エポック10フェスタ2016参加報告

公開日: : こぼれ話, コラム, 活動報告

 2016年6月11日に豊島区男女平等推進センターで行われたエポック10フェスタ2016にパネラーとして参加させていただきました。DSCF4115

樋口恵子さんもご登壇され、講演の中で高齢者会や介護に関する時代を映すキーワードを提示しお話しさせていただいたところ、樋口恵子さんから新たなキーワードをご紹介いただいたのでここでご紹介させていただきます。

樋口さんは「ぬれ落ち葉」も最初に使われた言葉だそうです!!

DSCF4112

○大介護時代

ご自身の著書の題名にもなっています。

戦後、未曾有の高齢社会を生きる私たちにとって、介護も切り離せない問題です。

誰もが誰かの介護に関わる時代。その数の多さから今を「大介護時代」と表現されています。

 

○ファミレス時代

ファミリー+レス(少ない・ない)時代

戦後の日本では結婚が当たり前の時代だったそうです。

昭和22年最高の婚姻率になり、(人口千対)も12.0となり、昭和40年代後半には100万組を超え、婚姻率(人口千対)も10.0以上で、婚姻ブームでした。

平成21年の婚姻件数は70万7824組で、前年の72万6106組より1万8282組減少し、婚姻率(人口千対)は5.6で前年の5.8を下回ったという結果があります。

結婚する、しないを選択する時代ともいえるのかもしれませ。そうなると当然増えるのが単身者。

そこで家族がいない人が増える時代ということで「ファミレス時代」

 

○一億総介護時代

政策として掲げられている「一億総活躍時代」

そこで高齢者が増え、介護の担い手不足も深刻な状況にあると言われている誰もが、住み慣れた地域で暮らしていけるために、誰もが介護の担い手になって支えあいのネットワークができるように。

 

○ケアされ上手

ケアされる側もする側も人間です。感情もあります。気分だってあります。

そこでケアする側も気持ちよく、ケアされる側も気持ちよく

「ケアされ上手」になるようにと。媚びなければならないと言っているのではなく、お互いに楽しい関係が保てるようにということです。

 何をしてもらうにも、病気や老いで心配なことがあって、介護する側へ「馬鹿野郎」しか言わなかったら、どんなプロフェッショナルも家族もかかわりを持ちたくない。と思うもの。お互いがお互いを思いやれる関係が大切です。

 

樋口恵子さんが今をとらえて考えられた言葉です。

講演の中でお話ししてくださったものなので、使われ方等に関しては私が聞いて解釈したものになっています。でも、クスリ・ニヤリ・ホ~!となるものばかりですよね!

 

DSCF4102

参考:厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai09/kekka4.html

関連記事

介護、その後~いつか来るその日のために~③

葬儀は誰のために行うのか?  葬儀は家族のみで行う。と何時の頃からか決めていた。  我が家の

記事を読む

‘サ高住’

ネットの検索エンジンに‘サ高住’と入れるとちゃんと検索できるんです! 何のことかわかりますか?

記事を読む

寝れる。。太る。。。。。

父が亡くなり、変化といえば、寝られる、そして太った…。逆に言えば、介護が必要な時は寝られない。。寝て

記事を読む

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

112歳!!

   存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定

記事を読む

最善の方法は?

 最寄駅から自宅に向かって歩いていたとき、高齢の女性とそれを支える若い女性とすれ違った。スーパー

記事を読む

介護とロボット~時代の流れに思うこと~

 そんな大げさなものではないが、たくさんのことが日々進化し、ついこの間までは未知の、夢のような話

記事を読む

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

介護に関する情報収集について

親に介護が必要になった。というときは、急なことでバタバタすることが多い。兆候がある場合も多いが、介護

記事を読む

高齢者と悪質商法

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース  

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑