備蓄について

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム

 

9月1日といえば防災の日。

あいにくの天気だが、各地で様々な防災訓練等が行われた。

防災

 

 

 

 

 

 

 

そしてニュースなどで、備蓄についても考えておくようにと話題として取り上げられていた。

 備蓄しておくものに関して、できるだけ長く、ライフラインが止まってしまっても生活できるように10日から2週間程度は備蓄が必要と言われている。

食べ物等の支給は比較的早く始まると思うが、用意しておいた方がいいのが簡易トイレとトイレットペーパーだそうだ。被災を受けた地域であれば数日から数週間で仮設トイレなどの対応がとられるようだが、生産地が災害に見舞われた時には在庫がなくなり、入手が困難になることもある。

 2011年3月の震災の時、関東においても流通の困難が見られ、食べ物や生活用品等入手が難しかった記憶がある。

 そこで、介護をしている場合は何が必要になるか考えたとき、思いつくのが大人用の紙おむつ。近頃では大人用の紙おむつは種類が多く利用している方も多くなってきている。体調を崩したり、心身共に、疲弊もしてくる等、様々な環境が変わるなかで、不足は大きな問題になる。

 常備薬も数週間分確保しておきたい。持病がある場合は特に必要になる。避難生活や医師の不足も考えられるので、薬があるのとないのでは違ってくる。それとゼリーやとろみ付けなどでとろみをつけて服薬しているのであればそれも用意しておいたほうがいい。飲みにくい薬を飲むのに、いつも使っているのであれば、これも必需品である。

 子供と違って体格、病気、状態等が様々な高齢者。介護する側にとっては日常のことであっても、必需品としてすぐには思いつかないこともあると思う。

食料や日用品のほかに介護者にとって必要なものを見直してみるのもいいかもしれない。冷静な時に考えると当たり前のことだが、いざとなると思いつかないこともあるので。

 

 

関連記事

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

死んでから!?

問題です。①~⑦は何から変身したのでしょうか? 鉛筆 標識 ダイヤモンド 弾

記事を読む

寝れる。。太る。。。。。

父が亡くなり、変化といえば、寝られる、そして太った…。逆に言えば、介護が必要な時は寝られない。。寝て

記事を読む

最善の方法は?

 最寄駅から自宅に向かって歩いていたとき、高齢の女性とそれを支える若い女性とすれ違った。スーパー

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~②

② 遺影撮影<一番の笑顔を> そういえば最近、きちんと写真を撮ったことがない。 昔よりデジタ

記事を読む

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

○介護者:40歳代女性  要介護者:70歳代父 【相談内容】 健康診断で腫瘍が見つかり検査

記事を読む

介護保険はどんな制度なのか? 

【介護保険の仕組み】 介護保険とは、社会全体で「介護」を支えていくために平成12年4月に「介護保険制

記事を読む

介護のほんねに寄稿文が掲載されています

http://news.kaigonohonne.com/article/679 9月1日

記事を読む

【doppo】インタビューしていただきました!

      ひとりを楽しみたいアラフォー・40代女性のた

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑