介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

公開日: : お知らせ, コラム

 

kaidan

 

 

 

 

 

 

 

「親に介護が必要?」

「退院後どうしよう?」

と、思ったらまずは地域の『包括支援センター』が窓口に。

もちろん他にも高齢者が自宅や地域で生活できるように必要な介護サービスや保健福祉サービス、その他の日常生活支援等の相談に応じてくれる。

 市区町村によるが、おおよそ中学校区を一区画として『日常生活圏域』と呼び包括支援センターが一つ配置されている。介護や地域に関する資料が置いてあるので、相談がなくても、もしもの時のために場所の確認がてら、高齢者用の資料をもらうだけでも、気軽に立ち寄ることもできる。

 

 包括支援センターには専門職として主任ケアマネージャー・社会福祉士・保健師等が基本的に配置されているので、総合的に相談を受ける体制が整っている。

 

○住民に対する主な業務

  • 総合相談支援事業

様々な相談に幅広く対応してくれる

  • 権利擁護業務

高齢者に対する虐待防止に関することや権利擁護に関すること

  • 介護予防・ケアマネジメント業務

介護の予防に関することや要支援と認定された方の予防プラン作成

  • 介護予防支援

地域の高齢者の状態を把握、介護予防の推進

 

介護に関することで困ったらまず、最初の窓口になるところ。

介護予防に関する支援も行っていて、介護保険利用の最初の窓口にもなる。

関連記事

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

POLE・STAR株式会社は2周年をむかえました。 これからもキャリアとケアの両立サポートを精

記事を読む

【介護のほんね】に第2回寄稿文(中編)掲載されています

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~父親の介護。会社の休みはどう取ったらいいの? 掲載され

記事を読む

エポック10フェスタ2016参加報告

 2016年6月11日に豊島区男女平等推進センターで行われたエポック10フェスタ2016にパネラーと

記事を読む

高齢者と詐欺

 先日のニュースで高齢者の詐欺がいまだに多いというニュースを見ました。   『

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

救急救命法講座を受講しました!

 救急救命法の講座を受けたことがありますか? 運転免許証の講習の時に受講したことがある、仕事柄

記事を読む

在宅介護でお世話になる方々

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。 仕事として見ているとあま

記事を読む

no image

家族との距離感

  家族だから仲がよくて当然。家族だから助け合って当然と思っている方も多いのではないでしょうか?

記事を読む

まさか?車いすに乗れない!!

 父は車いすに乗れなかった。   もちろん車いすにライセンスは必要ない。なんというかセンスがな

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑