国際福祉機器展2015へ行ってきました

公開日: : コラム, ニュース等

③  昨年に引き続き、東京ビックサイトで開催されている“国際福祉機器展”へ行ってきました。

 広い会場にたくさんの分野のアイテムが紹介されています。

○車

介護用の車といえばタイプが決まっていたのが、車いすごと搬入できるキャンピングカーや障害がある方が自分で運転できるスポーツカータイプのもあり、好きなタイプの車や使いたい用途に合わせて選択肢が増えていることに嬉しくなってしまいました。

○ベッド

以前は足や頭の上げ下げが中心でしたが、昼間はベッドの高さで、寝るときは床に近い高さにさげられるタイプなど、事故や使い勝手に考慮されたものもありました。

布団かベッドの2択を迫られることなく、生活シーンに合わせて変えられるのは便利です。

○見守りようソフト等

タブレットやスマートフォンの普及に伴い、それらを活用した見守り等ができるサービスも増えていました。②

○新素材

介護用のユニフォームが入浴介助などで濡れてもすぐ乾くとか、スプーンやフォークの持ち手等がより使い勝手がよくなるために使われていたり、様々なところで新たな商品がありました。

○車いす用品

車いすなどに長時間座っても疲れにくい様なマットや立ち上がる時に後ろが上がり立ちやすくなるものなどもありました。

○リハビリ用ロボット

最近のロボット研究は素晴らしい進歩だとニュースや新聞等でも取り上げられていますが、脳の動きを察知するアシスト機能がついているものなどもありました。

 

新しい視点で新しいものがたくさん開発されていてる福祉機器。

当たり前だと思っていることが当たり前ではないことも多いようです。

介護保険の範囲内で使用できるものは少ないかもしれませんが、“あったらいいな”が意外とアイテムになっていることもあるかもしれません。こんなことができないのかな?こんな風に使えるといいな?を探してみると意外と自分の介護に役に立つものが発見できるかもしれません。

 ②

関連記事

鬼と一緒に風邪等も!

‘福は内。鬼は外。’ 節分に豆をまいて、禍(鬼)は外へと追い払う。 一番寒いこの時期は風

記事を読む

サービスは使っておいたほうがいい

ご相談で多いのが介護者の急な病気の相談。実はちょっと厄介な問題でもあるのです。介護保険サービスを使っ

記事を読む

大家さんの高齢化

  ‘衣・食・住’ どれも大切なものであるが、安心した暮らしをおくるうえで大切なの

記事を読む

体育の日

 体育の日に毎年恒例で文部科学省により体力測定の結果が発表される。 それによると6歳から19歳

記事を読む

もしかして認知症?

   親の様子がおかしい? 最近人の名前が出てこなかったり、同じことを何度も聞いた

記事を読む

在宅介護の負担

  負担を感じていませんか?  介護の負担感を抱えているのは自分だけと思っていませ

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~②

② 遺影撮影<一番の笑顔を> そういえば最近、きちんと写真を撮ったことがない。 昔よりデジタ

記事を読む

『2025年問題』

 2015年団塊の世代が65歳を迎えています。  10年後の2025年にはその世代が75歳にな

記事を読む

お金がない!!

古今東西、新旧と話題に事欠かないテーマであり、なくてもあっても大問題を引き起こす。 日常で

記事を読む

高齢者と詐欺

 先日のニュースで高齢者の詐欺がいまだに多いというニュースを見ました。   『

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑