秋祭りに思うこと

公開日: : お知らせ, コラム

 秋の気配を感じ始めたこの頃、お彼岸に向けてお祭りの準備をしている商店街や神社を見かけ、初めて訪れたところでもなんだかとても懐かしい感じを覚えます。

a524982545f122af24152a54ff6e4fc8_m

 

 

 

 

 

 介護事業所で仕事をしていたとき、毎年秋祭りの季節に話に出るのが交通規制の話しです。

 私の働いていた所は基本的に年中無休だったので、お祭りの日でも関係なく、デイサービスもショートステイも送迎が行われます。 お神輿・山車も通るので交通規制が行われ、いつも通りのルートを通ることが難しくなるのです。  ドライバーや担当職員はとても大変そうでしたが、その中で、「この時間にここを通ると、お神輿が見られるかも?」とか「この通りをルートにしたら神社を回って来られるね?」等、少しでも利用者さんにお祭りの雰囲気を味わってもらえるようにという姿勢がありました。 地域に根差していること、季節ごとの行事等を味わってもらえるよう、施設内の雰囲気だけではなく、近くのイベント等にも注意をし、取り入れる等、気を配っている姿を見ました。 現場の職員にとっては当たり前のことだったのだと思います。でも、私は当たり前のこと過ぎて気が付かないことにも目を配れることが、人と向い合うことなのだと、改めて考えるきっかけとなりました。

 最近では、お祭りをすることも、お神輿や山車を管理するのも、大変になってきていると聞きます。  毎年の風物詩、参加の仕方は変わっても楽しみにしている人もたくさんいます。もちろん、自分もその一人。地域で何かかかわっていけるのかと考えています。

関連記事

幕の引き方

旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

記事を読む

体育の日

 体育の日に毎年恒例で文部科学省により体力測定の結果が発表される。 それによると6歳から19歳

記事を読む

煙草は悪いことなのか?

 高齢になってくるとそれなりにあまり健康ではない状況や病気等が出てくる。それに伴い、お酒やたばこなど

記事を読む

介護者30代男性、要介護者50代お母様の場合

   ○介護者:30歳代男性  要介護者:50歳代母 【相談内容】 お母様のが

記事を読む

【介護のほんね】に第2回寄稿文(中編)掲載されています

父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~父親の介護。会社の休みはどう取ったらいいの? 掲載され

記事を読む

介護施設の倒産

今年4月に介護報酬が引き下げに。報酬が引き下げられるということは、同じサービスを提供しても収入が

記事を読む

介護の先を考える

死後のこと、考えたことがありますか? 散骨・樹木葬・骨仏等お墓に骨を埋葬しない形態も増えてきて

記事を読む

もしかして認知症?

   親の様子がおかしい? 最近人の名前が出てこなかったり、同じことを何度も聞いた

記事を読む

仕事と介護~介護離職しないために~

 ① 厚生労働省の取り組み  高齢者人口の増加と共に、介護保険制度上の要支援・要介護認定者数は

記事を読む

薬の山!!

 ≪29億円の抑制効!!≫   何のことだと思いますか? これは2012年度に取

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑