エポック10フェスタ2016参加報告

公開日: : こぼれ話, コラム, 活動報告

 2016年6月11日に豊島区男女平等推進センターで行われたエポック10フェスタ2016にパネラーとして参加させていただきました。DSCF4115

樋口恵子さんもご登壇され、講演の中で高齢者会や介護に関する時代を映すキーワードを提示しお話しさせていただいたところ、樋口恵子さんから新たなキーワードをご紹介いただいたのでここでご紹介させていただきます。

樋口さんは「ぬれ落ち葉」も最初に使われた言葉だそうです!!

DSCF4112

○大介護時代

ご自身の著書の題名にもなっています。

戦後、未曾有の高齢社会を生きる私たちにとって、介護も切り離せない問題です。

誰もが誰かの介護に関わる時代。その数の多さから今を「大介護時代」と表現されています。

 

○ファミレス時代

ファミリー+レス(少ない・ない)時代

戦後の日本では結婚が当たり前の時代だったそうです。

昭和22年最高の婚姻率になり、(人口千対)も12.0となり、昭和40年代後半には100万組を超え、婚姻率(人口千対)も10.0以上で、婚姻ブームでした。

平成21年の婚姻件数は70万7824組で、前年の72万6106組より1万8282組減少し、婚姻率(人口千対)は5.6で前年の5.8を下回ったという結果があります。

結婚する、しないを選択する時代ともいえるのかもしれませ。そうなると当然増えるのが単身者。

そこで家族がいない人が増える時代ということで「ファミレス時代」

 

○一億総介護時代

政策として掲げられている「一億総活躍時代」

そこで高齢者が増え、介護の担い手不足も深刻な状況にあると言われている誰もが、住み慣れた地域で暮らしていけるために、誰もが介護の担い手になって支えあいのネットワークができるように。

 

○ケアされ上手

ケアされる側もする側も人間です。感情もあります。気分だってあります。

そこでケアする側も気持ちよく、ケアされる側も気持ちよく

「ケアされ上手」になるようにと。媚びなければならないと言っているのではなく、お互いに楽しい関係が保てるようにということです。

 何をしてもらうにも、病気や老いで心配なことがあって、介護する側へ「馬鹿野郎」しか言わなかったら、どんなプロフェッショナルも家族もかかわりを持ちたくない。と思うもの。お互いがお互いを思いやれる関係が大切です。

 

樋口恵子さんが今をとらえて考えられた言葉です。

講演の中でお話ししてくださったものなので、使われ方等に関しては私が聞いて解釈したものになっています。でも、クスリ・ニヤリ・ホ~!となるものばかりですよね!

 

DSCF4102

参考:厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai09/kekka4.html

関連記事

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

え?覚えないの???

 地域活動の特別養護老人ホームボランティアをされている素敵な人生の先輩方にお会いしました。 た

記事を読む

大家さんの高齢化

  ‘衣・食・住’ どれも大切なものであるが、安心した暮らしをおくるうえで大切なの

記事を読む

終活ミーティングのススメ

 旧盆のこの時期、帰省したり、家族が集まる機会があるのではないでしょうか。 そんな時、せっかく集まっ

記事を読む

高い声?低い声?

高齢の方と話す時、どんな声のトーンで話しているか?自分で意識したことがあるだろうか。 大きな声

記事を読む

仕事と介護~介護離職しないために~

 ① 厚生労働省の取り組み  高齢者人口の増加と共に、介護保険制度上の要支援・要介護認定者数は

記事を読む

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

高齢化と免許

 最近よく耳にするニュースの一つが高齢者による自動車事故。認知症と診断された人が運転をしてガードレー

記事を読む

介護保険はどんな制度なのか? 

【介護保険の仕組み】 介護保険とは、社会全体で「介護」を支えていくために平成12年4月に「介護保険制

記事を読む

秋祭りに思うこと

 秋の気配を感じ始めたこの頃、お彼岸に向けてお祭りの準備をしている商店街や神社を見かけ、初めて訪

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑