豆をまいて、禍(鬼)は外へと追い払う。 一番寒いこの時期は風

記事を読む

親の老い 自分の老い

 自分が今の親の年齢になった時、自分はどのような晩年をどのように過ごしたいのか、考えたことはあり

記事を読む

介護者30代男性、要介護者50代お母様の場合

   ○介護者:30歳代男性  要介護者:50歳代母 【相談内容】 お母様のが

記事を読む

112歳!!

   存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑