介護は完璧にできて当然? 

481de3c2465ebdb116b54e9e252b6927_mたぶん私は大丈夫!

介護の定義とは難しいのですが、

『介護はきっとなんとかなる!!当然できる!!』

と思っている方も多いもの。

 

そして心のどこかで

『家は、私は大丈夫!』

なんて何の根拠もない自信で、不都合な真実は気が付かない、見ないふりの人が多いのです。

 

主婦の方に怒られそうだけれど、たかが日常のこと。

家事くらい、人の世話ぐらい、と気楽に考えていて、できないことに追い詰められてしまった。なんていう話ばかりなのです。

自分だけではない大人を支えることってとっても大変なのだ。

 

 

大人な家族だから、、、

介護は日常のことをサポートするのである。

今までできていたことができなくなっていくことを支えるのだ。

それにいい意味でも、嫌味も含めても人生経験が豊富な人生の先輩であり、自分のことを育てた親なのだ。

その上に人の話なんて都合のいいことと悪口しか聞こえない、不快なことには敏感で自分のことを正当化することには長けている大人が相手。

 他人だったら

『スゴイ!!ユーモラス!!』

なんて笑って済ませられても、肉親となればそうはいかない。

腹が立つことこの上ない。

 感情がある大の大人を相手にしているのだ。大人だから、家族だから厄介なのだけど。

雨が降ったから、槍が降ったから!

 

大抵のことが決められていた介護プランの通りには行かない。

例えば毎週決まっているデイサービスには行きたくないと言ってみたり、体調が悪いから、帰りたいと言っているから迎えに来て欲しいと連絡があったり。雨が降った、槍が降った…!?次から次へとよく出てくる!!

体調が悪くなって病院に運ばなくてはならなかったり、と自分の生活がままならないことばかり発生します。

介護している側の都合はもちろん気持ちだってほとんど気にはしてくれないのです。

 
できることだけをする

 

そんな中で完璧に介護をしなければなんて考えたら、できないことの多さに、追い詰められてしまします。

特に、同居での介護は24時間、365日休みがない。そして逃げ場所もないのです。

 

色々な思いがあると思います。

大事にしたい。気持ちよく過ごしてほしい。感謝だってあるし、愛情だってある。

もちろんわかっています。

 

それでも、半分くらいを目指すのがいいのです。

完璧を目指さないことはとても大切なことなのです。

ad3a40e8d7953c3c0057ddb4d9df9e8e_m

自分にも生活があります。葬送の後のことだって考えなければなりません。

介護はいつ終わりが来るかはわかりません。

一時の思いだけで全力を傾けてしまうと息切れしてしまします。

のんびり少し距離を置いて、無理をしないように、

家族だからできること、家族しかできないことはする。

そんな覚悟も必要なのです。

 

愛情が憎しみに変わらないように、

できないことだけを数えて自分を責めないように、

難しくても、考えておくこ、そなえておくことが大事なのです。

 

完璧な介護を描き、自分を苦しめないようにするために。

関連記事

まさか?車いすに乗れない!!

 父は車いすに乗れなかった。   もちろん車いすにライセンスは必要ない。なんというかセンスがな

記事を読む

≪介護保険を申請する≫認定調査の心得

面接調査は要介護認定に直接つながる。状況をきちんと伝えることが大切。   &n

記事を読む

自分の老い支度①

 いつからが老いなのか、定義は様々だと思うけれど、それでもいつかはその時が来るのです。 その時に自覚

記事を読む

運転免許返納と高齢社会のこれから

 残念なことになくならない高齢なドライバーによる事故。ニュースで知るたびにやるせない気持ちになります

記事を読む

転ばぬ先の杖

 高齢になると数ミリの段差で躓いたり、思うように足が運べなかったりと、家の中でも外出先でも転倒は大き

記事を読む

介護の主役・人生の主役

『あなたの人生において主役は誰ですか?』 そう聞かれたら、あなたは胸をはって「人生の主役は

記事を読む

終活ミーティングのススメ

 旧盆のこの時期、帰省したり、家族が集まる機会があるのではないでしょうか。 そんな時、せっかく集まっ

記事を読む

煙草は悪いことなのか?

 高齢になってくるとそれなりにあまり健康ではない状況や病気等が出てくる。それに伴い、お酒やたばこなど

記事を読む

介護保険は早めに申請する!

  『まだ大丈夫!』 『お上の世話にはなりたくない。』 『面倒くさい…。』介護保険にこんな

記事を読む

年を重ねると? 

 半分本気で半分は?で思うことは、“年を重ねることは侮れない”である。生きてきた年月が違うし生きてき

記事を読む

お問い合わせ
PAGE TOP ↑