介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

公開日: : お知らせ, コラム

 

kaidan

 

 

 

 

 

 

 

「親に介護が必要?」

「退院後どうしよう?」

と、思ったらまずは地域の『包括支援センター』が窓口に。

もちろん他にも高齢者が自宅や地域で生活できるように必要な介護サービスや保健福祉サービス、その他の日常生活支援等の相談に応じてくれる。

 市区町村によるが、おおよそ中学校区を一区画として『日常生活圏域』と呼び包括支援センターが一つ配置されている。介護や地域に関する資料が置いてあるので、相談がなくても、もしもの時のために場所の確認がてら、高齢者用の資料をもらうだけでも、気軽に立ち寄ることもできる。

 

 包括支援センターには専門職として主任ケアマネージャー・社会福祉士・保健師等が基本的に配置されているので、総合的に相談を受ける体制が整っている。

 

○住民に対する主な業務

  • 総合相談支援事業

様々な相談に幅広く対応してくれる

  • 権利擁護業務

高齢者に対する虐待防止に関することや権利擁護に関すること

  • 介護予防・ケアマネジメント業務

介護の予防に関することや要支援と認定された方の予防プラン作成

  • 介護予防支援

地域の高齢者の状態を把握、介護予防の推進

 

介護に関することで困ったらまず、最初の窓口になるところ。

介護予防に関する支援も行っていて、介護保険利用の最初の窓口にもなる。

関連記事

お金がない!!

古今東西、新旧と話題に事欠かないテーマであり、なくてもあっても大問題を引き起こす。 日常で

記事を読む

地域活用術

介護保険法の改正もあり、ますます需要が高くなってくると思い地域について考えてみなした。 元気な

記事を読む

介護者の病気

 介護する側が病気になると大変である。 ただでさえ介護があるのに病気の自分の面倒も見なけれ

記事を読む

介護のほんねニュースに 父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした

記事を読む

doppoでコラムの連載が始まりました!

doppoにて≪転ばぬ先の杖ーコロツエ≫のコーナーでコラムを書かせていただくことになりました

記事を読む

介護と自分の健康

この季節になると、風邪薬の広告が目に付き、インフルエンザの予防接種ことが聞かれるようになる。父の

記事を読む

介護施設の倒産

今年4月に介護報酬が引き下げに。報酬が引き下げられるということは、同じサービスを提供しても収入が

記事を読む

2015年の夏に思うこと

 小学校中学年の頃、自分の住んでいる地域の歴史について、誰かにインタビューをするようにという宿題

記事を読む

介護とロボット~時代の流れに思うこと~

 そんな大げさなものではないが、たくさんのことが日々進化し、ついこの間までは未知の、夢のような話

記事を読む

大家さんの高齢化

  ‘衣・食・住’ どれも大切なものであるが、安心した暮らしをおくるうえで大切なの

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑