ニュースより『三流の患者』?

公開日: : お知らせ, ニュース等

医者気になる記事を見つけたのでご紹介します。

お医者様が書かれた本のご紹介。

最良の医療にたどり着ける、それを引き出せる患者のこと書かれているそうです。

病院、お医者様に限らず人が人をケアする現場において考えると、介護の現場にも当てはまりそうです。

媚びを売れとも、おとなしくしているようにとも言うつもりはありません。

でも、どんなにプロであっても人間なのです。

病気や高齢になって不安になってナーバスになっている状況も理解しようと努力をしています。

プロである以上、プロであろうと努力している方がほとんどだと思います。

でも感情もあるし、暴言や理不尽なことを言われれば最低限のお付き合いで済ませたい。と思ってしまうこともあると思います。

礼節を忘れずに接することが大切なのだだなぁと、思いました。

http://dot.asahi.com/wa/2016060900221.html?page=1

関連記事

112歳!!

   存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定

記事を読む

大家さんの高齢化

  ‘衣・食・住’ どれも大切なものであるが、安心した暮らしをおくるうえで大切なの

記事を読む

私のキャリア&ケア(1)

 思い返せばすでに15年。  縁あって2000年から福祉関連の道を進むことに。  

記事を読む

【高齢社会をよくする女性の会】会報に記事を寄稿させていただきました。

樋口恵子さんが代表を務める【高齢社会をよくする女性の会】の会報に寄稿せていただきました。 

記事を読む

POLE・STAR株式会社は2周年をむかえました。 これからもキャリアとケアの両立サポートを精

記事を読む

介護の年数

  ◇介護の年数    介護の年数はどれくらいなのでしょう?  

記事を読む

介護に関する最初の窓口『地域包括支援センター』

           

記事を読む

え?覚えないの???

 地域活動の特別養護老人ホームボランティアをされている素敵な人生の先輩方にお会いしました。 た

記事を読む

介護保険はどんな制度なのか? 

【介護保険の仕組み】 介護保険とは、社会全体で「介護」を支えていくために平成12年4月に「介護保険制

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~③

葬儀は誰のために行うのか?  葬儀は家族のみで行う。と何時の頃からか決めていた。  我が家の

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑