サービスは使っておいたほうがいい

公開日: : 最終更新日:2016/10/03 コラム, 介護保険, 知っておきたい介護のこと, 親の介護

4f4d47a1e3a6188102757c54dc838060_m

ご相談で多いのが介護者の急な病気の相談。

実はちょっと厄介な問題でもあるのです。

介護保険サービスを使っている場合は自費でも、介護保険内でも何とかなるのですが、使っていないと、全て最初から探さなければならないのです。

まだ高齢者世帯はケアマネが動いてくれるし、自費での介護保険サービスの利用も検討できる。

でも、これはサービスを利用していた場合のこと。

今まで利用していない場合はすぐにとはなかなか使えないのです。

一見不親切にみえるかもしれませんが、初めての利用に関しては状況を把握できないこともあり、特に週末だと、責任者不在で受け入れられないこともあるのです。

 

これは一般的に使えるサービス問題でも同じだと思います。

例えばネット買い物サービスでも登録をしておかなければ、使えません。

家事サービスなども事前に登録が必要だと思います。

 

介護保険も含めて民間サービス問題でも利用しておくと、すでに登録した顧客として利用ができるのです。

 

これは介護が必要になったときにも同じことがいえます。

突然、ショートステイを利用することになると、違う環境になったときパニックになったり、病気になって滞在できなかったり、暴れて手に負えないというケースもあります。

 できれば判断力があるうちに、サービスに慣れてもらっていると介護する側が泊りがけで出かけなければならなくなったときなど、安心してショートステイ等がお願いできます。

介護する側がインフルエンザ等の病気になることもあるのです。

 

サービスを提供する側は決してサービスを提供したくない訳ではないのです。

でも、人を派遣する、預かるとなったときに知らないままではできないのです。

事前に介護する側・される側の情報を得なければならないし、家の環境やどのような介護計画で行うのかを判断し、サービスの利用が始まるのです。

 

まだまだ?

たぶん大丈夫?

は、そろそろ様々なサービスを使ってみる時期に来ていると思います。

よく見て調べて納得して使うためにも早め早めにサービスを知って、使うことが大事です。

介護される側の頭も心も柔らかいうちに。

 

関連記事

父介護:2005年秋から2014年春

2014年4月下旬、父は長い在宅での介護の末、享年80歳で永眠いたしました。4月の上旬の入院

記事を読む

介護、その後 ~いつか来るその日のために~①

 ①年賀状のすすめ  年賀状の利用を増やす回し者ではないのであしからず。  師走になると急に

記事を読む

ご近所付き合いについて

これ、難しい問題です。関わりすぎてもダメ、関わらなすぎてもダメ。特に高齢者だけの世帯や、仕事を持つ子

記事を読む

携帯電話使えますか?

 2010年の国勢調査における携帯電話やスマートフォン等の機器の普及率は日本の総人口1億2805

記事を読む

大家さんの高齢化

  ‘衣・食・住’ どれも大切なものであるが、安心した暮らしをおくるうえで大切なの

記事を読む

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

介護と自分の健康

この季節になると、風邪薬の広告が目に付き、インフルエンザの予防接種ことが聞かれるようになる。父の

記事を読む

介護の年数

  ◇介護の年数    介護の年数はどれくらいなのでしょう?  

記事を読む

≪介護保険の申請をする≫手順

○介護保険を利用する時の手順 1)住んでいる市区町村の担当窓口で介護保険利用開始の手続きを行う

記事を読む

介護に関する情報収集について

親に介護が必要になった。というときは、急なことでバタバタすることが多い。兆候がある場合も多いが、介護

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑