ちょっと待って!その改修工事

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム, 備えあれば…

 親が高齢になってきて、玄関やお風呂場等に手すりを付けた方がいいかな?とか、和式のトイレが大変そう。と思ったら、工事をする前に包括支援センターなどに相談に行くといい。

 介護保険で改修工事費用の一部が給付される制度があるからである。

 介護保険の認定を受けていなかったり、非該当となっていても65歳以上で条件が合えば対象となる場合もある。

給付額に上限があるが、自己負担金も1割(所得によっては2割)となる。工事となると相当の金額がかかる。かかった費用の全額を支払い、後から給付金が戻ってくる仕組みで、手続きや事前の申請等、煩雑な面もあるが、9割(もしくは8割)お金が戻ってくるのはありがたいことである。

介護保険の申請をしていなかったり、介護保険の申請をするほどでもないから該当しないと思い、自費で行ってしまった、という方もいる。

事前申請が必要なため、工事後の申請では対象とならないので、注意が必要。

b70ebd304abc0479312e244c0b329452_m

 

 

 

 

 

 

 

 在宅での介護において、段差の解消やお風呂やトイレといった日常使うところで、転んだり、使うのに無理な動作を強いられることは意外と多い。

 元気な時は気が付かないが、在宅でのけがや転倒を防ぐためにも、早めに検討を考えてみるのもいいかもしれない。

 

 金額や回数に制限があるので、できないことや使い勝手が変わってくることも想定して、ケアマネージャーや包括支援センター等の専門職に相談するようにしたい。

 

 新築でも高齢者がいる場合には適用となるので、予定がある方や、不便を感じている方は一度相談へ!

 

関連記事

サービスは使っておいたほうがいい

ご相談で多いのが介護者の急な病気の相談。実はちょっと厄介な問題でもあるのです。介護保険サービスを使っ

記事を読む

介護と自分の健康

この季節になると、風邪薬の広告が目に付き、インフルエンザの予防接種ことが聞かれるようになる。父の

記事を読む

体育の日

 体育の日に毎年恒例で文部科学省により体力測定の結果が発表される。 それによると6歳から19歳

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~③

葬儀は誰のために行うのか?  葬儀は家族のみで行う。と何時の頃からか決めていた。  我が家の

記事を読む

介護と仕事~介護離職しないために~③

 平成24年総務省就業構造基本調査によると平成19年10月~平成24年9月までに家族の介護・看護

記事を読む

高齢化と免許

 最近よく耳にするニュースの一つが高齢者による自動車事故。認知症と診断された人が運転をしてガードレー

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

<doppo>に第2回コラムが掲載されました。 今回のテーマは「介護と休暇」についてです。

記事を読む

筋肉量が大事!

 2015年2月24日火曜日の朝日新聞の記事に、【筋肉量少ないと死亡率2倍】の記事が出ていた。

記事を読む

エポック10フェスタ2016参加報告

 2016年6月11日に豊島区男女平等推進センターで行われたエポック10フェスタ2016にパネラーと

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑