ちょっと待って!その改修工事

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム, 備えあれば…

 親が高齢になってきて、玄関やお風呂場等に手すりを付けた方がいいかな?とか、和式のトイレが大変そう。と思ったら、工事をする前に包括支援センターなどに相談に行くといい。

 介護保険で改修工事費用の一部が給付される制度があるからである。

 介護保険の認定を受けていなかったり、非該当となっていても65歳以上で条件が合えば対象となる場合もある。

給付額に上限があるが、自己負担金も1割(所得によっては2割)となる。工事となると相当の金額がかかる。かかった費用の全額を支払い、後から給付金が戻ってくる仕組みで、手続きや事前の申請等、煩雑な面もあるが、9割(もしくは8割)お金が戻ってくるのはありがたいことである。

介護保険の申請をしていなかったり、介護保険の申請をするほどでもないから該当しないと思い、自費で行ってしまった、という方もいる。

事前申請が必要なため、工事後の申請では対象とならないので、注意が必要。

b70ebd304abc0479312e244c0b329452_m

 

 

 

 

 

 

 

 在宅での介護において、段差の解消やお風呂やトイレといった日常使うところで、転んだり、使うのに無理な動作を強いられることは意外と多い。

 元気な時は気が付かないが、在宅でのけがや転倒を防ぐためにも、早めに検討を考えてみるのもいいかもしれない。

 

 金額や回数に制限があるので、できないことや使い勝手が変わってくることも想定して、ケアマネージャーや包括支援センター等の専門職に相談するようにしたい。

 

 新築でも高齢者がいる場合には適用となるので、予定がある方や、不便を感じている方は一度相談へ!

 

関連記事

オレンジリングを知っていますか?

 「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「

記事を読む

10年後の介護…。

 有識者らでつくる民間研究機関「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)は4日、今後10年で東京

記事を読む

【介護のほんね】に第2回寄稿文(中編)掲載されています

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~父親の介護。会社の休みはどう取ったらいいの? 掲載され

記事を読む

もしかして認知症?

   親の様子がおかしい? 最近人の名前が出てこなかったり、同じことを何度も聞いた

記事を読む

暑さ対策していますか?

暑さ対策していますか?   連日、酷暑・熱暑・猛暑と暑さの話題が続いています。

記事を読む

ひとりを楽しむ、アラフォー・40代独身女性 「ソロネーゼ」 のWEBマガジン【doppo】に新し

記事を読む

2015年の夏に思うこと

 小学校中学年の頃、自分の住んでいる地域の歴史について、誰かにインタビューをするようにという宿題

記事を読む

介護に関する情報収集について

親に介護が必要になった。というときは、急なことでバタバタすることが多い。兆候がある場合も多いが、介護

記事を読む

介護施設の倒産

今年4月に介護報酬が引き下げに。報酬が引き下げられるということは、同じサービスを提供しても収入が

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑