大家さんの高齢化

公開日: : お知らせ, コラム

 

‘衣・食・住’

どれも大切なものであるが、安心した暮らしをおくるうえで大切なのが‘住’

積み木

 

 

 

 

 

 

 

家の老朽化も深刻だが、大家さんの高齢化も深刻である。

まだ、相続をしてくれる人がいればいいのだが、大家さんが元気なうちにと、手放される方も多い。

 手放す方から考えると、様々な手続きに支障が出ないうちに、と思うのだが、住人からすると、長年住み慣れた家を退去しなければならない。

 そうなると次に入居できる物件を探すことがとても大変である。

市区町村で借り上げている場合もあるが、転居先が決まらず、立ち退きを迫られるケースもある。

また、生活環境が変わるため、新しい生活になじめず、体調を崩したり、今まで自立して生活をしてきていたのにできなくなってしまったというトラブル等もある。

 

 近年では高齢者が賃貸物件を借りやすいように法律の改正があったり、市区町村や不動産業界での取り組みも進んでいる。保証人だけではなく、保証会社での対応、定期的な訪問や連絡を行う等して高齢者に対する対策を取り入れている業者もあるようだ。

 

 終の棲家になるかもしれない住宅。

大家・管理会社・借主とコミュニケーションをとっておくことが大切になってくるのではないだろうか。

関連記事

薬の山!!

 ≪29億円の抑制効!!≫   何のことだと思いますか? これは2012年度に取

記事を読む

ケアする人にもケアを!  

  このたびの台風の影響で被害にあわれた皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。 &

記事を読む

体育の日

 体育の日に毎年恒例で文部科学省により体力測定の結果が発表される。 それによると6歳から19歳

記事を読む

介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

           

記事を読む

覚悟の仕方?

 親に介護が必要となったとき、あなたはどうしますか? 自分も親もまだそんな年齢ではないし、まだ

記事を読む

親の老い 自分の老い

 自分が今の親の年齢になった時、自分はどのような晩年をどのように過ごしたいのか、考えたことはあり

記事を読む

在宅介護でお世話になる方々

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。 仕事として見ているとあま

記事を読む

介護のほんねニュースに寄稿が載ります!

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした 先週に引き続き

記事を読む

私のキャリア&ケア(1)

 思い返せばすでに15年。  縁あって2000年から福祉関連の道を進むことに。  

記事を読む

介護のほんねに寄稿しました!

ウェブマガジン【doppo】に書かせていただいていたアラフォー女性への親の介護についての記事を書

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑