ちょっと待って!その改修工事

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム, 備えあれば…

 親が高齢になってきて、玄関やお風呂場等に手すりを付けた方がいいかな?とか、和式のトイレが大変そう。と思ったら、工事をする前に包括支援センターなどに相談に行くといい。

 介護保険で改修工事費用の一部が給付される制度があるからである。

 介護保険の認定を受けていなかったり、非該当となっていても65歳以上で条件が合えば対象となる場合もある。

給付額に上限があるが、自己負担金も1割(所得によっては2割)となる。工事となると相当の金額がかかる。かかった費用の全額を支払い、後から給付金が戻ってくる仕組みで、手続きや事前の申請等、煩雑な面もあるが、9割(もしくは8割)お金が戻ってくるのはありがたいことである。

介護保険の申請をしていなかったり、介護保険の申請をするほどでもないから該当しないと思い、自費で行ってしまった、という方もいる。

事前申請が必要なため、工事後の申請では対象とならないので、注意が必要。

b70ebd304abc0479312e244c0b329452_m

 

 

 

 

 

 

 

 在宅での介護において、段差の解消やお風呂やトイレといった日常使うところで、転んだり、使うのに無理な動作を強いられることは意外と多い。

 元気な時は気が付かないが、在宅でのけがや転倒を防ぐためにも、早めに検討を考えてみるのもいいかもしれない。

 

 金額や回数に制限があるので、できないことや使い勝手が変わってくることも想定して、ケアマネージャーや包括支援センター等の専門職に相談するようにしたい。

 

 新築でも高齢者がいる場合には適用となるので、予定がある方や、不便を感じている方は一度相談へ!

 

関連記事

介護のほんねニュースに寄稿が載ります!

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした 先週に引き続き

記事を読む

在宅介護の負担

  負担を感じていませんか?  介護の負担感を抱えているのは自分だけと思っていませ

記事を読む

doppoにて新しい連載始めます!

1年に渡り介護についてのコラムを書かせていただいていたウェブマガジン【doppo】にて新しい連載のお

記事を読む

大家さんの高齢化

  ‘衣・食・住’ どれも大切なものであるが、安心した暮らしをおくるうえで大切なの

記事を読む

エポック10フェスタ2016参加報告

 2016年6月11日に豊島区男女平等推進センターで行われたエポック10フェスタ2016にパネラーと

記事を読む

介護のほんねに寄稿しました!

ウェブマガジン【doppo】に書かせていただいていたアラフォー女性への親の介護についての記事を書

記事を読む

112歳!!

   存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定

記事を読む

介護に関する情報収集について

親に介護が必要になった。というときは、急なことでバタバタすることが多い。兆候がある場合も多いが、介護

記事を読む

POLE・STAR株式会社は2周年をむかえました。 これからもキャリアとケアの両立サポートを精

記事を読む

SOSが出せない!

私自身、福祉関係の職場にいたが、SOSは出さなかった。 正確に言うと出せなかった。 &nbs

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑