ケアされ上手はお得です!

公開日: : 最終更新日:2016/10/04 こぼれ話, コラム

 介護する側、される側。どちらも同じ人間です。

大事なのはどんな状況であれ、思いやりやコミュニケーションです。

 

介護する側は介護が必要な方に対して思いやって当然、優しくて当然!

と言われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

もちろん、現場で働く方々はプロフェッショナルです。どんな利用者にあっても、平等に接するよう心掛けていることと思います。

 でも、

『いつも明るく楽しそうなAさん』『いつも文句や嫌味しか言わないBさん』

がいたらあなたならどちらの介護を担当したいと思いますか?

 cf982e9f71239bb9bf8151937b2224bf_m

 同じ介護をするのでも、どうしたってAさんの方にやりがいを感じてしまったり、気持ちよく仕事をする気になってしまうのは致し方がないことだと思います。

 

 媚びて介護をしてもらえと言っているのではありません。

でも、嬉しい・楽しいという気持ちを向けてもらえれば人間ですので、楽しくなるし、やりがいも感じるものです。

 

 ベテランの訪問看護師さん等や介護関係者と話をしたとき、

『私、絶対にいい要介護者になれる自信ある!』という話題になりました。

『だって、せっかくだからいい介護をしてほしいもの。』と。

『バカヤロー、何やってるんだ!』なんて怒鳴られたら、 

『仕事でも、やっぱりいい気分はしないし、どうしたって行動がすくんでしまうこともある。』とベテランの方が話していました。

 

 お互いがお互いを思いやれる気持ちがあると、相互の関係はよくなります。

老いるということは時に自分ではどうしようもない人格への影響等もありますが、適度な距離感と相手を思いやる気持ちがあると、介護される人も、する人もそして周りの人も笑顔が増えるかもしれません。

 樋口恵子さんがネーミングの“ケアされ上手”

樋口さんならではだなぁと。

関連記事

帰省するならば

この年末年始、実家等に帰省するのであれば、“もしも”の時に備えてを考えながら過ごしてみてはいかが

記事を読む

介護、その後~いつか来るその日のために~③

葬儀は誰のために行うのか?  葬儀は家族のみで行う。と何時の頃からか決めていた。  我が家の

記事を読む

10年後の介護…。

 有識者らでつくる民間研究機関「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)は4日、今後10年で東京

記事を読む

介護保険は早めに申請する!

  『まだ大丈夫!』 『お上の世話にはなりたくない。』 『面倒くさい…。』介護保険にこんな

記事を読む

私のキャリア&ケア(1)

 思い返せばすでに15年。  縁あって2000年から福祉関連の道を進むことに。  

記事を読む

煙草は悪いことなのか?

 高齢になってくるとそれなりにあまり健康ではない状況や病気等が出てくる。それに伴い、お酒やたばこなど

記事を読む

もしかして認知症?

   親の様子がおかしい? 最近人の名前が出てこなかったり、同じことを何度も聞いた

記事を読む

介護の年数

  ◇介護の年数    介護の年数はどれくらいなのでしょう?  

記事を読む

終の棲家を考える①

 先日90歳を超えても元気に活動的な方のお供をして出かけることがありました。足がすこしおぼつかず、普

記事を読む

高齢者と悪質商法

 なくならない詐欺・犯罪・悪質商法等に高齢者が巻き込まれる被害に関するニュース  

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑