私のキャリア&ケア(1)

公開日: : お知らせ, コラム

d15beeecc57cf37801ff0370eef56374_m 思い返せばすでに15年。

 縁あって2000年から福祉関連の道を進むことに。

 

 

 私が介護関連の仕事に携わるようになったのは介護保険が実施された2000年4月1日。転職したことがきっかけで、同日にオープンするケアハウス・デイサービス・ショートステイの事務局として働くことになったのだ。新しい施設で新しい制度の初日とあって、受け入れる側も利用する側も手探りの状態に近く、新しくきれいな施設での日々はあっという間に過ぎていった。

介護保険とは何だ?とかどうしたら利用できるのか?という問い合わせも多く同じ建物内にある包括支援センターの職員に色々聞きながら、受け答えをした覚えがある。

大変だったのは初めての介護報酬の請求で、まだ介護保険請求用のソフトもなく、介護保険番号や名前を請求のためだけに入力し、計画書と突き合わせながら入力をしていくのだが、計画と実施した日程や曜日が違ったり、回数の違いを夜遅くに問い合わせたこともたった。どの事業所もかなり遅くまで残って仕事をしていて、問い合わせの電話が夜にでもつながり、かかってくる状態が数か月続いた。

 

 私が仕事をしていた法人は区の委託事業所で、もともと結核病院等を運営していた社会福祉法人で、介護に関しても措置の時代から特別養護老人ホーム等の運営いくつかしていて、別のいくつかの施設から来た職員も多かった。ベテランの看護師や介護職が多く、わからないことに関し、よく教えてもらっていた。

 

 介護保険開始と同時にスタートし、利用者のデータ管理と介護保険の入力ができるシステムへの移行、利用金額の引き落とし等、運営側としてシステムの変更の変遷の時期に介護保険に関わっていた。

 

 働く側として携わり、父の介護を通して使う側や、福祉の関係者として介護保険外のサービスづくり等に係るとはこの時は全く考えてもいなかった。

 

(2)へ続きます

関連記事

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

寝れる。。太る。。。。。

父が亡くなり、変化といえば、寝られる、そして太った…。逆に言えば、介護が必要な時は寝られない。。寝て

記事を読む

介護者の病気

 介護する側が病気になると大変である。 ただでさえ介護があるのに病気の自分の面倒も見なけれ

記事を読む

オレンジリングを知っていますか?

 「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「

記事を読む

仕事と介護~介護離職しないために~

 ① 厚生労働省の取り組み  高齢者人口の増加と共に、介護保険制度上の要支援・要介護認定者数は

記事を読む

ホームページ開設いたしました。

昨年の6月10日、POLE・STAR株式会社を立ち上げ、 1年後の今年6月10日ホームページを開

記事を読む

薬の山!!

 ≪29億円の抑制効!!≫   何のことだと思いますか? これは2012年度に取

記事を読む

介護の先を考える

死後のこと、考えたことがありますか? 散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきて

記事を読む

高齢者と悪質商法

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース  

記事を読む

介護施設の倒産

今年4月に介護報酬が引き下げに。報酬が引き下げられるということは、同じサービスを提供しても収入が

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑