国際福祉機器展2015へ行ってきました

公開日: : コラム, ニュース等

③  昨年に引き続き、東京ビックサイトで開催されている“国際福祉機器展”へ行ってきました。

 広い会場にたくさんの分野のアイテムが紹介されています。

○車

介護用の車といえばタイプが決まっていたのが、車いすごと搬入できるキャンピングカーや障害がある方が自分で運転できるスポーツカータイプのもあり、好きなタイプの車や使いたい用途に合わせて選択肢が増えていることに嬉しくなってしまいました。

○ベッド

以前は足や頭の上げ下げが中心でしたが、昼間はベッドの高さで、寝るときは床に近い高さにさげられるタイプなど、事故や使い勝手に考慮されたものもありました。

布団かベッドの2択を迫られることなく、生活シーンに合わせて変えられるのは便利です。

○見守りようソフト等

タブレットやスマートフォンの普及に伴い、それらを活用した見守り等ができるサービスも増えていました。②

○新素材

介護用のユニフォームが入浴介助などで濡れてもすぐ乾くとか、スプーンやフォークの持ち手等がより使い勝手がよくなるために使われていたり、様々なところで新たな商品がありました。

○車いす用品

車いすなどに長時間座っても疲れにくい様なマットや立ち上がる時に後ろが上がり立ちやすくなるものなどもありました。

○リハビリ用ロボット

最近のロボット研究は素晴らしい進歩だとニュースや新聞等でも取り上げられていますが、脳の動きを察知するアシスト機能がついているものなどもありました。

 

新しい視点で新しいものがたくさん開発されていてる福祉機器。

当たり前だと思っていることが当たり前ではないことも多いようです。

介護保険の範囲内で使用できるものは少ないかもしれませんが、“あったらいいな”が意外とアイテムになっていることもあるかもしれません。こんなことができないのかな?こんな風に使えるといいな?を探してみると意外と自分の介護に役に立つものが発見できるかもしれません。

 ②

関連記事

介護と自分の健康

この季節になると、風邪薬の広告が目に付き、インフルエンザの予防接種ことが聞かれるようになる。父の

記事を読む

10年の月日にて

父が亡くなって、約3か月。新盆もすみあっという間。時間が経つのは早いものだ、と、妙に思う。別にそ

記事を読む

≪介護保険の申請をする≫手順

○介護保険を利用する時の手順 1)住んでいる市区町村の担当窓口で介護保険利用開始の手続きを行う

記事を読む

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

敬老の日に

 内閣府のホームページによると、敬老の日とは【9月の第3月曜日、多年にわたり社会につくしてきた老

記事を読む

介護保険は早めに申請する!

  『まだ大丈夫!』 『お上の世話にはなりたくない。』 『面倒くさい…。』介護保険にこんな

記事を読む

SOSが出せない!

私自身、福祉関係の職場にいたが、SOSは出さなかった。 正確に言うと出せなかった。 &nbs

記事を読む

オレンジリングを知っていますか?

 「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環として「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「

記事を読む

暑さ対策していますか?

暑さ対策していますか?   連日、酷暑・熱暑・猛暑と暑さの話題が続いています。

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑