幕の引き方

公開日: : コラム, 考えておきたい自分の老後

ab9c53139fa19a6d85f244d2d9fb2243_m旦那様を早くになくし、子供さんがいないため、大きな古いお家でお一人暮らしのお知り合いの素敵なご婦人。

甥御さんと姪御さんが時折様子を身には寄ってくれる。

90歳を過ぎた今でもお元気。

 

数年前、80歳代がもうすぐ終わるというとき、決断を迫られました。

立派なお屋敷が老朽化のためにいよいよ住めなくなってきたのです。

そのときの決断は施設にも入らず土地の半分を売却し、家を新築することにしたのです。

 

ご本人もだいぶ悩まれたようですが、本人の望む施設は予算的に厳しく、病気もない元気な身としてはいつまでお金が続くかはわからない。その不安を抱え施設で暮らすのは無理。とのことで家を新築したのです。

 

難しい選択で数年の熟考の末決定したとのこと。私からするとそれが正しいのかは正直わかりません。いつまで一人で暮らしていけるかの年数を考えると、どうやって幕引きをするんだろう?と心配をしたものでした。

 

数年経ち、家を建てたときはまだ元気なだったのですが、だんだんと体が弱ってきて乗っていた自転車にも乗れなくなり、買い物に行けなくなり、今まで病気もしなかったのに今年の夏は熱中症で動けなくなってしまいました。

今回は本人がまだ動けたのでどうにかできましたが、連絡もできない状況にだったら、これからどうするのか?とさらに心配をしています。

 

本人が懸命に考えだした答えにとやかくといえる立場ではありませんし、そんな権限もないことも承知しています。

でも、どうされるんだろうと、心配せずにいられないのです。

 

何か決断をするときに最後の始末まで考えておかなければならないと切実に考えなければならないと、改めて考えさせられました。施設だけが正しい選択ではないと思います。

でも体が弱くなり、判断力が鈍ってきたり、認知症になったり、将来のことは全く想像がつかないのも本当のところです。

そして高齢になるということは様々な変化への対応や判断が鈍ってくるという現実もあります。今なら想像ができるのですが、そのころに客観視していられるほど心身ともに健康でいられるかということは、今のところ、全くわからないことなのです。

 できれば芝居の幕を閉じるようにさっと格好良く幕を下ろしたいと、切に願ってはおりますが、こればかりはどうにもならないことなので…。

関連記事

もしかして認知症?

   親の様子がおかしい? 最近人の名前が出てこなかったり、同じことを何度も聞いた

記事を読む

終活ミーティングのススメ

 旧盆のこの時期、帰省したり、家族が集まる機会があるのではないでしょうか。 そんな時、せっかく集まっ

記事を読む

介護に関する情報収集について

親に介護が必要になった。というときは、急なことでバタバタすることが多い。兆候がある場合も多いが、介護

記事を読む

鬼と一緒に風邪等も!

‘福は内。鬼は外。’ 節分に豆をまいて、禍(鬼)は外へと追い払う。 一番寒いこの時期は風

記事を読む

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

親の老い 自分の老い

 自分が今の親の年齢になった時、自分はどのような晩年をどのように過ごしたいのか、考えたことはあり

記事を読む

≪介護保険の申請をする≫手順

○介護保険を利用する時の手順 1)住んでいる市区町村の担当窓口で介護保険利用開始の手続きを行う

記事を読む

秋祭りに思うこと

 秋の気配を感じ始めたこの頃、お彼岸に向けてお祭りの準備をしている商店街や神社を見かけ、初めて訪

記事を読む

高い声?低い声?

高齢の方と話す時、どんな声のトーンで話しているか?自分で意識したことがあるだろうか。 大きな声

記事を読む

介護保険は早めに申請する!

  『まだ大丈夫!』 『お上の世話にはなりたくない。』 『面倒くさい…。』介護保険にこんな

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑