国際福祉機器展2015へ行ってきました

公開日: : コラム, ニュース等

③  昨年に引き続き、東京ビックサイトで開催されている“国際福祉機器展”へ行ってきました。

 広い会場にたくさんの分野のアイテムが紹介されています。

○車

介護用の車といえばタイプが決まっていたのが、車いすごと搬入できるキャンピングカーや障害がある方が自分で運転できるスポーツカータイプのもあり、好きなタイプの車や使いたい用途に合わせて選択肢が増えていることに嬉しくなってしまいました。

○ベッド

以前は足や頭の上げ下げが中心でしたが、昼間はベッドの高さで、寝るときは床に近い高さにさげられるタイプなど、事故や使い勝手に考慮されたものもありました。

布団かベッドの2択を迫られることなく、生活シーンに合わせて変えられるのは便利です。

○見守りようソフト等

タブレットやスマートフォンの普及に伴い、それらを活用した見守り等ができるサービスも増えていました。②

○新素材

介護用のユニフォームが入浴介助などで濡れてもすぐ乾くとか、スプーンやフォークの持ち手等がより使い勝手がよくなるために使われていたり、様々なところで新たな商品がありました。

○車いす用品

車いすなどに長時間座っても疲れにくい様なマットや立ち上がる時に後ろが上がり立ちやすくなるものなどもありました。

○リハビリ用ロボット

最近のロボット研究は素晴らしい進歩だとニュースや新聞等でも取り上げられていますが、脳の動きを察知するアシスト機能がついているものなどもありました。

 

新しい視点で新しいものがたくさん開発されていてる福祉機器。

当たり前だと思っていることが当たり前ではないことも多いようです。

介護保険の範囲内で使用できるものは少ないかもしれませんが、“あったらいいな”が意外とアイテムになっていることもあるかもしれません。こんなことができないのかな?こんな風に使えるといいな?を探してみると意外と自分の介護に役に立つものが発見できるかもしれません。

 ②

関連記事

≪介護保険を申請する≫認定調査の心得

面接調査は要介護認定に直接つながる。状況をきちんと伝えることが大切。   &n

記事を読む

介護に関する情報収集について

親に介護が必要になった。というときは、急なことでバタバタすることが多い。兆候がある場合も多いが、介護

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~③

葬儀は誰のために行うのか?  葬儀は家族のみで行う。と何時の頃からか決めていた。  我が家の

記事を読む

まさか?車いすに乗れない!!

 父は車いすに乗れなかった。   もちろん車いすにライセンスは必要ない。なんというかセンスがな

記事を読む

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

骨のお話

 父を荼毘にふしたとき、判明したことがある。斎場の係の人がビックリするくらい、父の骨は丈夫でしっ

記事を読む

煙草は悪いことなのか?

 高齢になってくるとそれなりにあまり健康ではない状況や病気等が出てくる。それに伴い、お酒やたばこなど

記事を読む

死んでから!?

問題です。①~⑦は何から変身したのでしょうか? 鉛筆 標識 ダイヤモンド 弾

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑