ご近所付き合いについて

公開日: : コラム, 備えあれば…

これ、難しい問題です。

関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。

特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子供世代と高齢者世代の家族だと、いざという時に協力してもらえることも。

ただし、関わりすぎるのは難しい。

ご近所さんに90歳を過ぎてもお元気でお過ごしでの方がいる。とてもお元気でお過ごしだったが、この夏の暑さは、体にこたえたようである。

熱中症で具合が悪くなったのだ。

いつものかかり付け医に行くために、タクシーを自力で呼ぼうとしてもつながらず、我が家に連絡がはいったのだ。母がたまたま自宅におり、タクシーを手配し、病院にご一緒し、点滴をしてもらい、自力で帰宅されたのだ。

 

さて、ここからがさらに問題。c632770bf3606d0b52dd490b8af3a618_m

我々は家族でも親戚でもないのです。

経口補水液や、スポーツドリンクを買ってお届けするぐらいのサポートはできるが、それ以上は正直、関わりにくい。

結局は次の日にまた、かかりつけ医の病院に行き、本人が交渉をして、体力が戻るまで入院させてくれる病院を探してもらったのだ。でも、そこまで心配でも、我々ご近所さんではどうにもできないのだ。

 

言ってくれれば何かできるかもしれない。

当事者からすればきっと、頼れるけれど、頼りっぱなしはどうにも、悪い気がする…。

かみ合っているようですれ違っているのです。

 

しかし、遠くの親戚より近くの他人。

すぐに対応できるのはやっぱりご近所さんではないかと思います。

働く介護者については頼りたくなくても頼らざるおえない強い見方なのですが。

付き合い方は適度な距離をもって、過不足なく、というところでしょうか?

 

 

関連記事

仕事と介護~介護離職しないために~③

 しかっかり元気なうちに方針を決める   サスペンスによくある、とてもいい家族に見えて実は…。

記事を読む

≪介護保険の申請をする≫手順

○介護保険を利用する時の手順 1)住んでいる市区町村の担当窓口で介護保険利用開始の手続きを行う

記事を読む

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

112歳!!

   存命中の男性で世界最高齢ということで、名古屋に住む112歳の男性がギネスに認定

記事を読む

在宅介護の負担

  負担を感じていませんか?  介護の負担感を抱えているのは自分だけと思っていませ

記事を読む

在宅介護でお世話になる方々

 在宅介護で使えるサービスは様々あり、それに携わる方もたくさんいる。 仕事として見ているとあま

記事を読む

え?覚えないの???

 地域活動の特別養護老人ホームボランティアをされている素敵な人生の先輩方にお会いしました。 た

記事を読む

備蓄について

  9月1日といえば防災の日。 あいにくの天気だが、各地で様々な防災訓練等が行われ

記事を読む

介護とロボット~時代の流れに思うこと~

 そんな大げさなものではないが、たくさんのことが日々進化し、ついこの間までは未知の、夢のような話

記事を読む

死んでから!?

問題です。①~⑦は何から変身したのでしょうか? 鉛筆 標識 ダイヤモンド 弾

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑