介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

公開日: : お知らせ, コラム

 

kaidan

 

 

 

 

 

 

 

「親に介護が必要?」

「退院後どうしよう?」

と、思ったらまずは地域の『包括支援センター』が窓口に。

もちろん他にも高齢者が自宅や地域で生活できるように必要な介護サービスや保健福祉サービス、その他の日常生活支援等の相談に応じてくれる。

 市区町村によるが、おおよそ中学校区を一区画として『日常生活圏域』と呼び包括支援センターが一つ配置されている。介護や地域に関する資料が置いてあるので、相談がなくても、もしもの時のために場所の確認がてら、高齢者用の資料をもらうだけでも、気軽に立ち寄ることもできる。

 

 包括支援センターには専門職として主任ケアマネージャー・社会福祉士・保健師等が基本的に配置されているので、総合的に相談を受ける体制が整っている。

 

○住民に対する主な業務

  • 総合相談支援事業

様々な相談に幅広く対応してくれる

  • 権利擁護業務

高齢者に対する虐待防止に関することや権利擁護に関すること

  • 介護予防・ケアマネジメント業務

介護の予防に関することや要支援と認定された方の予防プラン作成

  • 介護予防支援

地域の高齢者の状態を把握、介護予防の推進

 

介護に関することで困ったらまず、最初の窓口になるところ。

介護予防に関する支援も行っていて、介護保険利用の最初の窓口にもなる。

関連記事

<doppo>第3回コラムが掲載されました

<doppo>に第2回コラムが掲載されました。 今回のテーマは「介護のおかげで、とにかく予定が立

記事を読む

筋肉量が大事!

 2015年2月24日火曜日の朝日新聞の記事に、【筋肉量少ないと死亡率2倍】の記事が出ていた。

記事を読む

Ewel様情報交換会に参加いたしました。

○前半のミニセミナーにて<仕事と介護を続けていくための地域サービス活用術>をご紹介いたしました。

記事を読む

サービスは使っておいたほうがいい

ご相談で多いのが介護者の急な病気の相談。実はちょっと厄介な問題でもあるのです。介護保険サービスを使っ

記事を読む

介護のほんねに寄稿しました!

ウェブマガジン【doppo】に書かせていただいていたアラフォー女性への親の介護についての記事を書

記事を読む

寝れる。。太る。。。。。

父が亡くなり、変化といえば、寝られる、そして太った…。逆に言えば、介護が必要な時は寝られない。。寝て

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

死んでから!?

問題です。①~⑦は何から変身したのでしょうか? 鉛筆 標識 ダイヤモンド 弾

記事を読む

介護の先を考える

死後のこと、考えたことがありますか? 散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきて

記事を読む

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑