家族との距離感

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 お知らせ, コラム, 介護者の心

  家族だから仲がよくて当然。家族だから助け合って当然と思っている方も多いのではないでしょうか?

でも。一概に同じではない場合もある。仲がいいと思っていても、それぞれに思っていることは違っていたり、保ちたい距離感が違っていてたり。

0b5c36ff41184dcb039d4d48d585dbc9_m

 そして、絶妙なバランスで保たれていた家族関係はちょっとしたことでバランスを崩してしまうこともあります。誰かに介護が必要になったとか、一緒に暮らす状況になったとか、亡くなったとか等。

 家族は血のつながりもあり、それまでの歴史があります。それでも、その分憎しみやストレスの原因になることもあるようです。

 最近では、実は家族の関係やあり方に悩んでいるといったことも話題になっていますが、成長し、それぞれの価値観があり、そして老いていくというなかで、様々に関係が変わっていくことは当然のことです。

 どんな関係なのかはきっと本人同士でさえも認識していないのでは。そんな中で誰かが介護が必要になったり、生活を別にすることで、関係性が変わってしまったということもよく聞く話です。

 一緒に暮らしていた親子が、父親が病気で療養生活が必要になり、長期に療養できる施設に入所。母親との2人暮らしになって数カ月で、足音が聞こえることさえも苦痛になり、過呼吸をおこすなどの身体的症状を訴えて家を出てしまったという娘の事例もあります。

 また、一人っ子だったので、親子の仲もよく、休日には一緒に出掛けていたのに、父親が急な病気で亡くなってしまったとたんに、母と娘の関係がうまくいかなくなってしまい互いにどのように接していいのかわからないという相談も。

 

 まさか、と思うかもしれませんが、当事者が一番驚いていて、親に申し訳ないと考えてしまい、無理して心身共に疲れて、病気になってしまうことにもつながります。

家族と仲がよくても距離感や関係性をしっかりと保てることはとても大切です。もし、適度な関係性や距離をつかめなくなってしまったら、まずは距離を保つこと、必要であれば別居するなど物理的に距離をとることが必要な時もあります。

 こういう事態の時、周りは無責任に子供に対し薄情だとか、無責任だとか、攻めてしまいますが、こじれすぎるよりは、お互いを思いやれる距離を保てる関係を目指した方がいいと思います。

関連記事

介護のほんねニュースに 父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護のはじまりは、病気でした

記事を読む

【高齢社会をよくする女性の会】会報に記事を寄稿させていただきました。

樋口恵子さんが代表を務める【高齢社会をよくする女性の会】の会報に寄稿せていただきました。 

記事を読む

10年の月日にて

父が亡くなって、約3か月。新盆もすみあっという間。時間が経つのは早いものだ、と、妙に思う。別にそ

記事を読む

<doppo>に第2回コラムが掲載されました。 今回のテーマは「介護と休暇」についてです。

記事を読む

<doppo>第3回コラムが掲載されました

<doppo>に第2回コラムが掲載されました。 今回のテーマは「介護のおかげで、とにかく予定が立

記事を読む

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~②

② 遺影撮影<一番の笑顔を> そういえば最近、きちんと写真を撮ったことがない。 昔よりデジタ

記事を読む

もしかして認知症?

   親の様子がおかしい? 最近人の名前が出てこなかったり、同じことを何度も聞いた

記事を読む

年を重ねると? 

 半分本気で半分は?で思うことは、“年を重ねることは侮れない”である。生きてきた年月が違うし生きてき

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑